ニュース annぶろ

まとめニュース、芸能・スポーツ・事件・事故・ファッションなど。様々なニュースを画像・動画を使いながら独自に堀さげ毎日紹介しています。読みたい記事が必ず見つかるはずです!! 

    まとめニュース、芸能・スポーツ・事件・事故。様々なニュースを独自に堀さげながら、画像、動画を使って毎日紹介しています。読みたい記事が必ず見つかるはずです!!

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    【調査】「家事でお金をもらいたい」女性は半数以上 「専業主夫になりたい」男性は4人に1人という調査結果



    キャリコネ

    ワタベウェディングが行った「家事に関する意識調査」によると、既婚女性の半数以上が「家事を行うことでお金を得たい」と回答したという。それはそうだろう。毎日やっている家事労働でお金がもらえるものなら、やりがいはもちろん、やり方すら変わってくるはずだ。

    調査は、2016年12月21日にインターネットを通じて行われ、20~40代の既婚男女402人(男性:201人、女性201人)から回答を得た。1月31日の「愛妻の日」にちなんで1月26日に発表されている。「専業主婦(主夫)になりたいですか?」という質問もあり、回答は興味深いものだった。(文:okei)

    40代男性は家事に賃金が発生するのはおかしい、と考えている?

    「家事を行うことでお金を得たいと思いますか?」という質問では、性別と年代別で結果が違う。女性は男性の約1.6倍となる58.2%が「はい」と回答。年代別では、男女共に30代(男性43.3%、女性62.7%)が、最も家事の対価としてお金をもらいたい考えであることがわかった。

    また、「いいえ」と答えた割合が最も高い(80.6%)のが40代男性だ。お金を貰いたくないというより、「賃金が発生するなんておかしい」という考えが根強いのではないだろうか。

    「日常の役割分担」についても訊いているが、家事20項目中、女性が6割以上担当するものが15項目に上っている。さらに、女性の82.1%が「毎日料理をしている」と回答する一方で、男性は料理を「ほぼしない」が約4割だった。相変わらず、女性の家事負担割合は大きいようだ。

    数年前から、「主婦の仕事は年収換算すると数百万円」などと話題にのぼることがあるが、現実的に賃金が発生するはずもないので、個人的には不毛な議論のようにも感じる。ただ、そこには家事の重大さを認識しようという意図があるらしく、こうした結果をみると具体的な金額を出す意味はあるのかもしれない。

    40代女性の6割超が「専業主婦になりたい」

    そんな中、注目なのは「男性の約4人に1人、女性の半数以上が『専業主婦(主夫)になりたい』ことが判明!」という項目である。

    「専業主婦(主夫)になりたいですか?」と尋ねたところ、男性の4人に一人はなりたいと回答していた。男性全体の7割以上は「いいえ」なのだが、「はい」と答えたのは40代では20.9%、20~30代で26.9%だった。また、女性も全体の半数以上となる54.2%が「専業主婦になりたい」と回答し、中でも40代女性は64.2%が「専業主婦になりたい」と考えていることがわかった。

    「なりたい」のと「実際になる」では違うわけで、内閣府の調査を見ても、40代既婚女性のおよそ7割が働いている(「配偶関係・年齢階級別女性の労働力率の推移」より)のが現状だ。

    家事には育児や介護も含まれ、年齢や健康状態によっても負担が大きく変わってくるため、専業主婦(主夫)の大変さがどれだけのものか、一概には言えない。しかしこの結果は、男女とも仕事に疲れており、家でゆっくり家事でもやって過ごしたい、という気持ちの表れのように感じられた。

    あわせて読みたい:専業主婦は手伝い要求しちゃダメ?

     



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【調査】「家事でお金をもらいたい」女性は半数以上 「専業主夫になりたい」男性は4人に1人という調査結果】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    【スキージャンプ】女子ワールドカップ第17戦平昌大会 伊藤が優勝、高梨沙羅2位も2季連続の総合優勝



    (出典 cdn-ak.f.st-hatena.com)





    1 鉄チーズ烏 ★@\(^o^)/ :2017/02/15(水) 18:35:41.92 ID:CAP_USER9.net

    <W杯スキー:ジャンプ女子>◇個人第17戦◇15日◇韓国・平昌(ヒルサイズ=HS109メートル)

     高梨沙羅(20=クラレ)が2位となり、総合優勝を決めた。

     1回目97・5メートル、123・9点で首位、2回目は94・0メートルで失速するも合計224・9点で、総合優勝の条件5位以内となる2位で、2季連続4度目の総合優勝となった。

     会場は14年秋に合宿で訪れた経験があるが、当時雪はなく「冬の景色、感覚を吸収したい」と話しており、平昌五輪と同会場で好感触をつかんだ。

     ソチ五輪では大本命と言われながら4位に沈んだ。大舞台で力を発揮するため「人間力を高めることも大事」と心も磨いていた。

    日刊スポーツ 2/15(水) 18:31配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170215-01779497-nksports-spo

    1 Ito, Y 96.0 101.5 234.4
    2 Takanashi, S 97.5 94.0 224.9
    3 Klinec, E 100.0 96.0 218.7
    4 Lundby, M 90.0 99.0 215.8
    5 Straub, R 103.5 93.0 210.5
    6 Seto, Y 96.0 94.5 208.5
    7 Englund, N 92.0 91.5 182.8
    8 Kykkaenen, J 84.0 94.0 179.1
    9 Iwabuchi, K 91.5 90.0 176.5
    10 Ernst, G 89.5 86.0 174.1


    【【スキージャンプ】女子ワールドカップ第17戦平昌大会 伊藤が優勝、高梨沙羅2位も2季連続の総合優勝】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    コミケ幕張メッセ追放事件の悪夢が再び? 千葉市が新たなエロ本規制を計画中



    千葉市長・熊谷俊人氏
    おたぽる

     来年度以降、千葉市が新たなエロ本規制を計画していることが明らかになった。

     千葉市によると、新たな規制の目的は、子どもへの配慮のほか、2020年東京五輪・パラリンピックで外国人旅行客が増えるであろうことを踏まえて実施するもの。新年度8~9月以降に、市と子どもの健全育成に関する協定を結んでいる市内のセブン-イレブン12店舗で、「有害図書」を店頭に陳列する際には、市が独自に定めたフィルムで覆う。

     千葉市ではこの規制のためにフィルム、ステッカーなど39万円の予算を計上。夏以降に、まず2カ月間のモデルケースを実施した上で、意見を聴取する予定だという。

     この規制はすでに大阪府堺市が昨年、市内のファミリーマートで実施しているものだ。

     だが、この規制には大きな問題がある。堺市の場合「有害図書」による規制は、すでに大阪府が青少年健全育成条例で行っているもの。大阪府では、出版社が自主規制として行っている2点シール止めによって、条例の定めるところの区分陳列は行われていると判断していた。堺市の規制は、大阪府の認める規制を逸脱した過剰な規制だとして批判されたのである。

     この堺市の規制に対して、日本雑誌協会と日本書籍出版協会は「図書を選択する自由を奪い『表現の自由』を侵害する行為。大阪府の青少年健全育成条例も逸脱している」として、即刻解除を要求し、公開質問状の送付や声明文の発表を実施した。

     これに対して、堺市は「民間の取り組みで、離脱することもできる」と、公的な規制ではないという説明に終止。さらに、堺市の竹山おさみ市長はTwitter(@osamit_sakai)で公開質問状を「失当」=的外れとして、半ば嘲笑するような態度を示したのである。その後、批判に晒された結果なのか、堺市の規制は、市内ではまったく広がりを見せていない。

     そんな批判に晒された規制の導入を図る千葉市だが、やはり「規制ではない」というのが、思考の大前提であるようだ。

     取材に応じた千葉市こども未来局こども未来部健全育成課の小倉哲也氏は語る。

    「今回の取組は、表紙も見たくない人もいることへの対応です。コンビニでは、トイレの横に扇情的な表紙の雑誌が陳列されていたりします。それを見えなくしても、買いたい人は買うのではないでしょうか。規制ではなく、見えなくするだけです」

     ここで問題になるのは、千葉県も「有害図書」の指定に包括指定制度を導入していること。これは、東京都が行っている個別に雑誌・書籍のタイトルを挙げて指定するものとは違い。条例で定めたページ数、割合などで自動的に有害図書になるシステム。すなわち店舗が陳列する際に、この本が有害図書かどうかを判断しなければならない。

     そこで、何が有害図書にあたるのか尋ねてみたところ、千葉市の見解はこうだ。

    「2点シール止めをしている図書になるかなと思います」

     これもまた、昨年に堺市が批判を受けながらも押し通した部分。聞けば、千葉市では堺市に担当者を派遣し、運用状況や雑誌協会などからの批判も知った上で導入を決めたのだという。

     取材の中で何度も繰り返されたのは、まだ実施店舗も決まっておらず、実施もモデルケースであるということ。千葉県の青少年健全育成条例との兼ね合いについても、検討をしていないという。

     堺市に担当者を派遣しているものの、極めてザルな雰囲気を感じる千葉市の態度。今後、雑誌協会などから批判があるのではないかと尋ねたところ、こんな答えが。

    「雑誌協会と一戦交える気はありません。相手がどう出るかはわかりませんが」

     記者会見では、この施策について「表現の自由」との兼ね合いにも触れている熊谷俊人・千葉市長。ちなみに15年に幕張メッセで開催された「コミケットスペシャル6」にて、千葉市はエロも含めて同人の表現の場としてコミケを支援する意志があるのか? という発言について、こう答えている。

    「そこは、なかなか難しいポイントだと思います。文化が進んでいく中で、そういった様相が一定程度進んでいくことは否定できません。とは言いながら、我々も公の青少年の育成を進めていく立場にありますから、表向きはなかなか言いにくいこともあるかと思いますが、そのあたりは水面下で大人の対応をしていくことだと思います。どこまで折り合っていけるかの努力は必要かと思います。私も“なんでもダメ”ではいけないと思いますよ」

     千葉県において「表現の自由」を論じる際に、必ず思い出される1991年のコミケが幕張メッセから会場貸し出しを拒否され、事実上追放された事件。これは、千葉県警がエロ同人の扱いを問題視したことが原因であった。

     やはり、千葉県はエロ表現の鬼門なのか?
    (文=昼間たかし)



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【コミケ幕張メッセ追放事件の悪夢が再び? 千葉市が新たなエロ本規制を計画中】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    【画像あり】「LOL」 Tシャツにミニスカートの若い女 金正男氏毒殺の容疑者の画像を入手(画像あり)





    1 腐乱死体の場合 ★ :2017/02/15(水) 21:28:02.67 ID:CAP_USER9.net

    (朝鮮日報日本語版) 金正男殺害:現地警察、容疑者の顔が映った画像公開

    朝鮮日報日本語版 2/15(水) 16:07配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170215-00002356-chosun-kr

    (写真:朝鮮日報日本語版) ▲写真=「マレー・メール」オンラインのキャプチャー

    (出典 amd.c.yimg.jp)



     金正恩(キム・ジョンウン)労働党委員長の異母兄、
    金正男(キム・ジョンナム)氏を毒*て逃走した女の顔が映った監視カメラの画像をマレーシア警察が公開し、
    テロ容疑者2人に対する捜査を全国的に展開している。

     現地メディア「マレー・メール・オンライン」が15日(現地時間)に単独入手して公開した監視カメラの画像には、
    ショートヘアで濃いリップを塗った女性の姿がとらえられている。
    この女性は、大笑いするという意味の「LOL」(Laugh Out Loud)と書かれた白い長袖のTシャツと、
    短いスカートを身に着けている。

     この写真は、問題の女性が今月13日にクアラルンプール国際空港で毒劇物テロを行った後、
    タクシーに乗って逃走する直前の様子と推定されている。

     アジア系とみられるこの女性は、ハンドバッグを一つ肩から提げ、
    一般の旅行客と変わらない様子だ。
    .

     この写真は、問題の女性が今月13日にクアラルンプール国際空港で毒劇物テロを行った後、
    タクシーに乗って逃走する直前の様子と推定されている。

     英国の「デーリー・テレグラフ」紙は、匿名の警察関係者の話を引用して「現地の警察が監視カメラの映像を追跡し、
    2人の女性を乗せたタクシーの運転手をとらえた。その運転手の供述と監視カメラの映像によると、2人の女性はベトナム出身」と報じた。

     さらに同紙は「マレーシアの警察は、ベトナム出身と推定される2人の容疑者を追跡しており、
    2人がまだマレーシア国内にいると考えている」と付け加えた。


    【【画像あり】「LOL」 Tシャツにミニスカートの若い女 金正男氏毒殺の容疑者の画像を入手(画像あり)】の続きを読む

    このページのトップヘ