ニュース annぶろ

まとめニュース、芸能・スポーツ・事件・事故・ファッションなど。様々なニュースを画像・動画を使いながら独自に堀さげ毎日紹介しています。読みたい記事が必ず見つかるはずです!! 

    まとめニュース、芸能・スポーツ・事件・事故。様々なニュースを独自に堀さげながら、画像、動画を使って毎日紹介しています。読みたい記事が必ず見つかるはずです!!

    2017年04月

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 img.josei-bigaku.jp)





    1 風吹けば名無し@\(^o^)/ :2017/04/06(木) 06:23:55.57 ID:6z6n2Ebp0.net

    この日、ブランディー・ブレナーさんと夫のニックさんは2歳になる娘のソフィアちゃんを連れて「Target」に出かけた。
    ソフィアちゃんはここ1か月間、トイレトレーニングが順調で「そのご褒美に」とやって来た。ソフィアちゃんは人形が大好きで、今回選んだのはお医者さんの格好をした人形だった。

    レジカウンターへ行くとスタッフ(性別・名前は明かされていない)が「誰かのお誕生日会に行くの?」とソフィアちゃんに話しかけた。
    また「その人形、お友達のために選んであげたの?」と訊ねたため、母のブランディーさんが事情を説明し「娘へのご褒美なの」と答えると、スタッフは困惑した様子でソフィアちゃんに問いかけた。

    「あなた、本当にその人形が欲しいの?」

    ソフィアちゃんが選んだのは、黒人の女の子がお医者さんの格好をした人形だった。
    「うん!」と返事をするソフィアちゃんに、スタッフは「でも、その人形はあなたに似ていないよ。ここにはあなたに似たお人形がたくさんあるよ」と言った。

    それを聞いていたブランディーさんは、怒りを感じた。ソフィアちゃんが白人だからといって自分と同じ肌の色の人形を選ばなければならない理由はどこにもない。
    むしろ肌の色など問題ではないから娘はこの人形を選んだのだ…ブランディーさんが差別発言ともとれる言い方をしたスタッフに苦情を言おうとすると、ソフィアちゃんがスタッフにこう伝えたのである。

    「ううん、(私に)似てるわ。私はお医者さんで、この子もお医者さんなの。私も可愛いし、この子も可愛い。見て、この子の髪かわいいでしょう。聴診器もあるのよ。」

    ソフィアちゃんは若干2歳でありながらお医者さんに非常に強い憧れを抱いているために、今回この人形を選んだのだとブランディーさんはFacebookアカウント「Love What Matters」の中で綴っている。


    【【差別反対】店員の人種差別発言に対する2歳女児の反論が話題に 15万超の「いいね!」寄せられる】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 blogimg.goo.ne.jp)





    1 みつを ★ :2017/04/06(木) 05:17:05.96 ID:CAP_USER9.net

    http://jp.mobile.reuters.com/article/idJPKCN1232D5

    [東京 4日 ロイター] - 北朝鮮の弾道ミサイル開発が、日本の予想を上回るペースで進んでいる。自衛隊は迎撃ミサイルの能力向上を計画しているが、着手するのは今のところ来年度から。自衛隊の防御能力を超える撃ち方をされた場合、現状は「迎撃困難」だと、日本の安全保障政策に携わる複数の関係者は口をそろえる。

    <望みは米国の抑止力>

    北朝鮮は今年に入り、計21発の弾道ミサイルを発射。関係者の話を総合すると、日本政府は特に6月22日の「ムスダン」、9月5日の「ノドン」とみられるミサイルの発射手法に懸念を強めている。

    中距離弾ムスダンは米領グアムを射程に収めるが、北朝鮮はこのとき意図的に角度をつけて高く撃つ「ロフテッド軌道」で発射。1000キロを超す高さまで上昇した後、鋭角な放物線を描いて日本海に落下した。「高度1000キロはまさに宇宙空間。現状では撃ち落とすのは難しい」と、日本の政府関係者は言う。

    日本は自国領域に落下が予想される弾道ミサイルに対し、上層と下層で迎撃する二段構えの対応を整備してきた。まず、イージス艦から「SM3」ミサイルを発射し、大気圏外で迎撃。撃ちもらした場合、地上に展開した「PAC3」ミサイルで対処する。

    しかし、現行のSM3は1000キロの高さまで上昇するのは不可能だという。今回のような手法でムスダンを発射された場合、弾道ミサイルの飛行速度が最も落ちる放物線の頂点で迎撃することはできない。「あとは地上に落ちてくるところをPAC3で撃ち落とすしかない」と、自衛隊幹部は話す。

    だが、今のPAC3の性能では、秒速3─7キロで大気圏に再突入してくる中距離弾道ミサイルの速度には対応できない恐れがあるという。

    日本政府は以前から、北朝鮮が2010年代のどこかの時点で、ロフテッド軌道でミサイルを撃てるようになると予想。米国と高度1000キロ以上に到達するSM3改良型の共同開発に取り組み、17年度から量産に入る計画を立てていた。「北朝鮮のミサイル開発は予想していたよりも少しペースが速い」と、別の自衛隊幹部は言う。

    防衛省は来年度からSM3改良型を調達、PAC3の改修にも乗り出す。いずれも高度、距離、速度の向上を見込んでいる。しかし、「現時点では米国の抑止力に期待するしかないかもしれない」と、自民党国防部会のメンバーは語る。北朝鮮にミサイル発射をとどまらせるよう、米国の打撃力に依存するしか手はないとの考えだ。
    (リンク先に続きあり)

    (久保信博、ティム・ケリー 編集:田巻一彦)

    2016年 10月 4日 7:16 AM JST


    【【北朝鮮ミサイル】想定上回る北朝鮮のミサイル開発、日本は現状「迎撃困難」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 japan.cnet.com)





    1 ばーど ★ :2017/04/05(水) 07:36:49.17 ID:CAP_USER9.net

    インターネット上の仮想通貨、ビットコインの利用が国内でも増える中、大手家電量販店のビックカメラが東京都内の一部の店舗で支払いの手段として、導入する方針を固めました。

    関係者によりますと、ビックカメラは東京・千代田区と新宿区の2店舗で、7日からビットコインで支払いができるようにする方針を固めました。

    大手の小売業で、ビットコインの導入は珍しいということですが、この会社では普及が進んでいる海外からの旅行者の利用に加え、
    今後は国内の利用者も増えると見込んでいて、全国の店舗への拡大も検討していくということです。

    ビットコインはインターネット上でやり取りされる仮想通貨の1つで、スマートフォンで送金ができ、手数料が安いことが特徴で、国内でも導入する飲食店などが増えています。

    仮想通貨をめぐっては、3年前に取り引きの仲介業者が経営破綻したのをきっかけに、今月から仮想通貨と、実際の通貨を交換する業者が登録制となるなど規制が強化されました。
    利用者保護の取り組みも進む中、小売店の間で導入が広がっていくのか、注目されます。

    配信 4月5日 4時32分

    NHK NEWS WEB ニュースサイトを読む
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170405/k10010937211000.html?utm_int=all_side_ranking-social_001


    【【企業】ビックカメラ 仮想通貨ビットコインを支払いに導入へ 大手小売りでは珍しく】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 www.kawapaper.com)





    1 juggler ★@\(^o^)/ :2017/04/05(水) 21:37:54.69 ID:CAP_USER9.net

    スタジオカラー公式Twitterが庵野秀明監督の次回作「シン・エヴァンゲリオン劇場版」が鋭意制作中であることを報告しました。ついに本当に作ってるー!?

    同アカウントは「『シン・エヴァ』の打ち合わせ。鋭意制作中です!」と簡潔なメッセージを、写真付きで投稿。ツイートは1時間を待たずに2000回以上リツイートされています。
    モノトーン処理がされた写真はカラー内の打ち合わせ室のようで、卓上には打ち合わせで使用すると思われる資料が規則正しく並べられています。次作のネタバレが含まれているためか、画像にはモザイク処理も。

    庵野さんは2015年のコメントで、前作「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」を作り終えた直後の様子について、「エヴァ:Qの公開後、僕は壊れました。所謂(いわゆる)、鬱状態となりました。
    6年間、自分の魂を削って再びエヴァを作っていた事への、当然の報いでした」と、しばらく監督業が手につく状況ではなかったことを告白しています。ただしその後もプロジェクトが完全に停止していたわけではないようで、
    「シン・ゴジラ(当初はゴジラ新作映画と呼称)」の監督を引き受けたことを報告した際には、「シン・エヴァンゲリオン劇場版の完成への実現に向けた作業も、なんとか進められています」と、ゴジラと平行して地道に作業を進めていることをアピールしていました。

     2016年に開催された「カラー10周年記念展」では、説明書きの無い謎の展示コーナーが「シン・エヴァ」の資料ではないかとウワサされるなど、ファンを喜ばせました。
    同展示内で上映された、安野モヨコさん原作の短編アニメ「おおきなカブ(株)」では、巨大なカブ(シン・ゴジラ)を作り終え、次の作品に挑む覚悟ができたおじいさん(庵野さん)の姿も見ることができました。
    先行内覧会での囲み取材にて、庵野監督は編集部の「次回のエヴァは東京五輪までに見られますか?」という質問に対し、「いやー分からないけれど、頑張っています」と答えていましたが、果たして……? 続報に期待したいところです。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170405-00000093-it_nlab-ent


    (出典 i.imgur.com)


    【シン・エヴァンゲリオン劇場版、ついに起動か。公式「鋭意製作中」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 www.mhlw.go.jp)





    1 イセモル ★ :2017/04/06(木) 03:13:08.58 ID:CAP_USER9.net

    虐待などにより親元で育てられない子供の養育里親について、大阪市が男性カップルを認定したことが5日、市への取材で分かった。厚生労働省は同性カップルの里親認定について「聞いたことがない」としており、全国初とみられる。

    大阪市によると、昨年12月、市内在住の30代と40代の男性を養育里親と認定した。市は、養育する子供については詳細を明らかにしていない


    下記が引用元になります|ω・)
    https://mainichi.jp/articles/20170406/k00/00m/040/154000c

    ★1が立った日時→4月6日(木)00:04:55
    前スレ
    【社会】養育里親、男性カップルを大阪市が全国初認定
    http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1491404695/


    【【社会】養育里親、男性カップルを大阪市が全国初認定 ★2】の続きを読む

    このページのトップヘ