ニュース annぶろ

まとめニュース、芸能・スポーツ・事件・事故・ファッションなど。様々なニュースを画像・動画を使いながら独自に堀さげ毎日紹介しています。読みたい記事が必ず見つかるはずです!! 

    まとめニュース、芸能・スポーツ・事件・事故。様々なニュースを独自に堀さげながら、画像、動画を使って毎日紹介しています。読みたい記事が必ず見つかるはずです!!

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    彼氏としては無理!精神年齢が低い男性の特徴



    自分より年上のはずなのに、彼はどう見ても幼い。少し忙しくなっただけで、勝手にシャットダウン。「悩みを聞いてほしい」と言っても、音信不通…。 本当に今の彼でいいのか、悩んでいる女性も多いのではないでしょうか? 今回は、精神年齢が低い男性の特徴をご紹介します。

    ちょっと忙しくなっただけで余裕がなくなる


    fizkes/Shutterstock.com

    精神的に幼い彼の特徴は、とにかくキャパシティが狭いこと。

    容量がなくてすぐに満タンになってしまうのが最大の特徴といえます。

     

    お互いに仕事をしているのは同じなのに、ちょっとだけ忙しくなっただけで、とにかく不機嫌…。

    自分の言う通りにならなかっただけでムスっとしたり、意地悪を言ってきたりと、彼の器の狭さを感じるたびにストレスが倍増しているのでは?

     

    ポイントとしては、彼のキャパの狭さは今すぐ変えられないと悟ること。

    そして、彼のメンタルが下がり始めていたら寄り添いつつも、基本的には放っておくのが一番です。

     

    一緒に住んでいるなら、ご飯はつくってあげるし、彼の部屋まで持っていくけど、あとは知らないわ、関係ないわ、くらいの距離感で十分なのです。

    何が何でも私が支えなきゃ、と思っていると、彼はそんなあなたの気持ちを無視するような行動をとるたびに「いい加減にしろ!」とイライラすることになるのです。

     

    ■自分本位なお付き合いを求めてくる


    Kar Tr/Shutterstock.com

    精神的な幼さは、年齢と比例しているわけではありません。

    年下でもしっかりしている人はたくさんいるし、逆に言えば、はるか年上の男性であっても、どうでもいいことにこだわるのが男性というもの。

     

    もし、今の時点で彼が自分本位なお付き合いを求めてきているなら、彼はまだまだ未熟者なのでしょう。おそらく、あなたと付き合ったことで、少しはマシになっている部分もありますが、それでも女性側からすると、お子様レベルと感じるときも。

     

    上手にお付き合いするコツとしては、本当に彼が好きで一緒にいたい気持ちがあるなら、ある程度は彼の生活ペースやルールに合わせてあげることも重要です。

    彼に基本を合わせて、自分が調節してあげるのです。

    彼の自分ルールを尊重してあげれば、彼もあなたからは早々には離れられないでしょう♡

     

    ■自分の話は聞いてほしいけど彼女の話はまともに聞かない


    Roman Samborskyi/Shutterstock.com

    精神年齢の低い男性に限った話ではありませんが、特に精神年齢が低い男性によく見られるのが、自分の話はするけれど人の話はまったく聞こうとしないことです。

    男女の違いももちろん関係しているとは思いますが、女性側からしてみれば「あんたの話を聞いてあげているのに、聞かないってどういうこと?」と、思わずイラッとするもの…。

     

    対処法としては、最初から彼に期待しないというのがどうやら大切なようです。

    自分の悩みは自分で解決する。

    どうしても愚痴りたいときは彼に愚痴るけれど、具体的なアドバイスや共感は一切求めないと決めておくと、彼とも付き合いやすくなります。

    期待するから、期待通りにならなかったときに怒りたくなる。

    だったら最初から彼には期待せずに「私が面倒を見てあげるか」くらいでいればいいのかも♡

     

     

    男性は女性よりも精神年齢が低い、というのはよく耳にする話ですが、どんなに経験を積んでいても、幼い人は幼く、どこまで相手を思い、我慢できるかがポイントになります。

    たくさんイライラするけど、彼の寝顔を見ているだけで癒されるなら、その人は精神年齢が低くても、運命の人なんです♡

    相手には期待せずに、自分がリードするくらいでいた方が二人の関係も安定するでしょう。

     

    関連記事

    ・女子会より盛り上がる!?カフェ婚パーティが気になる…!

    ・みんな釘づけ♡アクティブで自立している女性がモテる理由

    ・大人の恋愛・結婚はまだまだこれから!晩婚になりがちな職業って一体何?

    彼氏としては無理!精神年齢が低い男性の特徴


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【彼氏としては無理!精神年齢が低い男性の特徴】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    <紅白本番> 三浦大知、無音シンクロダンス&圧巻の歌声がすごい 二宮和也らも絶賛「かっこよかった」



    【NHK紅白歌合戦・三浦大知/モデルプレス=12月31日】歌手の三浦大知が31日、東京・渋谷のNHKホールから生放送中の「第68回 NHK紅白歌合戦」に出演した。

    【さらに写真を見る】圧巻のアカペラ&無音シンクロダンスを披露した三浦大知 写真はリハーサル時

    今年でデビュー20周年で初出場となる三浦は、「三浦大知 紅白スペシャル」を披露。今回の見どころの1つである“無音シンクロダンス”。パフォーマンス前三浦は、無音シンクロダンスについて「楽曲に振り付けをしているのを頭の中で、無音の状態でも流すようにしている」と明かした。

    そして冒頭、アカペラで「Cry & Fight」を歌唱後、ダンサー8人とともに無音のシンクロダンスを繰り広げたのち、「仮面ライダーエグゼイド」主題歌で初首位を獲得し話題を呼んだ「EXCITE」へ。圧巻な歌声とパフォーマンスを披露した。総合司会の内村光良と、白組司会の二宮和也は「かっこよかった」と絶賛していた。

    ◆「紅白歌合戦」2年目の「夢を歌おう」

    今年のテーマは昨年に続き「夢を歌おう」。東京オリンピック・パラリンピックが開催される2020年に向かって、多くの人々が夢や希望を持ち歩み始める中、同番組では「歌の力」で夢を応援したいと考え、オリンピックイヤーを目前にした2019年の「第70回 NHK紅白歌合戦」までの4年間、この「夢を歌おう」をテーマに掲げ、様々な世代の人々の夢を「歌の力」で応援していく。

    総合司会はウッチャンナンチャンの内村光良と同局の桑子真帆アナウンサー、紅組司会は昨年に続き2年連続で女優の有村架純、白組司会は単独では初となる嵐の二宮和也が務める。出場歌手は紅白合わせて46組で、初出場は紅組4組、白組6組の計10組。また、特別出演歌手として安室奈美恵、桑田佳祐も登場する。

    放送は、2017年12月31日午後7時15分から11時45分まで(※5分間の中断ニュースあり)。(modelpress編集部)

    【Not Sponsored 記事】
    三浦大知/写真はリハーサル時(C)モデルプレス


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【<紅白本番> 三浦大知、無音シンクロダンス&圧巻の歌声がすごい 二宮和也らも絶賛「かっこよかった」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    阪神大震災:「ばか」「あほ」落書き 慰霊モニュメントに



     阪神大震災の犠牲者らの名前が掲示されている「慰霊と復興のモニュメント」(神戸市中央区)で22日、落書きが見つかった。市は兵庫県警生田署に器物損壊の被害届を出した。市などによると、犠牲者などの名前の銘板を張りつける壁に、くぎのようなもので「ばか」「あほ」と書かれていた。

    慰霊と復興のモニュメント内で見つかった落書き=神戸市中央区で2017年12月22日、望月亮一撮影


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【阪神大震災:「ばか」「あほ」落書き 慰霊モニュメントに】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    テレビの報道「相撲」「パンダ」「不倫」しか無い!何故なのかと話題に




    最近良く目にする報道と言えば「相撲」そして上野動物園の「パンダ」。忘れた頃に「不倫」などの報道です。世の中にはもっと報じることがあるはずなのに、何処のテレビ局でもトップニュースと言えばだいたいこの3つとなっております。一体なぜこんなことになってしまったのでしょうか。テレビはオワコンなのでしょうか。ー最近の方道について
    最近の方道について問題視されている点と言えば朝から晩まで「パンダ」そして「相撲」、忘れた頃に「不倫」です。一体相撲協会のゴタゴタに誰が興味があるのか、パンダに限っては行っても抽選でしか見られないのに、煽ってもしょうがないのではないか、不倫については本人でたちで処理しろ。などなどごもっともな意見も多いわけですが、やはり世の中の方々はこの不思議な報道に疑問を持っているようです。



    ーなぜパンダ・相撲ばっかりなの?

    ではなぜ、相撲とパンダと不倫ばかりなのでしょうか。一つ明確な答えとしてそれだけ人気が高いコンテンツだからということです。試しにGoogleトレンドで調査してみますとわかりやすいデータが出てきました。

    まずはGoogleトレンドで今年人気の「忖度」を検索してみます

    ー忖度

    (Googleトレンド)
    「忖度」は定期的に話題となっているのがわかります。これは人気度を表したもので、一番上の100になればMAX人気です。

    これを踏まえパンダを検索してみますと


    ーパンダの人気度


    (Googleトレンド)

    パンダのデータです(色は赤)。今年の6月12日あたりから急上昇しております。理由はシンシンが出産したというニュースが流れたからです。

    そこから徐々にパンダの記事や検索数が増えており、忖度よりも人気であることがわかります。

    ー相撲の人気度


    (Googleトレンド)

    これに加え「相撲(黄色)」を入れてみましょう。

    相撲に関しては面白いデータとなっており「場所」がある度に検索数が上がるという波線になります。
    そして今回の騒動に関しての影響なのかこの時期更に増えております。

    相撲協会内でやれ、といいたいところですが、世の中は非常に興味を持っているのです。
    つまり「相撲」は定期的に、そして確実に人気の出るコンテンツです

    では本当に報じなければならない危機的ニュースとして「北朝鮮」の話題はどうなのでしょう。

    ー北朝鮮の人気度

    (Googleトレンド)

    北朝鮮(緑)は実は一時的に話題となりやすいのです。
    そのタイミングと言うものが「ミサイル発射」です。
    8月に盛り上がっているのはミサイルが発射され日本上空を通過、Jアラートが鳴りました。

    4月にも発射されております。しかしすぐに関心は薄れてしまいます。

    この傾向を踏まえるとテレビ局側も何が人気で、何について興味があるのか。今の時代、SNSを使いより性格なデータはマーケティング会社や、リサーチ社によって明確化されるはずです。

    その結果得られたものが「相撲」「パンダ」時々「不倫」「北朝鮮」と言うことになっているのでしょう。

    つまり「相撲」「パンダ」は確実に視聴者が興味を持つ=視聴率が上がる=スポンサーが喜ぶという図式になり、結果的に我々が検索したりSNSで発信をし続けている以上、永遠にのスパイラルは終わらないのでしょう。

    しかもちょうどいいのです。相撲は暗いニュース、そしてパンダは明るいニュース。

    さてここで、もっと人気のあるコンテンツは何か。それを知りたいはずです。
    それがあるんです。相撲・パンダを遥かに凌駕するとんでもないバケモノコンテンツが。
    それがこちら

    ー天気

    最強の人気コンテンツ「天気」です。

    赤・黄色はそれぞれ「相撲」「パンダ」ですが、それがまるで一本線に見えてしまうほど、天気はとんでもなく人気なのです。

    とは言え1日中天気をやっているわけにもいかないので、その次に人気になりやすいものがトップニュースに選ばれるのでしょう。

    パンダはテレビにとってまさに「客寄せパンダ」なのかもしれません。

    (秒刊サンデー:たまちゃん

    画像が見られない場合はこちら
    テレビの報道「相撲」「パンダ」「不倫」しか無い!何故なのかと話題に


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【テレビの報道「相撲」「パンダ」「不倫」しか無い!何故なのかと話題に】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    【驚愕】コンビニのフリーWi-Fiで“パパ活”する22歳美女の貧困生活



     昨今の女子たちの間ではパパ活が大流行。専用アプリも生まれ、どんどん愛人という存在のハードルが下がっている。一体、パパ活はどこまで浸透しているのか、徹底調査した。

    ◆「携帯代もない」貧困女子の中でパパ活はもはやライフラインに

     繋華街の一角にあるコンビニの前で、食い入るようにスマホの画面を見つめる若い女性。「今日はいい人見つからないですね」と嘆くのは、都内在住の佐伯美穂さん(仮名・22歳)だ。かれこれ30分近くコンビニの前にいるが、なぜ?

    「実は携帯代が払えなくて止まっているんで、コンビニのフリーWi-Fiでパパ活してるんですよ。シュガーダディってサイトの掲示板に『今からご飯行きませんか?』って書き込んで、男の人からメッセージが来るのを待ってるんです」

     これが佐伯さんのパパ活スタイルだ。毎晩のようにサイトに投稿し、「ご飯に付き合う代わりに1万円のお手当をもらう」という生活を、ここ数か月続けているという。

    「それでも月に5人くらいは掴まえられますよ。だいたいは1回会ってそれっきりですけどね。先月は誕生日だったんで、たまたまその日にご飯行った人が10万円もくれました。誕生日に何してんだろってちょっと切なくなったけど」

     そんな奇特な男性が山ほどいることも驚きだが、実は佐伯さんは現役の読者モデルでもあり、筧美和子似の美貌を持っている。「だから『芸能の仕事してるんだ~』とか言うと、40代の冴えないおじさんとかはエッチなしでもすぐお小遣いをくれる」という。

    「モデルと言っても、仕事は月に1、2回でむしろレッスン代で赤字です。だからバイトもしてるんですけど、月収は多くて6万円くらいで全然お金が足らなくて」

     今は家賃8万円のアパートで友達とルームシェアしているが、その支払いすら困る日々。そんなときに、モデル仲間から教えられたのが上記のサイトだったという。

    「最初は交際クラブも薦められたんですけど、面接に行くのがめんどくさくて(笑)。今月はもう3000円しかないから、毎日投稿しないとヤバいかも……」

     そう話しながら、早速、記者のモバイル・ルーターを使ってパパ活を始める佐伯さんであった。<取材・文/週刊SPA!編集部>

    ※週刊SPA!12月26日号「[パパ活女子]2017→2018トレンド調査」より



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【驚愕】コンビニのフリーWi-Fiで“パパ活”する22歳美女の貧困生活】の続きを読む

    このページのトップヘ