【知っ得】「見えない」マスクで花粉シーズンを乗り切る【新生活ライフハックツール】



Lifehacker

ここのところ、なんだか目や鼻の調子がイマイチ。そんな方にとびきりのマスクを紹介します。

目に見えず、つけた心地もしない。「愚か者には見えない布で仕立てた」なんてマユツバではありません。資生堂のブランド「イハダ」の花粉対策アイテム「アレルスクリーン」です。

【大きな画像や動画はこちら】

使い方はかんたん、顔にスプレーするだけ。

このスプレーに含まれているのが、リピジュアいうヒアルロン酸の2倍の保湿力をもつポリマー。プラスとマイナスの電荷をもった部分をそれぞれ持っていて、イオン同士の反発によって花粉やPM2.5などの飛散物質をはじいてくれるそうです。

スギ花粉のピークは過ぎましたが、ヒノキ花粉はこれからがピーク。花粉の大きさは10マイクロメートルほど。たとえアレルギー反応を起こさなくても、体にとっては異物です。

屋内に持ち込まれる花粉の量も減らすことができますから、身近に花粉症の方がいるならぜひとも使ってみてほしい製品です。

資生堂 IHADA アレルスクリーン

(西村おきな)



(出典 news.nicovideo.jp)