ニュース annぶろ

まとめニュース、芸能・スポーツ・事件・事故・ファッションなど。様々なニュースを画像・動画を使いながら独自に堀さげ毎日紹介しています。読みたい記事が必ず見つかるはずです!! 

    まとめニュース、芸能・スポーツ・事件・事故。様々なニュースを独自に堀さげながら、画像、動画を使って毎日紹介しています。読みたい記事が必ず見つかるはずです!!

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    【国際】トランプ氏側近「米中戦争の可能性は非常に高い」★4



    (出典 afpbb.ismcdn.jp)





    1 愛の世代の前に ★ :2017/01/23(月) 16:41:27.98 ID:CAP_USER9.net

    ■米政権交代で急上昇 日本人が知らない米中戦争リスク

    昨年12月26日、米国滞在中の本誌記者に一通のメールが届いた。送り主は米カリフォルニア大学教授のピーター・ナヴァロ氏だ。

    「I am unable to answer these now that I have been appointed to White House position」。ホワイトハウスの役職に指名されたので、質問には答えられないという趣旨だった。

    ナヴァロ氏は当初、本誌の取材を快諾していたが、ホワイトハウスに新設された「国家通商会議」の委員長に指名されたことで一転、NGとなってしまったのだ。

    本誌がナヴァロ氏へ取材を打診した背景には、選挙期間中からトランプ陣営の政策顧問を務め、新政権入りが取り沙汰されていたこともあったが、もう一点、ナヴァロ氏が筋金入りの対中強硬派であり、米中戦争をめぐる興味深い書籍『米中もし戦わば 戦争の地政学』を上梓していたからだ。

    その内容は一般の日本人には強烈だ。「南シナ海や尖閣諸島を囲む第一列島線の内側の制海権を中国は握りつつある」。さらに過去の覇権戦争を振り返ると、「米中戦争が起きる可能性は非常に高い」などの驚愕見解を示している。

    防衛省幹部も注目の書であり、中国安保の俊英、防衛研究所中国研究室の飯田将史主任研究官は「冷静かつ客観点な筆致で、中国側の意図を非常に正確、明確に指摘している」と評価する。

    トランプ政権では、米中戦争の可能性を否定しない超強硬派がその中枢に座ることになる。

    それでも多くのエコノミストは、「経済でこれだけ相互依存を強めている両国が戦争するはずがない」と意に介さないだろう。

    これに対して、「それがエコノミストの限界」との見方を示すのは、外務省日米安全保障条約課長などを歴任したキヤノングローバル戦略研究所の宮家邦彦研究主幹。「現在は19世紀末の帝国主義時代と酷似しており、弱肉強食のゲームが繰り広げられている。経済が主という見方では本質が見えなくなる」と警告する。

    一方で、そもそも米軍縮小を公言していたトランプ大統領には、中国と安全保障面で対立してまで覇権を争う意思はないとの見方も根強い。

    だが、昨年11月、米外交誌に発表された論文はこうした楽観論を吹き飛ばす。ナヴァロ氏らトランプ側近が中国の周辺国への圧力に対抗するため、軍事力を背景にしたレーガン政権ばりの「力による平和」を追求すべしと提唱したのだ。経済のみならず、安全保障でも米国側が強気の対中政策を取る可能性は決して低くない。

    「中国は将来強大になっても覇権を求めない」。経済成長を重視していた鄧小平氏は1974年に国連でそう演説した。しかし、習近平国家主席は今、「中華民族の偉大な復興」を掲げ、覇権国への挑戦を隠そうともしない。

    中国はかねて米軍撤退など「力の空白」ができれば、容赦なく支配地域を強権的に広げてきた。習体制でその傾向はより顕著となっており、中国の領土的な野心と地政学的な権益は膨らみ続けている。

    昨年末には、中国初の空母「遼寧」を軸にした艦隊が初めて、第一列島線上にある「宮古海峡」を越えて西太平洋に進出、米軍およびその同盟国を挑発した。

    トランプ政権の誕生で、米中関係は「疑心暗鬼」(安井明彦・みずほ総研欧米調査部長)の新ステージに突入する。

    (以下省略)

    全文よむ
    http://diamond.jp/articles/-/114972

    ★1の立った日時:2017/01/23(月) 11:54:51.27
    前スレ http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1485149841/


    【【国際】トランプ氏側近「米中戦争の可能性は非常に高い」★4】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    松方弘樹さん、74歳で死去 | ニコニコニュース



    死去した松方弘樹さん
    映画.com

    俳優の松方弘樹(本名:目黒浩樹)さんが1月21日、脳リンパ腫のため都内の病院で死去した。74歳だった。

    松方さんは1942年、時代劇俳優・近衛十四郎、女優・水川八重子の長男として誕生。歌手志望だったが、60年に東映入りすると「十七歳の逆襲・暴力をぶっ潰せ」で主演デビューを果たす。

    その後は映画「昭和残侠伝」シリーズ、ドラマ「人形佐七捕物帳」など主に時代劇やヤクザ映画に出演。さらに、「仁義なき戦い」シリーズなどの実録路線から、「柳生一族の陰謀」をはじめ大型時代劇でも存在感を発揮した。

    テレビドラマでは大河ドラマ「勝海舟」や「大江戸捜査網」に主演。三英傑(織田信長、豊臣秀吉、徳川家康)をすべて演じたことでも知られている。なお、元妻の女優・仁科亜希子との間には、タレントの仁科克基と仁科仁美をもうけた。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【松方弘樹さん、74歳で死去 | ニコニコニュース】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    【韓国】 サムスングループ失墜すれば経済崩壊、日本の支援必要に



    (出典 ggsoku.com)





    1 影のたけし軍団ρ ★@\(^o^)/ :2017/01/23(月) 14:53:12.55 ID:CAP_USER.net

    韓国の朴槿恵大統領は、親友である女性実業家の崔順実(チェスンシル)被告へ政府の機密情報を漏洩したスキャンダルで辞任の危機に追い込まれている。
    この政権スキャンダルは、韓国経済にも大きな打撃を与えた。

    韓国の特別検察官(特検)は1月16日、崔被告への出資をめぐる賄賂や横領などの疑いでサムスングループの事実上の経営トップであるサムスン電子副会長
    李在鎔(イジェヨン)氏の逮捕状を請求した。疑惑の経緯は以下のようなものだ。

    サムスングループでは2015年7月、傘下企業であるサムスン物産と第一毛織の合併が決定。
    「そのとき、サムスン物産の大株主で政府系の公団である国民年金公団がロビー活動を行なって合併がうまくいくよう動いた」(サムスン関係者)

    韓国事情に詳しいライターの河鐘基(ハジョンギ)氏が解説する。

    「合併を成功させ盤石な経営基盤を築こうとするサムスンが、政府が便宜を図ってくれたことの見返りとして
    政権に近い崔被告が私物化していたとされるミル財団とKスポーツ財団に計204億ウォン(約20億円)を拠出した。検察は贈賄に当たると判断したのです」

    19日にソウル中央地裁は逮捕状請求を棄却したが、サムスングループが合併に関して政府の助けを仰いでいてもおかしくはない。
    グループがかつての勢いを失い、不振に*いる事情があるのだ。

    サムスングループの中核企業であるサムスン電子は2016年7~9月期は売り上げが前年同期比で96%減。
    これには昨年夏に発火事故が相次いだスマホ販売の不振が大きく影響している。

    売り上げが韓国のGDPの8割近くを占める10大財閥のトップであるサムスングループの失墜は、韓国経済の崩壊を意味する。

    そうなれば、日本からの経済的支援も必要になるが、ソウルの日本大使館前の慰安婦像が撤去されぬばかりか
    釜山の日本領事館前に新たな像が設置され、さらには「竹島に慰安婦像設置」の計画が持ち上がるなど、慰安婦問題がここまでこじれていては望むべくもない。
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170123-00000009-pseven-kr


    【【韓国】 サムスングループ失墜すれば経済崩壊、日本の支援必要に】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    【芸能】江角マキコ、芸能界引退へ



    (出典 www.zakzak.co.jp)





    1 シャチ ★@\(^o^)/ :2017/01/23(月) 15:18:40.15 ID:CAP_USER9.net

    日刊スポーツ 1/23(月) 15:13配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170123-01769176-nksports-ent

     女優の江角マキコ(50)が23日、芸能界を引退する意向を明らかにした。
    所属事務所のインクワイヤーが報道各社にファクスで発表した。


    【【芸能】江角マキコ、芸能界引退へ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    「狩野に電話を」和田アキ子“命令”に疑問の声 | ニコニコニュース



    (出典 blogimg.goo.ne.jp)



    ナリナリドットコム

    1月22日に放送されたバラエティ番組「アッコにおまかせ!」(TBS系)で、お笑い芸人・狩野英孝(34歳)の淫行疑惑謝罪会見について取り上げた際に、タレントの和田アキ子(66歳)が、狩野の事務所の先輩にあたる出川哲郎(52歳)に直電をかけさせるシーンがあり、「パワハラではないか」などと物議を醸している。

    この日の番組冒頭、和田から「大変やな」と振られた出川が「事務所としては謝りたい…」というやり取りがあり、「これは先輩としてどうなの?」との質問には「僕はリアルにまだ連絡ないので。たぶん相当テンパってると思うんですよね」「(こういった件の場合、先輩への連絡は)普通はあると思うんですけど、狩野のことだから相当テンパってて。僕から連絡してもちょうどテンパってると思うんで、もうちょっと落ち着いてから話そうかなと思ってる」と、いまは時期ではないとの考えから、出川からの連絡を控えていることを明かした。

    その後、パネルを使ったコーナーでも再びこの話題に。その際、和田から「ほんとにさっきから気になってしょうがないんだけど、出川、もうちょっと元気出して」と注意が入るほど、普段とは異なる様子だった出川。実は、前日に和田がラジオで「(狩野の件を)明日のおまかせ!で出川に説明してもらおう」と予告し、それがニュースになっていたのを見ていたそうで、「正直、Yahoo!ニュースでこれ出てたから、それ見た瞬間から元気なかった」と告白した。

    そして、記者会見の内容ではよくわからないことが多いと不満を募らせた和田は、「出川、ホンマに聞いてないの?」と詰め寄り、出川は「リアルにしゃべってないんですよね。まだテンパってて、まだ連絡も…落ち着いてからしゃべろうかな…」とおどおど。しかし、そんな出川の発言を流すように、和田は「ちょっと電話してみて。家で見てると思う」と促すと、出川は「いやいや…」。「ただ、まあ一応謹慎中なんでね…昨日から」と渋る出川に、「謹慎中は電話も出たらいかんの?」と食い下がる和田、出川は「いやいやいやいや…」と言いながらも、プライベートのスマートフォンがスタッフから和田に手渡されると抵抗を諦め、「狩野、ごめんな…」と叫びながらやむなく狩野に電話をかけた。

    結果、留守番電話につながり、狩野が電話口に出ることはなかったが、和田は「ホンマにかけたか?」とスマホの画面を確認。お笑いコンビ・サバンナの高橋茂雄(40歳)からは思わず「『ホンマにかけたか?』怖いですね…」との声が漏れた。

    ちなみに、謹慎期間中に電話をかけることの是非について、和田は「おまかせ!の準レギュラーやから」と、問題ないとのスタンスを明らかにしている。

    この放送中から、Twitterなどネットでは、生放送で謹慎中のタレントに電話をかける行為に疑問の声が噴出。「これはパワハラ」「いじめっ子がやれやれ言うのを見てるようで気分が悪かった」「出川さん、落ち着いたら話そうと思ってるってわざわざ言ってるのにね」「無期限謹慎発表の翌日だよ? 生放送で電話するかね普通」「和田アキ子がサイテーすぎて笑えない」「これが大人のやることか」など、厳しい意見が多く挙がっている。


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【「狩野に電話を」和田アキ子“命令”に疑問の声 | ニコニコニュース】の続きを読む

    このページのトップヘ