ニュース annぶろ

まとめニュース、芸能・スポーツ・事件・事故・ファッションなど。様々なニュースを画像・動画を使いながら独自に堀さげ毎日紹介しています。読みたい記事が必ず見つかるはずです!! 

    まとめニュース、芸能・スポーツ・事件・事故。様々なニュースを独自に堀さげながら、画像、動画を使って毎日紹介しています。読みたい記事が必ず見つかるはずです!!

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 rr.img.naver.jp)



    1 君の名は :2017/10/17(火) 11:59:08.55 .net


    どうしてこうなった?

    与田ちゃんの素晴らしい水着姿

    (出典 pbs.twimg.com)


    歌番組で呑気に劣化してる白石麻衣さん

    (出典 dotup.org)
    VIPQ2_EXTDAT: none:none:1000:512:----: EXT was configured


    【【悲報】与田ちゃんの鮮烈水着グラビア露出で、婆やんこと白石麻衣の立場が完全にオワコンにwwwwwwwwwwwwww 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 xn--zck8ci9591bzonbkq1xt.com)



    1 湛然 ★ :2017/11/06(月) 05:09:11.24 ID:CAP_USER9.net

    2017.11.06 00:00

    “リアル峰不二子”小倉優香、美バスト&ボディあらわなビキニ姿披露

    “リアル峰不二子”“グラビア界の逸材”として注目を集める女優の小倉優香が、6日発売の「週刊ヤングマガジン」49号の表紙・巻頭グラビアを飾る。

    グラビアデビューから半年、存在感が増し続けてる小倉。今回は、濡れ髪でいつもより艷やかな姿を披露している。

    もちろん、ビキニでしなやかな美ボディもあらわに。弾ける笑顔と、大人っぽい表情のコントラストが楽しめるグラビアとなった。

    (以下略、全文はソースをご覧ください。)


    小倉優香(C)佐藤裕之/ヤングマガジン

    (出典 cdn.mdpr.jp)


    (出典 cdn.mdpr.jp)


    (出典 cdn.mdpr.jp)

    https://mdpr.jp/news/detail/1725776


    【【グラビア】“リアル峰不二子”小倉優香、美バスト&ボディあらわなビキニ姿披露】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 im8-a.mbokimg.dena.ne.jp)



    1 Mr.名無しさん :2017/09/29(金) 12:38:45.04 .net

    俺は
    1,久松郁実
    2,小倉優香
    3,馬場ふみか

    たまらなくエロいしそれ以外の特徴は微塵も無い
    だがエロ専用機はそれが良い


    【【画像】おれらが抱きたいグラビアアイドルを挙げるスレ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 cdn.mdpr.jp)



    1 湛然 ★ :2017/10/30(月) 05:21:29.07 ID:CAP_USER9.net

    2017.10.30 05:00

    “福岡一の美少女”今田美桜が急成長 ふっくら美バストあらわに色気放出

    “福岡で一番かわいい女の子”として脚光を浴び、現在フジテレビ系月9ドラマ「民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~」に出演中の今田は、7月に同誌で初挑戦したグラビアでも活躍中。
    同誌2度目の登場となった今号のグラビアは、彼女の地元・福岡で撮影した。

    月9をはじめ、上京から1年足らずで数々のドラマ・映画に出演している今田について、担当者は「そうした現場での経験を積んできたからか、4ヶ月前に行なった初グラビアの撮影と比べても表現の幅が格段に広がっていると感じました。
    若手女優の中で『最高速度の成長』を見せていると言っても過言ではないと思います」と絶賛。
    「今田さんは美少女なだけでなく、健康的でグラマラスな体もグラビア向き。演技もすごいし、顔も可愛いし、体もすごい。
    グラビアにおける三種の神器の持ち主である彼女は女優×グラビアの新境地を切り開いてくれる逸材だと確信しています!」と太鼓判を押した。

    (以下略、全文はソースをご覧ください。)


    今田美桜(C)桑島智輝/週刊プレイボーイ 

    (出典 cdn.mdpr.jp)


    (出典 cdn.mdpr.jp)

    https://mdpr.jp/news/detail/1724413


    【【グラビア】“福岡一の美少女”今田美桜が急成長 ふっくら美バストあらわに色気放出 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    松坂桃李、主演舞台「娼年」R18指定で映画化 バースデーの発表に歓喜&興奮の声



    松坂桃李主演で『娼年』映画化(C)石田衣良/集英社 2017映画『娼年』製作委員会
    モデルプレス

    【松坂桃李/モデルプレス=10月18日】俳優の松坂桃李を主演に迎え、作家・石田衣良氏の小説「娼年」を映画化することが発表された。これにネット上でファンからは興奮の声が殺到している。

    【さらに写真を見る】「性描写」に関しては一切妥協せず!松坂桃李主演映画「娼年」場面カット

    原作は2001年の直木賞候補となった石田氏の同名小説。娼夫として生きる主人公・リョウが一人の人間として、男性として成長する物語で、性の極限を描いたセンセーショナルな内容は大きな話題となり、多くの女性から共感を得た。

    ◆松坂桃李主演で舞台化 再タッグで映画に

    また昨年8月には三浦大輔氏演出、松坂主演で舞台化され、原作に忠実にセックスを真っ向から描いた内容と松坂の文字通りの体当たりの演技が話題に。チケット売り出しと同時にソールドアウト、開幕するとその評判を聞きつけた人々がわずかに売り出される当日券を求め、長蛇の列をなした。

    そして今回、満を持して舞台と同じ三浦×松坂のコンビで映画化が決定。舞台とはまた一味違う映像表現の限界に挑戦する。撮影はすでに終了し、10月の完成を目指し、現在仕上げ作業中。2018年春に公開される。

    ◆松坂桃李&監督が語る手応えと自信

    松坂は「昨年、『娼年』という舞台に出演したことは自分の中で大きな出来事の一つでした。この作品の千秋楽の日、二度とできない、そう思えるほど、無の状態になりました」と振り返り「だから映画化の話を聞いた時には、不安しかありませんでした」と告白。

    しかし「舞台で表現できなかったこと、映像だからこそ残せるものが、映画『娼年』にはあると思いました」と確信し、「ようやくこれで石田衣良さんが産み出した『娼年』が完成する」と三浦監督の言葉を紹介しつつ「撮影を終えた今、僕自身もそう感じています」と自信をのぞかせた。

    また三浦監督は、松坂を「舞台からさらに進化した、また新たな『領』を演じてくれ、やはり、この役は彼でしか成立し得ないと確信しました」と絶賛。映画について「原作の石田衣良さんの小説の意思を受け継ぎ、『性描写』に関しては一切妥協せず、でも、よりポップに描き切ったつもりでいます」と紹介し「R18作品ですが(こればっかりはしょうがない)、幅広い人たち、特に女性の方々に観て欲しい気持ちでいっぱいです」とアピールした。

    ◆ネット上の反応は?

    話題作の映画化を松坂の29歳の誕生日である17日に発表ということで、ファンからは「確実に鼻血出る」「これはやばい」「めっちゃ見たかった舞台」「18禁どころの話じゃない」「嬉しい!絶対みる」と歓喜と興奮の声が続出していた。(modelpress編集部)

    ■松坂桃李 コメント

    昨年、「娼年」という舞台に出演したことは自分の中で大きな出来事の一つでした。

    この作品の千秋楽の日、二度とできない、そう思えるほど、無の状態になりました。

    だから映画化の話を聞いた時には、不安しかありませんでした。

    でも、舞台で表現できなかったこと、映像だからこそ残せるものが、映画「娼年」にはあると思いました。

    撮影前に三浦監督に言われた言葉です。

    “ようやくこれで石田衣良さんが産み出した「娼年」が完成する”と。

    撮影を終えた今、僕自身もそう感じています。

    舞台同様、無になりましたが。

    何より女性の方にこそ観ていただきたい作品です。

    ■三浦大輔監督 コメント

    厳しい条件の中、全キャスト、スタッフが満身創痍で作り上げました。娼夫になる主人公の「領」は舞台に引き続き、松坂桃李君です。舞台からさらに進化した、また新たな「領」を演じてくれ、やはり、この役は彼でしか成立し得ないと確信しました。映像化は色んな意味で舞台化よりさらに困難な作業になりましたが、原作の石田衣良さんの小説の意思を受け継ぎ、「性描写」に関しては一切妥協せず、でも、よりポップに描き切ったつもりでいます。結果、あまり前例がない、新しいエンターテイメントが産まれた予感がしています。R18作品ですが(こればっかりはしょうがない)、幅広い人たち、特に女性の方々に観て欲しい気持ちでいっぱいです。「娼年」は女性の欲望を全肯定する物語です。公開をどうぞご期待ください!

    ■ストーリー

    主人公・森中領(もりなかりょう、通称:リョウ)は、大学生活にも退屈し、バーでのバイトに明け暮れる無気力な生活を送っている。

    リョウの中学校の同級生で、ホストクラブで働く田島進也(たじましんや、通称:シンヤ)がある日、ホストクラブの客として訪れた女性を、リョウの勤めるバーに連れてきた。

    女性の名前は御堂静香(みどうしずか)。恋愛や女性に「興味がない」という領に静香は“情熱の試験“を受けさせる。それは、静香がオーナーである秘密の会員制ボーイズクラブ、「パッション」に入るための試験であった。

    最初こそ戸惑ったが、「娼夫」として仕事をしていくなかで、女性ひとりひとりの中に隠されている欲望の不思議さや奥深さに気づき、心惹かれ、やりがいを見つけていくリョウ。「女性は退屈だ」と言っていたかつての姿が嘘のように、どんな女性の欲望も引き出し、彼との時間を過ごすことによって、彼を買った女性たちは自分を解放していく。やがて静香に対しても想いを寄せるようになるのだが…。

    【Not Sponsored 記事】



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【松坂桃李、主演舞台「娼年」R18指定で映画化 バースデーの発表に歓喜&興奮の声】の続きを読む

    このページのトップヘ