ニュース annぶろ

まとめニュース、芸能・スポーツ・事件・事故・ファッションなど。様々なニュースを画像・動画を使いながら独自に堀さげ毎日紹介しています。読みたい記事が必ず見つかるはずです!! 

    まとめニュース、芸能・スポーツ・事件・事故。様々なニュースを独自に堀さげながら、画像、動画を使って毎日紹介しています。読みたい記事が必ず見つかるはずです!!

    2017年01月

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    【ヤバい】2030年に世界は氷河期突入、確率は「97%」とザーコバ教授



    (出典 www.bbweb-arena.com)



    NASAも「寒冷化」を裏付ける報告を発表
    NEWSポストセブン

    「2030年、世界は氷河期に突入する」──2015年7月、この説を発表したのは、英国ノーザンブリア大学のバレンティーナ・ザーコバ教授率いる研究チームである。

     同チームの研究によれば、太陽の活動は2030年代に現在の60%にまで減少し、1645年に始まった「ミニ氷河期」(マウンダー極小期)の時代に近い状況になると結論づける。この「ミニ氷河期」の説明は後述するが、その確率は「97%」と高いという。ザーコバ教授が解説する。

    「太陽内部の表面に近い2つの層の電磁波の同期がずれると、太陽の活動が低下して地球の気温が下がる。この現象は2030年頃から本格的に始まると予測されているのです。

     すでに太陽の活動が停滞し始めているのは間違いない。近年、欧州を襲っている寒波もこれに関連していると思われます」

     モスクワ国立総合大学のヘレン・ポポヴァ博士やNASA(米航空宇宙局)の元コンサルタント、ジョン・ケイシー氏らも同意見だ。

     ザーコバ教授らが「2030年氷河期」説を発表した直後の2015年10月には、NASAも「寒冷化」を裏付ける報告を発表した。人工衛星から南極氷床の高さを計測した最新の分析データによれば、南極の氷は1992年から2001年にかけて1120億トン、2003年から2008年にかけても820億トン増えていたというのである。

     この結果は「南極の氷が溶け、海面上昇を引き起こして南太平洋の島々は水没する」という地球温暖化の議論をリードしてきたIPCC(気候変動に関する政府間パネル)の予測を覆すものだ。

     ここ数年、夏は猛暑続きで「温暖化の影響か」と感じていた人は少なくないだろう。しかし、「これは寒冷化の影響」と語るのは理化学研究所の主任研究員・戎崎俊一氏だ。

    「寒暖がどちらも極端になり、異常気象が連続するのが『ミニ氷河期』の特徴です。極端に暑い夏、極端に寒い冬を多くの人が体感しているはず。

     ザーコバ教授らの発表通り、いま太陽の活動は非常に弱くなっている。私はすでに『ミニ氷河期』に入っていると見ています。昨年11月に都内で積雪があったのは、まさにその影響かもしれません」

    ※週刊ポスト2017年2月10日号



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【ヤバい】2030年に世界は氷河期突入、確率は「97%」とザーコバ教授】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    【話題】「羞恥心」が久々スリーショット!『泣かないで』歌って踊った!



    (出典 files.hangame.co.jp)


    羞恥心『泣かないで』pv

    (出典 Youtube)





    1 YG防衛軍 ★@\(^o^)/ :2017/01/29(日) 21:47:25.36 ID:CAP_USER9.net

    俳優で歌手の、つるの剛士(41)が29日、自身のインスタグラムで俳優・上地雄輔(37)と、野久保直樹(35)の3人からなるユニット「羞恥心」のスリーショットを披露した。

     つるのは「今日はヘキサゴン時代から御世話になっている神原Pの結婚式。式場が同窓会に。。羞恥心で揃って『泣かないで』歌って踊ったら、あまりのグダグダさ加減と恥ずかしさでこっちが泣きそうになりました」と結婚式で「羞恥心」を再結成したことを明かし、「人生の分岐点で誘導してくださった神原さん、今日は素晴らしい人生の分岐点、末永くお幸せに!御結婚おめでとうございます」とコメントした。

     ファンからは「懐かしい」「このスリーショット最高」「復活ライブとかしてほしいー」などのコメントがよせられた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170129-00000215-sph-ent


    【【話題】「羞恥心」が久々スリーショット!『泣かないで』歌って踊った!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    【話題】中居正広「肝炎の疑い」、フジ「ノンストップ」が番組冒頭で伝える



    (出典 up.gc-img.net)


    スターどっきり 中居正広

    (出典 Youtube)





    1 YG防衛軍 ★@\(^o^)/ :2017/01/30(月) 10:37:38.51 ID:CAP_USER9.net

    フジテレビ系情報番組「ノンストップ」(月~金曜・前9時50)は30日の生放送冒頭で、気管支炎と肺炎のため入院していた中居正広(44)が「肝炎の疑い」があったことを取り上げた。

     中居は28日深夜に放送されたニッポン放送「中居正広 ON&ON AIR」(土曜・後11時)で、自身の入院について初めて語り「病院行ったら、すぐ入院してくださいって。微熱なんだけれど。何十年かぶりに収録に行けなかったんだよね。行くつもりだったんだけど、血液検査の値がよくなくて」「採血したら、軽い肝炎だったの。A型かB型かはわからないんだけど、肝炎の疑いがありますって言われて…。もう治りましたけど」と肺炎と気管支炎のほかに、肝炎の疑いがあったことも明かした。

     「ノンストップ」では、ラジオ番組を報じたスポーツ紙の報道を引用する形で中居の入院を紹介。この日の新聞のテレビ欄に「中居正広肝炎の疑いも ラジオで入院生活語る」と紹介し、番組の冒頭で話題を伝えた。

     なお出演者らはこの件にコメントすることなく、番組は別の話題に進行していった。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170130-00000091-sph-ent


    【【話題】中居正広「肝炎の疑い」、フジ「ノンストップ」が番組冒頭で伝える】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    【驚愕】急増する高齢ストーカー……その心理を 精神科医が解説



    急増する高齢ストーカー……その心理を精神科医が解説
    教えて!goo ウォッチ

    近年、高齢者が起こすストーカー事件が目立つようになった。警察庁の発表によると、2015年のストーカー事案で、加害者のおよそ1割が60歳以上の高齢者。ストーカーというと若者の犯罪というイメージがあるが、なぜ高齢者によるストーカーが増加しているのだろうか。専門家に聞いてみた。

    ■高齢者をストーカー行為へと駆り立てるものとは

    お話を伺ったのは、精神科医の福井裕輝さん。性犯罪加害者専門の治療機関である「性障害専門医療センターSOMEC」の代表を務める福井さんによると、高齢者によるストーカーが増加した背景には、昨今の社会不安があるのだという。

    「高齢者のストーカーが増加したのは、人口に対して単純に高齢者の割合が増えたからとも考えられますので、はっきりとした原因は分かりません。しかし、貧困問題や人間関係の希薄化により、強い孤立感を抱えている高齢者が多いのは事実だと思います。こうした不安感も伴い、女性から少し親切にされただけで、相手も自分に好意があると勘違いしてストーカー行為に走ってしまうのです」(福井さん)

    核家族化が進む現代、妻に先立たれて一人ぼっちになったり、退職後にやりがいと呼べるものが全く無くなってしまうなど、高齢者は孤独や不安に陥りがちだ。全く知らない相手に付きまとうというケースは少なく、同じサークル内や取引相手など、ある程度近しい関係にいる女性がターゲットとなるという。また、少し意外かもしれないが、若い女性だけでなく加害者と同世代の女性による被害相談件数も多い。

    ■高齢ストーカーになりやすいタイプを分析

    それでは、どのような性格の人がストーカーになりやすいタイプといえるのだろうか。

    「加害者のカウンセリングを行っていて感じるのは、価値観が偏っていて柔軟性がない人が多いということです。今の若者は現実的というか、仕事のほかに、趣味など別の自分の世界を持っています。しかし、いわゆる団塊世代は受験戦争を経て企業戦士となり、居心地が悪くても定年まで我慢して働くことが当たり前という考えが一般的です。家庭も顧みず、退職した後に趣味も何もないという人は多いです。また、プライドが高く、社会的な序列で他人を判断するという傾向も見受けられます」(福井さん)

    ストーカー加害者は、圧倒的に男性が多い。男性は女性に比べて仕事以外のコミュニケーションを取ることが苦手だといわれるが、退職後も社会との関わり合いを持ち続けることが重要だ。

    「若いうちから仕事だけではなく、趣味を持ったり、サークルやボランティアなどの社会的な活動に積極的に参加することは大切です。社会と関わったり、やりがいを持つことにより、ストーカー行為を行っていた相手に対する気持ちが違う方向に向かっていきますからね。よってカウンセリングの際にも勧めることが多いです」(福井さん)

    高齢社会の日本が昨今抱えている問題は実にさまざまだが、根底にあるものは同じであると福井さんは指摘する。人間関係の希薄化による強い孤立感と貧困による不安感。これらが近隣トラブルやうつ、犯罪など形を変えて表面化するのだという。

    孤立と貧困は、いまやどの世代にも通じる深刻な問題だ。いつ自分や自分の周囲に降りかかってきてもおかしくないということを肝に銘じる必要があるだろう。

    「教えて!goo」では「日本が抱える高齢者の問題にはどんなことがあると思いますか?」ということで皆さんの回答を募集中だ。

    (酒井理恵)

    教えて!goo スタッフ(Oshiete Staff)



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【驚愕】急増する高齢ストーカー……その心理を 精神科医が解説】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    【スポーツ】『内田篤人』について画像をまとめてみた


    シャルケ内田篤人「チームメートを理解するところから」 - 日刊ゲンダイ

    2016年12月8日の欧州リーグ(EL)のザルツブルク戦。後半38分にピッチに送り込まれた内田篤人は、実に1年9カ月ぶりの公式戦出場を果たした。引退危機も囁かれた日本代表右サイドバックの復活は、ハリルホジッチ監督にも前向きに受け止められた。 「内田は素晴らしい。
    (出典:日刊ゲンダイ)



    (出典 40.media.tumblr.com)



    【【スポーツ】『内田篤人』について画像をまとめてみた】の続きを読む

    このページのトップヘ