ニュース annぶろ

まとめニュース、芸能・スポーツ・事件・事故・ファッションなど。様々なニュースを画像・動画を使いながら独自に堀さげ毎日紹介しています。読みたい記事が必ず見つかるはずです!! 

    まとめニュース、芸能・スポーツ・事件・事故。様々なニュースを独自に堀さげながら、画像、動画を使って毎日紹介しています。読みたい記事が必ず見つかるはずです!!

    2017年01月

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    『ほのかりん』について画像をまとめてみた


    ほのかりんが川谷絵音との現在を告白か「一緒に住んでいます」 - livedoor

    番組では、川谷とほのかりんがふたりで年末年始にハワイを訪れていた、とされる噂を取り上げた。SNS上で一般人による目撃談があがっている他、ほのかりんが自身のアカウントでも意味深な投稿をし、ネット上をざわつかせている。ほのかりんは昨年、週刊誌に未成年飲酒を ...
    (出典:livedoor)



    【『ほのかりん』】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    『女優』について画像をまとめてみた


    井上公造氏、大物女優「N」が6月結婚/芸能/デイリースポーツ online - デイリースポーツ

    芸能リポーターの井上公造氏が、28日放送の関西テレビ「おかべろ」(土曜、午後2・24)に出演。司会のナインティナイン・岡村隆史に、芸能人の結婚にまつわるイニシャル ...
    (出典:デイリースポーツ)



    (出典 blog-cms.c.yimg.jp)



    【『女優』について画像をまとめてみた】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    【電話首脳会談】トランプ大統領「めったに人を褒めない娘のイバンカが、安倍さんにまた会いたいと言っていた」



    (出典 s3.reutersmedia.net)





    1 ひろし ★ :2017/01/30(月) 18:15:48.48 ID:CAP_USER9.net

    ■2人がそれだけ良好な関係が築けているということでもあるのか。

     28日の電話首脳会談もとても和やかだったようだ。トランプ大統領は「めったに人を褒めない娘のイバンカが、安倍さんにまた会いたいと言っていた」と持ち上げたということで、外務省幹部が「電話でなければ肩を組んでいた」と話すほど。安倍首相は周辺に「トランプ大統領には気に入られている」と語るなど信頼関係に自信を持っている。

     その一方で政府・与党内には、トランプ大統領に近づき過ぎることについて「しっぺ返しを食らうのでは」との警戒感もある。官邸関係者も「国益を守りながらどこまで話せるかが難しい」と語っている。

     良好な関係を保ちながら言うべきことを言えるのか。安倍首相の姿勢が問われることになる。

    全文はソースで
    http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20170130-00000062-nnn-pol


    【【動画】トランプ大統領「めったに人を褒めない娘のイバンカが、安倍さんにまた会いたいと言っていた」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    『雪見だいふく 新味発売』


    雪見だいふくの新味は「みたらし」 いつもより厚いおもちとみたらしソースのハーモニー 1月30日発売! - ねとらぼ

    ロッテは、通常の雪見だいふくより厚いおもちでみたらしソース入りのアイスを包んだ新しい味「雪見だいふく 黄金のみたらし 厚もち仕立て」を、1月30日に全国で発売します。希望小売価格は160円(税別)。 雪見だいふく 黄金のみたらし 厚もち仕立て. 客からのリクエストが多かっ ...
    (出典:ねとらぼ)



    (出典 cdn-ak.f.st-hatena.com)



    【『雪見だいふく 新味発売』】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    【ドラマ】月9、視聴率惨敗の背景 「嫌フジテレビ」が影響との指摘も



    (出典 i0.wp.com)





    1 鉄チーズ烏 ★@\(^o^)/ :2017/01/30(月) 07:21:19.01 ID:CAP_USER9.net

     23日に放送された月9ドラマ『突然ですが、明日結婚します』の第1話が、平均視聴率が8.5%を記録した。西内まりや、flumpoolのボーカル・山村隆太というミュージシャン同士の共演でも話題を集めたが、結果は初回のワースト視聴率を更新する惨敗となった。「月9離れ」が叫ばれるなか、改めて考えてみたい。月9は本当につまらなくなったのだろうか。視聴率低迷の背景とは? コラムニストでテレビ解説者の木村隆志さんが迫る。

     * * *
     現在、3作連続で平均視聴率8%台であり、初回視聴率も2作連続でワースト更新したほか、今期は放送前に「主演俳優が出演取り止め」という報道が流れるなど、月9を取りまくムードはネガティブ一色。近年、何度も巻き起こっている「打ち切り」の噂が再燃しています。

     ネット上には、放送前から「絶対につまらない」「キャスティングがおかしい」とケチをつけるコメントが飛び交い、放送後には「脚本がありえない」「演技がヘタすぎる」などの辛らつな声であふれていました。『突然ですが、明日結婚します』は、そこまでひどい作品なのでしょうか?

     その答えはノー。「なぜそこまで結婚したいのか? 結婚したくないのか?」というキャラクター背景に物足りなさこそありますが、ヒロインの感情を丁寧に描いたオーソドックスなラ*トーリーとしての魅力を備えています。また、並木道子監督の繊細で美しい映像は見応えがあり、好意的な声も多かったのが事実。“ながら見”ではなく、色眼鏡を捨てて、自然な目で見た人に酷評されるレベルではありませんでした。

     月9の不振が叫ばれるのも、最盛期との落差や、視聴率に限っての話。TVerでの見逃し配信視聴数やツイッターなどのコメント数は常に上位ですし、録画視聴率も低くありません。それでも「月9は終わった」とまで言われてしまう理由は、「視聴ターゲットの世代交代」と「“嫌フジテレビ”の人々が生む途方もないパワー」の2点。

     ここ2年間、月9は『恋仲』『5→9~私に恋したお坊さん~』『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』『好きな人がいること』など、主に20代男女の恋愛を描いてきました。中高年層をターゲットにしたテレビ朝日のドラマとは対極であり、TBSや日本テレビも大半が30~40代中心で、月9のようなミドルティーンから20代をターゲットにした作品は深夜しか放送しません。

     その理由は、ミドルティーンから20代は、スマホやパソコンの優先度が高い上に、テレビ番組もTVerや録画視聴が多く、視聴率に直結しにくいから。ただ、今の段階から若年層をつかまえておかなければ10~20年後のテレビ業界が危ういだけに、月9の果たしている役割は少なくないのです。

     しかし、現在放送されているミドルティーンから20代向けの月9を見て、かつて月9を見て育ってきた30~50代が「最近の月9は……」と嘆きたくなる気持ちも理解できます。今回の『突然ですが、明日結婚します』も、30~50代からの酷評が目立つ一方、「夢を追うよりも現実としての結婚」を望む人の多い若年層女性からの評判は決して悪くありません。

     そして、月9関係者にとって最もやっかいなのは、“嫌フジテレビ”の人々が行うネガティブキャンペーン。彼らは「フジ」という言葉を見ると「番組を見てもないのに叩く」という行動が習慣化され、なかでも同局の象徴である月9は最高の標的となっています。

     事態を悪化させているのは、メディアがそれを後押ししていること。実際、私が交流のある複数の大手メディア編集者も、「フジテレビのネガティブな記事を書くとページビューが上がるから、思わずやってしまう」と話していたように、内容の良し悪しに関係なく「月9、低視聴率」「月9、打ち切りへ」と書きたい人が多いのです。

    >>2以降に続きます

    2017.01.30 07:00
    http://www.news-postseven.com/archives/20170130_487730.html?PAGE=1

    (出典 parts.news-postseven.com)


    【【ドラマ】月9、視聴率惨敗の背景 「嫌フジテレビ」が影響との指摘も】の続きを読む

    このページのトップヘ