ニュース annぶろ

まとめニュース、芸能・スポーツ・事件・事故・ファッションなど。様々なニュースを画像・動画を使いながら独自に堀さげ毎日紹介しています。読みたい記事が必ず見つかるはずです!! 

    まとめニュース、芸能・スポーツ・事件・事故。様々なニュースを独自に堀さげながら、画像、動画を使って毎日紹介しています。読みたい記事が必ず見つかるはずです!!

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    メッシがジダン風ルーレット技の“被害者”に アトレチコの闘将DFが魅せた圧巻スキル



    フットボールゾーンウェブ
    Football ZONE web
    アトレチコDFゴディンが華麗な回転技を披露、そのままカウンター攻撃を展開

     

     アルゼンチン代表のバルセロナFWリオネル・メッシは、妻アントネラさんの第3子妊娠が先日報じられたが、14日のリーガ・エスパニョーラ第8節アトレチコ・マドリード戦で相手選手が繰り出した妙技の“被害者”となっていたことが話題となっている。

     

     試合は前半21分、スペイン代表MFサウール・ニゲスの一撃でアトレチコが先制し、終盤までそのまま推移。しかし後半37分、バルサのウルグアイ代表FWルイス・スアレスが同点弾を叩き込み、1-1の引き分けに終わった。

     

     注目のシーンは、1-1で迎えた後半40分に訪れた。メッシが勝ち越しゴールを狙って相手ゴール前にドリブルで切れ込み、エリア内のブラジル代表MFパウリーニョへパス。リターンを受けようとメッシが走り込むも、ボールがややずれてしまう。先に反応したアトレチコの闘将DFディエゴ・ゴディンは、球際でボール奪取を図ろうとしたメッシを視界に捉えつつ、華麗な回転技を披露。そのままボールを持ち運び、カウンター攻撃へとつなげた。

     

     ウルグアイ代表の31歳DFが魅せた圧巻スキルに、イタリア衛星放送「スカイ・イタリア」は「試合の最後の数分で考えられないことが起きた。ゴディンはジダンを模倣した美しいルーレットでメッシを翻弄。みんなを驚かせた」と報道。一方、ベルギー紙「7sur7」は「メッシがゴディンのルーレットで当惑。観客を驚かせることができるのは、バルサの芸術家だけではない」と称賛している。

     

     天才メッシを翻弄した闘将DFの華麗なルーレットは注目を浴び、大きな反響を呼んでいる。

     

    【了】

     

    フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

     

    ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

     

     

     

    【動画】「TVN Noticias‏」が公式ツイッターに投稿、アトレチコの闘将DFがメッシを翻弄した華麗なルーレット技

     

    https://twitter.com/tvnnoticias/status/920035374230933504

    「TVN Noticias‏」が公式ツイッターに投稿、アトレチコの闘将DFがメッシを翻弄した華麗なルーレット技

     

     



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【メッシがジダン風ルーレット技の“被害者”に アトレチコの闘将DFが魅せた圧巻スキル】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    紗栄子、松本人志の「良きパパぶり」を明かして逆鱗に触れた!?



    アサジョ
    アサジョ

     10月13日放送の「ダウンタウンなうSP」(フジテレビ系)に出演した紗栄子が、松本人志の逆鱗に触れたとして話題になっている。2年ぶりのトーク番組出演となった紗栄子は、自らのプライベートについて積極的にコメント。そのなかで松本の娘について表に出ていない情報をペラペラと口にしたため、松本から「コラーッ」と叱られたのだ。

     トークの冒頭、松本が紗栄子に対して「初めまして」と挨拶すると、紗栄子は「お仕事では今日『初めまして』なんですけど、娘さんの‥‥」と返答。続けて「娘さんと私の次男が(幼稚園)のクラスメイトで」「すごくいいお父さんされてて」などと、松本の知られざる一面を口にした。

    「極めつけは、紗栄子が『もっと言ってくださいよ、私の普段の姿。見てらっしゃると思うから』と、“保護者仲間”の松本に問いかけた場面でした。紗栄子は『お遊戯会の時とか一番いい席を陣取られて』『イベントごとにいらっしゃる良いお父さん』と幼稚園での松本について言及。さらに紗栄子の長男と松本の娘が仲良くしていたと語り、『おうちにも遊びに行かせてもらってますし、プレイデートさせてもらったりとか、奥様とかおじいちゃまとかすごいお世話に』と、松本のプライベート情報をベラベラとしゃべったのです」(テレビ誌ライター)

     それに対して松本は感情を押し殺した様子で「それ、それ、あんまり言っちゃいけないよ」とつぶやき、コミカルに「コラーッ」と紗栄子をたしなめていた。その後の場面についてテレビ誌のライターが続ける。

    「紗栄子の出番が終わり、次の現場に移動する道中で共演の坂上忍が『けっこう家庭の話は苦手?』と振ると、松本は『苦手というか、コイツ(浜田雅功)がいきなり活き活きしだしたのがムカツクのよね』と返していました。その口調は普段の松本とは異なり、奥底から湧き上がる感情を隠していたように見えましたね。この調子では“しゃべり過ぎ”の紗栄子がダウンタウンの番組に呼ばれることは二度となさそうです」

     口調こそ丁寧だったが、結局は松本をダシにして自らのトークを盛り上げていた紗栄子。改めて人遣いの上手さを印象づけた。

    (白根麻子)



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【紗栄子、松本人志の「良きパパぶり」を明かして逆鱗に触れた!?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 i.ytimg.com)





    1 ジョーカーマン ★ :2017/10/02(月) 13:33:28.16 ID:CAP_USER9.net

    アイドルグループ「モーニング娘。’17」の森戸知沙希さんが、2日発売のマンガ誌「週刊ヤングマガジン」(講談社)第44号の巻末グラビアに登場した。

    牧野さんは、2000年2月19日生まれの17歳で、「モーニング娘。’17」と「カントリー・ガールズ」のメンバーを兼任。
    今回のグラビアでは「この透明感と親しみやすさ、可愛らしさは、まさに『初恋の美少女』」と紹介され、制服姿やビキニ姿を披露した。

    同号は、「モーニング娘。’17」がグラビアをジャック。
    牧野真莉愛さんと森戸さんが表紙、牧野さんが巻頭グラビア、メンバー全員がセンターグラビアに登場した。
    また、矢樹純さん原作、青木優さん作画の新連載「バカレイドッグス」が巻頭カラーを飾った。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171001-00000027-mantan-ent

    「モーニング娘。’17」「カントリー・ガールズ」森戸知沙希

    (出典 storage.mantan-web.jp)


    (出典 storage.mantan-web.jp)


    (出典 storage.mantan-web.jp)

    「週刊ヤングマガジン」第44号 表紙 森戸知沙希と牧野真莉愛

    (出典 storage.mantan-web.jp)


    【【アイドル】「透明感」モー娘。森戸知沙希、17歳美少女がビキニ姿披露 「ヤンマガ」グラビア登場】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    山本彩、24歳の小学生姿に反響!



    写真は山本彩Instagramのスクリーンショット
    シネマトゥデイ

     NMB48のキャプテン、山本彩がInstagramに投稿した、ランドセルを背負った24歳の小学生コスプレが反響を呼んでいる。

    山本彩Instagram

     「NHK土曜ドラマ『植木等とのぼせもん』第5話、ご覧下さった皆様ありがとうございました」の書き出しとともに楽屋らしき場所で、みつあみに黄色の通学帽をかぶり、チェック柄のシャツ&赤のツナギといった出で立ちの写真を投稿した山本。山本は、植木等(山本耕史)と彼の付き人兼運転手を務めた小松政夫(志尊淳)の絆にフォーカスしたNHKドラマ「植木等とのぼせもん」(毎週土曜夜8時15分~・全8話)の第5回「弟子の名は。」で、歌手の園まりを好演。音楽バラエティー番組「シャボン玉ホリデー」内で「逢いたくて逢いたくて」を歌いつつ、クレイジーキャッツと共演したコントでは小学生にふんしていた。

     現在24歳の山本だが、このコスプレ姿に「可愛いすぎてヤバイ」「違和感全くない」「小学生・・普通にいける!」「入学おめでとう」「グッジョブ」など驚き&絶賛の声が多く寄せられ、園まりの歌手としての妖艶な雰囲気、コメディエンヌとしての顔までを体現した芸の幅広さが話題に。

     山本は、Instagram内で「園まりさん役で“逢いたくて逢いたくて”を歌唱させて頂きました。昭和歌謡の世界にタイムスリップしたような感覚でとても貴重で光栄な経験をさせて頂きました!」と大物歌手を演じた喜びを語っている。(編集部・石井百合子)



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【山本彩、24歳の小学生姿に反響!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    ありがとう前原誠司 フォーエバー前原誠司



    (c)杉山秀樹/文藝春秋
    文春オンライン

     今回の衆院選すったもんだについて、私はずっと前原誠司さんを推してるんですよ。この人が腹をくくらなかったら、ずっとぐずぐずと改憲と護憲で党内闘争を繰り広げるという私達のよく知るダメな民進党のままであったでしょう。これから人口減少に入り日本がより良くなるためにいままでの右肩上がりのやり方や制度、考え方、思想ではダメであって、乾坤一擲、いろんなものをかなぐり捨てて前に進むために一石を投じることの大事さというのがあったと思います。

    行く手に罠があったら罠ごと前に進んでやるぞ

     だからこそ、自民党からの政権交代を旗印に、議員の頭数だけ考えたらやらなくてもいい小池百合子女史との大同合併を画策し、全員来たい奴は来いと民進党両院議員総会でぶち上げて、満場一致で小池希望の党への合流を決定する。凄い。もうこの時点で歴史に名前が残るぐらいの偉業を前原誠司さんはやってくれました。渾身の捨て身だし、決断の重さも含めて、行く手に罠があったら罠ごと前に進んでやるぞぐらいの勢いでやりきったのは本当に凄いことだと思います。私を含め、凡人だったらストレスで死ぬ。

     で、先のことは全く分かりません。何しろ、前例がない話ですから。私も曲がりなりにも調査とかデータ解析の実務とかやらせていただくこともあるわけですけれども、そもそも公示前の調査で項目ごと100議席単位の政党ができたりなくなったりすることって無かったんですよね。日本維新の会だって、橋下徹さんが石原慎太郎さんと野合するという話から具体的に何かことが動き始めるまでそれなりに準備期間もあったし、受け入れる国民的な心の準備もあった。ああ、大阪という地域から全国政党になりたいのだなあというベクトルの中で、石原慎太郎さんに縁の深いクセのある議員が変な暗躍をしてグズグズになるまでの間に、いろんな人がさじを投げたり、期待したり失望したりを繰り返していましたから。

    今回の前原誠司さんはどうだ。やりきった

     しかし、今回の前原誠司さんはどうだ。やりきった。もうこれだけで、見てきた甲斐があったというか、結果がどうであれこの人すごいなという印象だけが残るわけですよ。お世辞でもなく、皮肉でもない。少なくとも、リベラルを標榜する人たちや、いまさら看板の掛け替えもむつかしいような大物とはきちんと決別して、多くの議員を連れて筋道は作った。

     その先が、でっかい落とし穴だったかもしれませんけど。たぶんね、相応の議席は取るんです。小池百合子女史が国政に出るのか出ないのかは分かりませんが、民進党出身議員は支援団体も地方組織も頑張って、相応の勝負にはなるのでしょう。何十人かは議席を守り、何十人かは永田町を去る結果になっても、改憲勢力としての希望の党は太く残る。それなら、自民と維新の会、そして希望の党とで、長年の悲願であった改憲に向けて日本政治の駒を進めるのかもしれません。

     巷では、あの小沢一郎さんからアドバイスを受け、あの小池百合子女史と野合した前原誠司さんは、単純に騙されただけなんじゃないか、うまいことを言われて乗せられて、まるっとやらなくてもいい政党合併まで行っちゃったんじゃないかと思われているかもしれません。民進党から離脱する各議員にお金が配られたとかいう話もあれば、逆に金がなくて立候補を辞退する候補もいるという情報も流れてきています。政治、特に選挙はカネと支援してくれる団体や地方議員の助けがなければ安定して票を確保するなんて到底むつかしい仕組みになっている以上、組織がなければやってられません。小池百合子女史の追い風だけで政権交代にまでもっていけるはずもなく、そこも考えると途方もない挑戦だろう、希望どころか無謀の党じゃないかという論評も飛び出します。

    前原誠司さんの座組と、日本政治のダイナミズム

     でもねえ、たぶん民進党にいたほうが確かに議席は安定して確保できるかもしれないけど、いままでのルールのままで、いままでの民進党の延長線上には政権交代もなければ未来もなかったんじゃないかと思うんですよ。何かを、変えなければならない。救世主待望論はポピュリズムを生んで危険だとか、独裁的なリーダーを担ぐので大変だという考えもあるかもしれないけど、そんなことは百も承知でこの座組に前原誠司さんは賭けたんでしょう。勝負に出たんだと思います。消費税とか原発とか安全保障とか、細かな政治の座組や政策の是非で四の五の言って話がまとまらないよりは、白紙委任状のような移籍希望届に一発サインしろお前らと、踏み絵を迫ったのでしょう。

     常識で考えたら、勝算の低い博打です。でも、曲がりなりにも一定以上の議員を引き連れ、合流して選挙戦に突入できる程度には、前原誠司さんは勝った。ここから先は、虚心坦懐、有権者がどう判断するかです。引き続き自民党の安倍晋三首相がもたらすかもしれない豪運に賭けるのか、前原誠司さんが政治生命をなげうって作り上げたこの座組に張るのか、あるいは政策を重視し筋を通して徒手空拳でも己を貫いた枝野幸男さんや辻元清美女史の立憲民主党を信じるのか、公示前とは言いつつ非常に面白いものを見せてもらいました。

     こういうのを見ると日本政治のダイナミズムというか、まだまだ日本も捨てたもんじゃないな、歴史はこうやって動くものなのだな、と肌で感じることができて、非常に嬉しく思いました。ありがとう、前原誠司さん。

    (山本 一郎)



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【ありがとう前原誠司 フォーエバー前原誠司】の続きを読む

    このページのトップヘ