ニュース annぶろ

まとめニュース、芸能・スポーツ・事件・事故・ファッションなど。様々なニュースを画像・動画を使いながら独自に堀さげ毎日紹介しています。読みたい記事が必ず見つかるはずです!! 

    まとめニュース、芸能・スポーツ・事件・事故。様々なニュースを独自に堀さげながら、画像、動画を使って毎日紹介しています。読みたい記事が必ず見つかるはずです!!

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    池上彰、戦争を美化する動きに警鐘 「特攻」について考える特番放送



    画像提供:マイナビニュース
    マイナビニュース

    ジャーナリストの池上彰が、13日に放送されるテレビ東京系日曜ビッグバラエティ『池上彰の戦争を考えるSP第9弾 ~“特攻”とは何だったのか?~』(19:54~21:54)についてコメントを寄せた。

    同番組は、2010年から「戦争を考える」シリーズとして放送されている特番。第9弾となる今回は、太平洋戦争末期に日本軍が繰り出した「特攻」を徹底検証する。元特攻隊員の証言を得て、戦争の真の姿や特攻から得られる教訓をどう生かしていけばいいのかを伝えていく。ゲストとして八千草薫、峰竜太、宮崎美子、パックン、小島瑠璃子が出演する。

    池上と宮崎は特攻隊の出撃基地があった鹿児島県知覧知覧を訪ね、目を赤くしながら特攻隊員たちが残した数々の遺書を紐解いていく。23歳の若者が婚約者に残した手紙には「あなたは過去を忘れ、将来に生きて」「会いたい 話したい 無性に」と心の叫びが綴られていた。また、インタビューを受けた91歳の元特攻隊員は「志願じゃない。純然たる命令だった」と語り、「今伝えなければ、残すことができない」という思いに迫る。

    さらに2人は広島県呉市の大和ミュージアムを訪れる。日本の最高技術を結集し建造された、史上最大の戦艦大和の最後の出撃は、実は「海上特攻」だった。一体どんな作戦だったのか、その最後はどのようなものだったのか、元乗組員の証言と共に解説する。

    ○池上彰コメント

    私達日本人にとって、8月というとやはり戦争の事を考えざるを得ない季節ですよね。そして戦争を知る人がどんどん少なくなってくると、何かこう、戦争を美化する、そういう動きがあるんですね。ところが、今、特攻隊の生き残りの人達が次々に声を上げています。そして「特攻隊は決して美化できるようなものではない」と、おっしゃっているんですね。戦争を美化するような動きに対して、「いやいや、本当の戦争を知ってほしい」と、多くの人が今、思うようになったのではないかと思うんです。そういう人達の話を今こそ聞く必要があるのかな、そういう意識を持ってこの番組を作りました。どうぞご覧ください。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【池上彰、戦争を美化する動きに警鐘 「特攻」について考える特番放送】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    気がつけば仕事もお金もない…本当にヤバいフリーランスの老後 お金の完全マニュアル



    「Thinkstock」より
    Business Journal

     安定した生活を求めて公務員が人気を集める一方、近年は「フリーランス=自営業」に憧れを持つ人も少なくない。フリーランスワーカーの人材紹介などを手がける「Waris」が行ったフリーランスの幸せ度に関する調査結果でも、フリーランスの人生満足度は日本人の平均よりも高い数値が出たという。

     確かに、満員電車に乗る必要がなく組織にも縛られず……といった自由なイメージのある自営業だが、その半面、月々の給料が保証されているわけでなければ退職金が出るわけでもない。収入は実力と努力次第という、厳しい世界でもある。そんな自営業者のなかには、老後に不安を持つ人が非常に多いという。

     では、自営業は自分の将来にどのように備えるべきなのか。『マンガ 自営業の老後』(文響社)の著者でイラストレーターの上田惣子さんと、同書の担当編集者の飛田淳子さんに話を聞いた

    ●なぜ危ない?「自営業の老後」の実態…

     タイトルからもわかるように、同書は自営業が抱く老後の不安と、その解決策について描かれたエッセイマンガ。発売直後からツイッターなどで話題となり、一時はAmazonランキングの総合5位に入った。

     担当編集の飛田さんは、「自営業の老後」というテーマを思いついたきっかけについて、こう語る。

    「以前、老後のお金の本を出したとき、識者の方が『本当に厳しいのは個人事業主の老後だ』とおっしゃっていたんです。会社員向けの老後本はたくさんあるのに、自営業の老後をテーマにした本はあまりないんですよね」(飛田さん)

     自営業の場合、もらえる国民年金が少ない上に退職金もない。将来、自分の身に何かあれば収入はゼロになる。それでいて、老後対策を取っている自営業者はほんの一握り。ちなみに、作者の上田さんもその1人だった。

    「もともと、お金に関することがとても苦手で、かなりのズボラ。恥ずかしながら、真剣に老後の生活設計を考えたことがありませんでした。それでも、若い頃から、締め切りを守って真面目にコツコツ働いてきた自負はあったので、細く長く老後まで仕事があると思い込んでいたんです。ところが、47歳を境にどんどん仕事が減っていって……」(上田さん)

     仕事が減れば当然、収入も減る。以前は年収1000万円を稼いでいたときもあったが、50代に突入したときには、その3分の1に激減した。

     上田さんの仕事が減った理由は、今まで仕事を発注してくれていた担当者が出世し、現場から離れたり退社したりするなど、周囲の変化もあった。

    「上田さんのようにきっちり仕事をこなしているのに『40代後半に差しかかった頃から仕事量が減った』というフリーランスの方は多いようです。特に受注が中心の業種は、発注側が管理職になり現場から離れることで、長年実直に働いてきた人への仕事の依頼が減るという現実はあるかもしれません」(飛田さん)

     真面目にコツコツ働いてきたにもかかわらず、ある時期から仕事が減って老後の不安に襲われる。それが自営業者の現実なのだ。

    ●自営業の老後対策…意外と知らないお得な制度

     同書には、さまざまな自営業者や専門家に話を聞き、上田さんが「お金を整える」までが描かれている。そこで、取材を通して学び、実践した老後対策を教えてもらった。

    【確定拠出年金(個人型)】
    国民年金や厚生年金などの公的年金とは別にお金を積み立てる“私的年金”。掛け金は5000円から6万8000円(国民年金基金と併用する場合は合わせて上限6万8000円)。受け取りは60歳以降だが、掛け金の所得控除、運用益非課税などの税制優遇がある。

    【小規模企業共済】
    自営業者が自ら退職金を準備する共済制度で、加入資格は従業員20人以下の個人事業主。1000円から7万円の掛け金をかけ、廃業時にはそれまでに積み立てた金額に1~1.5%ほどの金利がつく(例:上限の7万円を30年間かけ続ければ、廃業時の受取額は約3000万円となる)。

     ちなみに、確定拠出年金や小規模企業共済は国の制度なので、所得が控除されて節税対策にもなるという。年金の専門家の田中章二氏は、同書で「公的なものを目一杯利用したうえで薄いところを民間の保険でフォローします。気になるところを掛け捨てでかける」と勧めている。

    「仮にお得な年金制度があっても、国は教えてくれないんですよね。本をつくる前の私のように、『どうせ少ししかもらえない』と思って、国民年金を納付せずに民間の個人年金や生命保険に入っているという人もいるかもしれません。確定拠出年金や小規模企業共済は、老後対策として基礎の基礎なので、ほかにもお得な情報はたくさんあると思います」(上田さん)

     自営業は、業務も経理もすべて自分が担当する。定期的に税制や年金の専門書を購入し、勉強会に参加するなど率先して学び続けなければ、大きな損をしてしまうという。

    ●90歳までの「生涯収支」を出せば老後が見える

     自営業者には、日々の仕事に追われ、お金のことを考える余裕がない人も多い。そうした生活を送っているうちに、「いざ仕事がなくなると、どうしたらいいのかわからなくなってしまった」と上田さんは語る。彼女のように、「とにかく将来が不安」という人は、一度「生涯収支」を算出すべきだという。

    「生涯収支の出し方は、公認会計士・林總(はやし・あつむ)先生のレクチャーによるものです。現在から90歳までのお金の流れを、その年ごとに書き出して把握する。これからの人生で起きる、結婚や出産、趣味などのイベントに『いくらかけたいか』を自分で決め、その金額を予測することで、老後に必要な金額も見えてくるんです」(飛田さん)

     生涯収支を出すには、まず普段の会計管理を整える必要がある。すべての預貯金額や自宅、株、保険などの財産から自宅ローン、借金、奨学金などのマイナス財産を差し引いた純資産を算出し、「財産目録」をつくる。次に、1カ月の収支を出し、12カ月分をかけて臨時収入を加えれば、大まかにせよ1年間の合計収支を算出できる。

    「1年間の合計収入と合計支出が出たら、『老後にどんな生活をしたいか』を目安にして収入予測をします。その後『老後に何をしたいか』という考えで支出予測をしていきます。

     上田さんの場合は、65歳までにもう1軒家を買うことでした。ローンが組めないので、キャッシュで買うには年間でいくら稼がなければいけないかなど、『イベント』にかかる費用を具体化していくと、70歳まで働いて年収200万円を維持する必要があることがわかりました。

     このように、90歳までの収支を具体的に予測することで、長期間の収支を大づかみし、必要な備えを得られるのが、生涯収支を出すよさです」(飛田さん)

     上田さんは、約1年間をかけて90歳までの生涯収支プランを作成し、大まかに計算した結果、104万円のマイナスがあることが判明した。このマイナス分を、これから調節していくという。

    「時間はかかるのですが、不安だった部分が見えてきて、これまで自分がいかに漠然と働いてきたかを痛感しましたね。でも、プランによって老後の目標とやりたいことがはっきりしたので、働くモチベーションも上がりました。20代、30代など年齢にかかわらず、生涯収支の算出はとてもおすすめです」(上田さん)

     上田さんの理想の老後は「心身ともに健康で、死ぬまで仕事をすること」だという。ずっと好きな仕事ができることこそ、自営業の最大のメリット。その未来を迎えるためには、さまざまな備えが必要なのだ。
    (文=真島加代/清談社)



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【気がつけば仕事もお金もない…本当にヤバいフリーランスの老後 お金の完全マニュアル】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    知らぬうちにセクハラ認定…女性がイラついている、おっさんの言動



    日刊SPA!

    「セクハラにならない女性部下の口説き方」を掲載した男性誌が「この記事自体がセクハラだ」と炎上したり、飲料メーカーのCMがセクハラ動画だと問題視されたり、相も変わらずセクハラ加害者サイドの「わかってなさ」が炎上の火種になっている昨今。そこで、今回は各シチュエーション別にセクハラ検定を実施。セクハラグレーゾーン時代を生き抜くための知識を紹介する。

    ◆気遣いが裏目に出てしまうパターンに気をつけるべし

     仕事中にわかりやすいセクハラをする男性は昨今なかなか見かけないが、実は何げない一言が女性を不快にさせている。

     女性200人に調査したアンケート(※)で88ptと最も不快指数が高かったのが「意見が合わないと『女にはわからない』で片づける」。

    「会議で意見が対立すると、すぐに『まあ、〇〇は女だからなあ』とつぶやく上司。男性をターゲットにしたサービスの現場で、なんとかニーズを把握して提案しようと頑張っているのに、不快を通り越して虚しくなります」(28歳・IT)

     プライドが傷つくのか、ひがみ根性なのか、仕事で結果を出した女性に「『枕営業をしたからだ』とネガキャン」(75pt)をしたり、怒った40代女性を陰で「『更年期かな』とちゃかして笑う」(78pt)のももちろん即アウト。さすがに直接本人の前で言う輩はいないが、「漏れ聞こえてくるだけで、自分も言われてるのかなと嫌な気持ちになる」(32歳・メーカー)のだ。

     また、気遣ったつもりの言動が女性を不快にさせている例も。「『女のコは甘いものを与えておけばご機嫌だからね~』(68pt)とコージーコーナーのシュークリームとか安いスイーツをドヤ顔で差し入れしてくる上司。女がみんな甘いものが好きなわけじゃないし、スイーツなら何でもいいってわけでもないし、『与えておけば』って、動物扱いかよ」(31歳・銀行)

    「『おいバイト!』とか言う人もいるから、気を使っているつもりなのかもしれないけど、『バイトちゃん』って呼ぶ人……なぜ名前で呼ばないのか不思議だし、ちゃんづけも相まって舐められてる感じがする」(27歳・アルバイト)

    「『忙しいの?』とか『大丈夫?』だけでいいのに、『肌荒れひどいよ?』(66pt)と言ってくる上司。心配してくれているのはわかるが、毎日鏡見てるから知ってるし、ほっとけ」(32歳・金融)

     さらには、知らぬうちにセクハラ認定されているケースもある。

    「隣の席の上司のパソコンの壁紙が、いつも露出多めのグラドルばかり。必死にエロ雑誌の袋とじを破り始めたり、不快でしかない」(34歳・IT)

     ほかにも、イエローカードながら「いつもよりきれいな恰好をしてきた女子に『今日はデート?』と聞く」(46pt)、「仕事で無理をさせたお礼に、サシ飲み(奢り)をセッティング」(37pt)を不快と感じる女性も少なくない。

    「好きでもない上司に貴重なプライベートの時間まで削られるなんて、お礼どころか罰ゲーム」(34歳・メーカー)、「『デートどころか3年彼氏いねえよ!』とブチ切れたくなる」(32歳・教育)など、そこまで言わなくてもという気もするが、相手の立場に立って発言することが肝要なのだ。

     このように、知らないうちにセクハラ認定されている社内での言動。そんなときは「今のはセクハラじゃないよ」(25pt)と咄嗟にフォローしたくなるが、セーフとはいえ、その発言すら一部の女性には「それで反論できなくするなんて卑怯」(29歳・出版)と思われているので要注意!

    <セクハラ検定オフィス編>

    ●レッド
    ・女性と仕事の意見が合わないと「女にはわからない」で片づける 88pt

    ・40代以降の女性が怒ると陰で「更年期かな」とちゃかして笑う 78pt

    ・女性が仕事で結果を出すと枕営業をしたからだとネガキャン 75pt

    ・「女のコは甘いもの与えとけばご機嫌」と安いスイーツを差し入れ 68pt

    ・多忙で疲れている女性に「大丈夫?肌荒れひどいよ」と指摘 66pt

    ・アルバイトや派遣の女性をバイトちゃん、派遣ちゃんと呼ぶ 64pt

    ・デスクトップが水着グラビアだったり、女性の前で袋とじを読む 62pt

    ・個室で話す必要がないのに個室に呼び出し、2人きりで打ち合わせ 60pt

    ●イエロー
    ・まだ公にしていないのに社内の女性の妊娠情報をペラペラ喋る 54pt

    ・いつもよりきれいな格好をしてきた女性に「今日はデート?」 46pt

    ・仕事で無理をさせたお礼に奢ると言って、サシ呑みをセッティング 37pt

    ●セーフ
    ・「あ、今のはセクハラじゃないよ」と言い訳して失言をごまかす 25pt

    ・「ウチの部の女のコはさ~」と、女性スタッフを女のコ呼ばわり 18pt

    ※20~40代女性200人にインターネット調査した結果を不快指数としてポイント化。60pt以上をレッドカード、30~59ptをイエローカード、29pt以下をセーフとした。
    ― セクハラ検定2017 ―



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【知らぬうちにセクハラ認定…女性がイラついている、おっさんの言動】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    品薄の「Nintendo Switch」をプレゼントして視聴者稼ぎ 大量に買い占めるユーチューバーに批判「転売屋と変わらない」



    画像はYouTubeより
    BIGLOBEニュース

    任天堂の人気ゲーム機「Nintendo Switch」を大量に用意し、プレゼント企画を実施するYouTuberが相次いでいる。品薄状態が続いている商品を買い占めていることに、ネットでは多くの批判が寄せられている。

    この記事の動画を見る

    「Nintendo Switch」発売後、時折見受けられたYouTuberによる「Nintendo Switch」のプレゼント企画。ヒカキンが7月28日に実施した「スプラトゥーン2セット」10台のプレゼント企画が話題になって以降は、7月29日に禁断ボーイズ、8月2日にヒカル、8月8日にFischer'sと多くのYouTuberが実施している。台数も増加し続けており、Fischer'sはプレゼント数は50台。いずれもYouTubeでチャンネル登録し、通知をオンにするなど、視聴者になる条件を満たすと応募することができる。


    「Nintendo Switch」は、量販店では抽選販売となっており、オンラインストアでも即時売り切れるなど、手に入れることが困難な状態。このような中で大量に買い占めて実施されるこれらの企画には批判的な声が多く寄せられている。
    「こーゆーやつがいるから、買いたくても買えないやつがいるの分かってるのかな?と思う」
    「金取るか取らないかの違いだけで転売屋とやってることが変わらない」
    「転売と同じぐらい辞めてほしい(本心)」
    「市場に出回ってたはずのSwitch110台。『並べば買えたかもしれない110人』が、並んでも買えず、更に『並んでまでは買いたくない人』と競わねば手に入れることが出来ないという地獄」


    一方では、「正直何に買うのも人の勝手だしそいつらのせいで買えない人が増えるとかは言いがかりでは..」という声や、ヒカキンは災害募金を集めるためにチャンネル登録者を集めたと擁護する声も上がっている。







    (出典 news.nicovideo.jp)

    【品薄の「Nintendo Switch」をプレゼントして視聴者稼ぎ 大量に買い占めるユーチューバーに批判「転売屋と変わらない」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 pbs.twimg.com)



    1 名無しさん@涙目です。 :NG NG BE:738128771-PLT(13333).net


    “尻職人”こと倉持由香さんが率いる「グラドル自画撮り部」の副部長として、Twitterのフォロ
    ワー数も10万超えの人気を見せている吉田早希さんが、DVD「どっちにするの」(発売元:
    ギルド、収録時間:120分、価格:4104円)の発売記念イベントを8月6日、ソフマップAKIBA
    4号店 アミューズメント館で開催した。

     吉田さんのDVDリリースはちょうど2年ぶり。今作は内容がちょっと複雑になっているので
    説明しておくと、同じ事務所に所属する白川未奈さんが6月に発売したDVD「どっちにするの」
    と対を成すもの。2人がそれぞれ異なる目線で視聴者にモーションをかけていくため、このタ
    イトルになるわけだ。4月に河口湖で撮影された。

     取材のときに着ていたかわいくてセクシーな衣装は、Parfaite(パルフェット)というブランド
    の「レースリミテーション」というランジェリー。「関係者の方をヒヤッとさせる衣装です」とコメ
    ントしていたが、ファンなら歓喜しそうな雰囲気だった。今後の予定などはTwitterなどで告知
    していくとのこと。

    http://ascii.jp/elem/000/001/527/1527764/

    (出典 images-na.ssl-images-amazon.com)


    (出典 images-na.ssl-images-amazon.com)


    (出典 ascii.jp)


    (出典 ascii.jp)


    (出典 ascii.jp)


    (出典 ascii.jp)


    (出典 ascii.jp)


    (出典 ascii.jp)


    (出典 ascii.jp)


    (出典 ascii.jp)


    (出典 ascii.jp)


    (出典 ascii.jp)


    【【画像】B90W59H88、Hカップボディのグラドルがセクシーランジェリー姿を披露】の続きを読む

    このページのトップヘ