ニュース annぶろ

まとめニュース、芸能・スポーツ・事件・事故・ファッションなど。様々なニュースを画像・動画を使いながら独自に堀さげ毎日紹介しています。読みたい記事が必ず見つかるはずです!! 

    まとめニュース、芸能・スポーツ・事件・事故。様々なニュースを独自に堀さげながら、画像、動画を使って毎日紹介しています。読みたい記事が必ず見つかるはずです!!

    2017年08月

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    「美人をえこひいきしますか?」男性500人に尋ねた結果…



    「美人をえこひいきしますか?」男性500人に尋ねた結果…
    Menjoy!

    「もう男って美人には甘いんだから!」と思わず憤慨したくなったことありませんか? 男性たちはタテマエではきっとこう言うでしょう。「そんなつもりはない。皆に平等に接しているよ」と。でも、ホンネの部分ではどうなのでしょうか!? そこで今回は、“美人に対するえこひいき”に関するアンケート調査結果をお届けします!

    「美人をえこひいきした経験はありますか?」

    『Menjoy!』では、20代~40代の男性500人に“美人に対するえこひいき”に関する質問3問に答えてもらいました。

    1:「美人をえこひいきした経験はありますか?

    「ある」・・・158人(31.6%)

    「ない」・・・342人(68.4%)

    2:「美人が仕事でミスしたとき、つい大目に見たことはありますか?」

    「ある」・・・151人(30.2%)

    「ない」・・・349人(69.8%)

    3:「美人に、金銭面でつい大盤振る舞いしたことはありますか?」

    「ある」・・・125人(25.0%)

    「ない」・・・375人(75.0%)

    美人をえこひいきしたことのある男性、仕事面で甘い顔をした経験のある男性の割合は3割程度。そして、美人に対してはつい財布の紐がゆるくなっちゃう男性は4人に1人程度とのことです。

    「あれっ、意外と低い?」という気がしませんか? でも、これはあくまで男性の自己申告ですからね。無意識のうちにえこひいきしちゃっている男性を含めると、「ある」の割合はもっと高まるものと思われます。

    「美人に対してどんなイメージを抱きますか?」

    次に、男性たちに“美人に対して抱くイメージ”として、4つの項目のなかから当てはまるものを全て選んでもらいました。

    女性511人に対しても同じアンケートに答えてもらったので、その違いをお見せしましょう。

    美人に対して“仲良くなりたいor近寄りがたい”に関しては、女性では半数近くが「近寄りがたい」を選んでいるのに対し、男性では「仲良くなりたい」が「近寄りがたい」を上回っています。

    また、“美人は性格がいいか悪いか”については、しばしば論争になりますが、“美人=性格がいい”と感じる男性の割合は女性のおよそ2倍。

    もちろん、一口に“美人”といっても癒し系からクール系まで個性は千差万別なので、美人に対するイメージを一律に決することはできません。ただ、このアンケート結果を見る限りでは、美人に対する好感度は女性よりも男性のほうが高いことがうかがえますね。

    【特集】「男性はここを見ている!」お家デートで気を付けるポイント

    「美人に対してどんなえこひいきをしたことがありますか?」

    男性たちに、美人に対して実際にしたことのある“えこひいき”の内容についても尋ねてみました。

    「バイトの面接に来たときは即採用」(43歳、営業・販売)

    「他の人に比べて美人から依頼された仕事の方をついつい優先してしまう」(47歳、総務・人事)

    「好きな女優に似ていて、ミスを自分のせいにした」(37歳、営業・販売)

    「少し多めにお菓子をあげる」(33歳、営業・販売)

    「割り勘の所をご馳走した」(26歳、学生・フリー)

    「塾でアルバイトをしていたときに、美人の生徒にたくさん時間を割いてしまった」(32歳、その他)

    仕事や金銭、その他さまざまな面で、つい美人を優遇してしまうのが偽らざる男心!?

    と、ここまでの流れでは「美人ってやっぱりお得じゃん!」という気がしますが、以下に挙げるとおり“えこひいき=お得”とは限らないようです。

    それって正直ありがた迷惑なんじゃ……

    「外回りするときに、よく連れていった」(48歳、その他)

    「かわいい部下は飲み屋に連れて行き、それ以外は誘わなかった」(42歳、その他)

    「会社で自分と話を長くしてほしいから、長話を吹っ掛けて時間を稼いだ」(38歳、研究・開発)

    えこひいきというか、美人にはついついちょっかいをかけてしまうというコメントも散見されました。

    美人の側からすれば、気のない相手からちやほやされすぎるのもちょっとうっとうしい……というマイナス面はあるかもしれませんね。

    また、“ミスを大目に見てもらえる”というのも、一時的にはうらやましい反面、ミスを矯正する機会が失われてそのぶん仕事での成長が遅れるという弊害もあるといえるでしょう。

    以上、美人に対する男性の本音をお届けしましたがいかがでしたか? やっぱり何だかんだ言っても、男性は美人にはつい甘くなる傾向はあるようです。

    ただ、女性は肌のお手入れやメイクしだいで美人度をアップさせることは可能。美人に甘い男性に憤慨するよりも、キレイを目指す努力を積み重ねるほうが建設的かもしれませんね。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【「美人をえこひいきしますか?」男性500人に尋ねた結果…】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    おっぱいを揉んで気になるあの子を救う、ジャンプ+で新鋭のラブコメ連載



    「ハイリスクミッションセラピー」のカラーカット。(c)仲島歩/集英社
    コミックナタリー

    少年ジャンプ+にて新鋭・仲島歩の新連載「ハイリスクミッションセラピー」が、本日8月22日にスタートした。

    【大きな画像をもっと見る】

    「ハイリスクミッションセラピー」は突如胸に痛みが走るという新病・モンデレラ症候群に罹ってしまった女子高生・菅殿と、クラスメイトの男子・江戸川が織りなすラブコメディ。発作を抑えるのには、投薬と男性によるマッサージが効果的とされるモンデレラ症候群の発作が学校で起きてしまった菅殿は、偶然出くわした江戸川に「おっぱい…もんでくれませんか?」と頼み込む。同作は今後毎週火曜日に更新されていく。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【おっぱいを揉んで気になるあの子を救う、ジャンプ+で新鋭のラブコメ連載】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    たばこの受動喫煙で年1.5万人死亡…厚労省発表にJTが反論「科学的な結論は得られていない」



    「Thinkstock」より
    Business Journal

     たばこの受動喫煙防止対策の強化を図る健康増進法改正案が、秋の臨時国会で提出される見込みだ。当初、同案は通常国会での提出が予定されていたが、厳格な規制を求める厚生労働省と反発する自民党の間で足並みが揃わなかった。

     国の対策が進まないなか、東京都の小池百合子知事は独自の受動喫煙防止条例を制定する動きを見せている。背景にあるのは、2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピックの存在だ。世界保健機関(WHO)と国際オリンピック委員会(IOC)は、いずれも「たばこのない五輪」を求めている。

     そもそも、受動喫煙の健康被害をめぐっては、さまざまな意見がある。昨年8月には、国立がん研究センターの「受動喫煙による日本人の肺がんリスク約1.3倍」という発表に、日本たばこ産業(JT)が「因果関係を結論づけることは困難」と反論、見解の相違が注目を浴びた。

     今年5月には、WHOが「喫煙やたばこ類の使用により、毎年700万人以上が命を落とし、経済的損失は1兆4000億ドル(約155兆円)に上る」という旨の報告書を発表した。WHOは、喫煙による死亡者は今後も上昇し続け、今世紀中に10億人以上に達するとも指摘している。これについてJTに聞くと、以下のような回答を得た。

    「『喫煙が社会全体に多大な損失をもたらしている』という主張で用いられている、WHOなどによるこの種の推計は、喫煙者率や疫学調査によるリスク比など、前提の置き方で結果が大きく異なるものであり、断定的に取り扱うことはできません」(JT・IR広報部)

    ●日本では受動喫煙で年間1.5万人が死亡?

     日本でも、昨年5月に厚労省の研究班が「受動喫煙が原因で死亡する人は、年間1万5000人に上る」という推計を発表している。それによると、死因は脳卒中がもっとも多く、次いで虚血性心疾患、肺がんとなっている。これについて、JTは以下のように回答する。

    「本推定は、受動喫煙によってリスクが上昇するという結果に基づく科学論文から引用された肺がん、虚血性心疾患、脳卒中などのリスク比や、アンケートに基づく受動喫煙を受ける人の割合の引用など、さまざまな仮定や前提を置いて試算されたものであると考えられます。

     喫煙と健康に関する当社のスタンスについては、従来より変更はありません。受動喫煙によって『リスクが上昇する』という結果と『上昇するとは言えない』という結果の両方が得られており、いまだ科学的に説得力のあるかたちでの結論は得られていないものと認識しています。

     しかしながら、たばこの煙はときとしてたばこを吸われない方にとって迷惑となり、また、マナーをわきまえない喫煙は社会の迷惑となります。その観点からも、当社としては、これまでもそして今後も、受動喫煙防止の取り組みを関係する方々と共に進めていく所存です」(同)

     JTは、この厚労省の発表についてホームページで「周囲の方の吸い込む煙の量は非常にわずかであり、たばこを吸われる方が吸い込む煙の量と比べ数千分の一程であるとの報告もあります」と反論している。これについて、具体的な根拠はあるのだろうか。

    「たばこを吸われない方の吸い込む煙の量は、環境下や指標(マーカー)によって幅があります。喫煙者との比較については、Benowitz(Epidemiologic Reviews,1996,18,2,188-204)がまとめた報告があります。また、国内のデータとして、平成15年の『国民健康・栄養調査』(p262、267)において、喫煙者と非喫煙者の血中コチニン濃度分布が示されており、両者に数百~数千程度の差が認められております」(同)

    ●JT「日本は世界一の受動喫煙対策都市になれる」

     昨年8月の厚労省の「たばこ白書」の中には、日本は「受動喫煙防止対策」「脱たばこ・メディアキャンペーン」「たばこの広告・販売・後援の禁止」において「最低レベル」というWHOによる判定がある。日本は“脱たばこ”において遅れているのだろうか。

    「受動喫煙防止対策については、各国の社会・文化背景も異なることから、一概に比較評価することは違和感があります。日本は、海外に比して屋外での禁煙・分煙が圧倒的に進んでいます。

     一方、欧米など諸外国では、屋内を原則喫煙にしているものの、一歩外に出ればどこでもたばこを吸える環境である国が多いと承知しています。

     よって、社会全体、街全体で考えれば、日本の対策は決して海外から遅れているものではなく、逆に、さらに屋外・屋内の対策を適切に進めることにより、世界で一番進んだ受動喫煙対策都市を実現できるものと考えています」(同)

     また、「たばこ白書」には厚労省の「屋内の100%禁煙化を目指すべき」という主張も伝えられている。これを、JTとしてはどのようにとらえるのか。

    「受動喫煙防止を徹底していくという点については異を唱えるものではなく、 当社としても積極的に取り組みを進めているところです。一般論として、規制を導入する場合には、規制と規制による影響のバランスを考慮しつつ、適切な規制を行うべきであり、バランスを欠いた一律で過度な規制については反対の立場です。

     日本では、屋内・屋外の双方で禁煙化・分煙化が進んでいる状況のなか、受動喫煙防止対策の強化は、業種や事業の実態に応じたさまざまな『分煙』のさらなる推進によって達成できると考えます」(同)

    ●日本医師会ら、屋内全面禁煙の要望書を国に提出

     また、昨年12月には、禁煙推進学術ネットワークや日本医師会などが公共の場所や職場などの屋内を完全禁煙化する法律を求める要望書を国に提出した。今年8月には、日本医師会、日本歯科医師会、日本薬剤師会、日本看護協会の4団体が「『屋内全面禁煙』を求める署名が約270万人に達した」と発表しており、今後、安倍晋三首相や加藤勝信厚労大臣に要望書を提出する構えだ。

    「一般に規制の導入にあたっては、規制による効果と、逆に規制により受ける影響が事実に基づき十分に議論された上で、最終的には、規制の内容が合理的かつ現実的な内容であるべきと考えています。そのため、影響を受ける事業者や施設管理者、あるいはさまざまな業種業界の声を広く傾聴しながら、検討を進めていただきたいと考えます」(同)

     紆余曲折はあれど、これから社会は受動喫煙防止の方向に進む可能性が濃厚だ。この時代に、JTは「分煙」や「喫煙者と非喫煙者の共存」について、どのようなビジョンを描いているのだろうか。

    「当社は『たばこを吸われる方、吸われない方が協調して共存できる社会が実現されること』が望ましいと考えております。たばこを吸われる方と吸われない方のどちらか一方が我慢することなく、お互いに認め合い、配慮し合うことにより共存が可能と考えております。

     そのような『協調ある共存社会』の実現に向け、たばこを吸われる方への『マナー向上の呼びかけ』や『分煙環境の整備』や『たばこの周囲への迷惑を軽減できるような製品の研究開発』など、さまざまな取り組みを行っております。

     特に分煙の取り組みについては、行政や施設管理者と協動して、屋内外で適切な分煙環境の整備を推進しています。全国に約200人の分煙コンサルタントを配置し、これまでに6000カ所以上の喫煙場所の設置活動を実施しています」(同)

     五輪が開かれる20年、東京の街はどのようになっているのだろうか。
    (文=編集部)



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【たばこの受動喫煙で年1.5万人死亡…厚労省発表にJTが反論「科学的な結論は得られていない」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 cdn.mdpr.jp)





    1 湛然 ★@\(^o^)/ :2017/08/21(月) 05:24:56.68 ID:CAP_USER9.net

    2017.08.21 05:00

    グラビア界に新たな逸材 8等身のグラマラスボディで“初仕事が初表紙”華村あすか

    21日発売の「週刊プレイボーイ」36号の表紙、及び巻頭グラビアは、初仕事にして初グラビアとなった異例の新人・華村あすか(はなむら・あすか)が飾った

    1999年3月18日生まれ18歳の華村は、今春に進学とともに山形県から上京。現在は学校をやめて女優の道一本に絞って活動を始めたばかり。

    顔合わせの際、担当者が「まだこんなコがいるんだ…」と本気で思ったほど。誌面では清楚な顔立ちと程よい肉付きの8頭身グラマラスBODYを披露している。

    (中略)

    華村あすか(はなむら・あすか)プロフィール
    生年月日:1999年3月18日
    出身:山形県
    サイズ:T168 B86 W60 H83
    趣味:歌うこと、体を動*こと
    特技:バスケットボール



    (出典 cdn.mdpr.jp)


    (出典 cdn.mdpr.jp)

    https://mdpr.jp/news/detail/1708412


    【【芸能】グラビア界に新たな逸材…"華村あすか" 8等身のグラマラスボディで“初仕事が初表紙”】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 upload.wikimedia.org)



    1 パピコ ★ :2017/08/21(月) 10:49:28.80

    第99回全国高校野球選手権第12日(20日、甲子園)、
    前日(19日)の大阪桐蔭(大阪)戦で走塁中に相手一塁手の足を蹴ってしまった仙台育英(宮城)の渡部夏史捕手(3年)が、
    準々決勝・広陵戦(広島)のスタメンを外れた。
    前夜、佐々木監督から言い渡されたといい、代わりに尾崎(3年)が先発マスクをかぶった。

    理由について渡部は「監督から『大阪桐蔭に勝ったことで、本気で(優勝を)狙いにいける。
    準決、決勝と連戦になる』と言われたので。桐蔭からも(優勝を)『頼む』と言われた」と休養のためであることを強調した。

    7回に足を蹴ってしまった後、9回二死から大阪桐蔭の一塁手の足がベースを踏んでいなかったことで試合終了とならず、
    直後に仙台育英がサヨナラ勝ちを決めた。

    それだけに渡部の“足蹴り”はネットで炎上。

    SNSを持っていたが「監督から『危ないからちょっとやめろ』と言われました」と閉鎖。
    蹴った状況について聞かれると「それについてはあんまり…」と口を閉ざした。

    仙台育英のムードメーカーで佐藤世那投手(現オリックス)の弟・佐藤令央(3年)は
    「いろいろ騒ぎになってるらしいですけど、渡部も一生懸命にプレーした上でああなったわけで、別にわざとやったわけではないんで。

    いろいろ書きたがる人はいるかもしれないけど、高校野球ではこういうことはあり得ることなので渡部を責めることはおかしい。
    渡部は落ち込んでいる感じがあるので元気にさせて、チームのみんなで守っていこうと話している」という。

    スタメンを外れたことについて渡部は「出たい気持ちはあるが、監督を信じています。
    信じたからこそ昨日みたいな試合ができたので」と気丈に語った。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170820-00000006-tospoweb-base

    動画

    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)


    ◆前スレ
    【高校野球】仙台育英・渡部の“足蹴り”が炎上…監督の指示でSNS閉鎖、準決勝スタメン外れる チームメイト擁護「わざとじゃない」 ★12
    http://hayabusa9./test/read.cgi/mnewsplus/1503271377/

    ★1=2017/08/20(日) 15:42:19.36
    http://hayabusa9./test/read.cgi/mnewsplus/1503211339/

    ◆関連スレ
    【高校野球】3回戦 仙台育英2-1大阪桐蔭:仙台育英9回逆転サヨナラ!大阪桐蔭の春夏連覇砕く★17
    http://hayabusa9./test/read.cgi/mnewsplus/1503223771/
    【高校野球】仙台育英・長谷川、先発回避で散る…“SNS騒動”の渡部は欠場
    http://hayabusa9./test/read.cgi/mnewsplus/1503271712/


    【【高校野球】仙台育英・渡部の“足蹴り”が炎上…監督の指示でSNS閉鎖、準決勝スタメン外れる チームメイト擁護「わざとじゃない」】の続きを読む

    このページのトップヘ