ニュース annぶろ

まとめニュース、芸能・スポーツ・事件・事故・ファッションなど。様々なニュースを画像・動画を使いながら独自に堀さげ毎日紹介しています。読みたい記事が必ず見つかるはずです!! 

    まとめニュース、芸能・スポーツ・事件・事故。様々なニュースを独自に堀さげながら、画像、動画を使って毎日紹介しています。読みたい記事が必ず見つかるはずです!!

    カテゴリ: スポーツ

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 waowaowao.com)



    1 動物園φ ★ :2017/05/09(火) 11:43:30.46

    ヤンキース 310 010 230 - 10
    レッズ............. 100 010 200 - 4

    勝 田中 5勝1敗 防御率4.36
    負 デービス 1勝2敗 防御率7.58

    https://baseball.yahoo.co.jp/live/mlb/game/live/?id=2017050903

    田中将大成績
    https://baseball.yahoo.co.jp/mlb/teams/player/pitcher/stats/2991207?gt=10
    http://m.mlb.com/player/547888/masahiro-tanaka

    順位表
    https://baseball.yahoo.co.jp/mlb/standing/


    【【MLB】田中マー君、5連勝で両リーグトップタイの5勝目!7回4失点10被安打も味方が援護】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 hayabusa.io)





    1 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ :2017/05/08(月) 05:12:22.35ID:CAP_USER9.net

    ボクシングの元3階級王者、亀田興毅氏(30)が7日、都内のスポーツ施設で行われたAbemaTV開局1周年記念スペシャル企画「亀田興毅に勝ったら1000万!」に出演、
    同番組は、午後6時から5時間にわたって生放送されたが、
    視聴アクセスが殺到、第一試合の始まる午後7時40分ごろから第2試合の終わる21時頃まで一時的に配信サーバーがダウンする異例のアクシデントがあった。
    ユーチューブ、フェイスブックに誘導されて視聴は可能だったが、1300万アクセスを超えるAbemaTV開業以来、最多視聴数を記録した。

    AbemaTVは、早実の清宮幸太郎が出場した高校野球の春季東京都大会も生放送して18-17で決着する死闘に視聴者が殺到していたが、その数字を遥かに越える人気となった。

    「亀田興毅に勝ったら1000万」は、一般の視聴者から挑戦者を募集、2983人もの応募者からオーディションと予選スパーリングなどを行い、
    ホスト、ユーチューバー、高校教師、元暴走族総長という強烈なキャラクターを持つ4人が選ばれた。
    安全確保のためヘッドギアと練習用の14オンスの大きいグローブを使い、
    一人3分3ラウンドの試合を亀田氏が順番に4試合戦う特別企画。判定ナシのKO、TKOのみで決着という特別ルールだった。 

    AbemaTVの関係者は「対戦相手を決める過程もあって、予約の段階で14万件もあり、現役時代から高い視聴率を残すなど人気だった亀田さんと、
    企画の中身に興味を抱いてもらったのでしょうが、予想以上の反響で視聴者の方々に迷惑をおかけしました」と説明したが、
    1年半のブランクを経た亀田氏が、個性のある素人相手にどんな戦いをするのか、という興味と話題性に、
    アンチファンを含め、かつて亀田氏のボクシングを見てきた層を掘り起こしたのだろう。

    企画の中身は、エンタメとスポーツの中間を取ったもの。
    今回の企画の製作スタッフがTBS系列で元WBA世界ミドル級王者の竹原慎二氏らが個性豊かな素人をプロボクサーへと鍛え上げていく過程が人気を博した
    「ガチンコファイトクラブ」と同じのため、その“リアリティバラエティ番組”だったガチンコファイトクラブのコンセプトを継承した企画内容になった。

    応募には天才キックボクサー、那須川天心の名前もあったというが、未成年であることと、“エンタメボクシング”の企画の主旨にそぐわないことから、現役格闘家、元プロボクサーは除外されている。
     
    会場には、新宿にある巨大なスポーツ施設が使われ、出場選手の応援団や関係者だけが招待されるクローズドなものだったが、1000人近い人で埋まって熱気ムンムン。
     
    競技ではなくエンタメ要素の強い「元世界王者vs素人」の試合を真面目に賛否するのは本意ではないので、
    試合内容を簡単に記すことにするが、第一試合の相手は、歌舞伎町のホストクラブの支配人、神風永遠さん(28)で喧嘩無敗がキャッチフレーズだった。
    引退した大毅氏をセコンドに従え登場した亀田氏は、ガードをしっかりと固めてチャンスを伺いながら左ボディから左フックで2度、ダウンを奪い、最後は、左ボディ3発から左フックでフィニッシュ。
    ドクターを待機させていたが、急いでリングに駆け込むほどの強烈なダウンシーンだった。もっと遊んで終わらせるのかと予想していたが、想像以上に亀田氏は本気モードだった。
    「世界チャンプは倒して当たり前、ちょっとでもやられると、ボクシングというものが*にされる」という気持ちと、1年半ものブランクに対する不安が余裕をなくしていたのかもしれない。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170508-00000001-wordleafs-fight
    THE PAGE 5/8(月) 5:00配信


    【【ボクシング】亀田興毅氏が1000万円マッチで配信サーバーをダウンさせた理由とは?1300万アクセス超 開業以来最多視聴数】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 irodori-terrace.com)





    1 ねこ名無し ★@\(^o^)/ :2017/05/07(日) 00:22:36.08 ID:CAP_USER.net

     「予選通過が無理だなと思っていたので、優勝したぐらいうれしい」

     韓国で“セクシークイーン”の異名を取り、女子ゴルフ「ワールド・サロンパス杯」(茨城GC西コース)で日本ツアーデビューを飾ったアン・シネ(26)が第2日の5日、通算5オーバーの58位でギリギリ予選を通過した。

     ホールアウト時点では予選通過圏外の61位だったが、後続がスコアを落とし滑り込んだ。

     この日はピンクで統一し、ノースリーブ、ひざ上30センチのミニスカでラウンド。

     前日に第1日としては日本女子ツアー史上最多の1万3097人、この日も1万2202人のギャラリーが詰めかけたのは、明らかに“シネ効果”だ。

     本人のみならず、ファンと主催者サイドもさぞかし決勝ラウンド(6、7日)進出を喜んだことだろう。

    http://www.zakzak.co.jp/sports/etc_sports/news/20170506/spo1705061530004-n1.htm


    (出典 www.zakzak.co.jp)


    (出典 www.zakzak.co.jp)


    (出典 www.zakzak.co.jp)


    (出典 www.zakzak.co.jp)


    (出典 www.zakzak.co.jp)


    (出典 www.zakzak.co.jp)


    (出典 www.zakzak.co.jp)


    (出典 www.zakzak.co.jp)


    (出典 www.zakzak.co.jp)


    (出典 www.zakzak.co.jp)


    (出典 www.zakzak.co.jp)


    (出典 www.zakzak.co.jp)

    第2日、通算5オーバーで58位のアン・シネ=茨城GC(高橋朋彦撮影)


    【【ゴルフ】韓国で“セクシークイーン”の異名を取るアン・シネ、決勝Rでも悩殺!?ギリギリ予選通過に「優勝したぐらいうれしい」[5/07]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 www.city.kawasaki.jp)



    1 あちゃこ ★ :2017/05/04(木) 14:24:41.76

    スポニチアネックス 5/4(木) 14:09配信

     アジア・サッカー連盟は4日、韓国で行われた4月25日のACL水原戦で、
    サポーターが旭日旗を掲げた川崎Fに対し、1年の執行猶予付きでホーム戦1試合を
    無観客とする処分を科した。

     AFCの発表によると、1年以内に再びこのような問題を起こした場合、
    処分の対象となる。

     4月25日の試合ではキックオフ直後に川崎Fのサポーターの男性2人組が
    旭日旗を座席に掲げたため、水原側がAFC派遣の監督官に報告した上で、旗を没収。
    試合後は水原サポーターが川崎Fのサポーターが陣取るスタンドに押し寄せて
    一触即発の事態になっていた。

     これを受けてAFCは同27日に公式サイトで、サポーターの行為が差別や
    政治的な要素を含む行動を禁止するAFC規約58条に抵触するとして調査を
    開始することを発表。これに対し、川崎Fの藁科義弘社長は
    「旭日旗は政治的、差別的なメッセージを含むものではないという認識。(AFCに)
    主張するべきことは主張していく」と話していた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170504-00000099-spnannex-socc


    【【サッカー】川崎F、1年の執行猶予付きで無観客試合の処分 旭日旗問題】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 blog-imgs-45.fc2.com)





    1 @Egg ★ (★) :2017/05/01(月) 15:08:43.36 ID:CAP_USER9

    4月29日のJ2リーグ第10節、ジェフ千葉対徳島ヴォルティス戦。 普段ならコアなサッカーファン以外、結果も知らないようなゲームが、俄に世間の注目を浴びることになっている。 騒動の発端は、前半14分だった。千葉が高いバックラインで攻勢を仕掛けるところに、徳島が左サイドから裏に抜け出し、好機を得る。 これに千葉はGKが果敢に飛び出し、タッチラインへボールを出した。 このボールを追っていたのが、徳島のDF馬渡和彰(25歳)だった。 馬渡は一刻も早くゲームを再開しようと急ぎ、側にいたボールボーイにボールを預けるように促す。 しかし逡巡した少年に苛立って近寄ったところ、ようやく投げ返してきたボールを受け取りながら、その胸を小突いた。 これが非紳士的行為として一発退場となっている。 「感情的になってしまった。あってはいけない行為。反省している」馬渡は少年に謝罪したという。 経過と結果だけを見れば、感情的になってしまった選手の退場処分は避けられなかった。クラブも謝罪した。 しかし、世間はそれ以上の"罰"を要求している空気がある。では、プレーヤーは社会的責任を一身で負うような行為をしたのだろうか? ◆ロナウド・ボールボーイ事件は今回の一件とは逆の結末に 馬渡の行為は大人げなかった。それは明らかだろう。 しかし事件が起きる前後数秒に、2人にしか分からない空気があったのは間違いない。 サッカーをやってきた(知っている)人間であれば、あそこで即座にボールを渡すことは、千葉の失点(もしくはピンチ)を意味する。 GKはタッチラインまで出ており、走って戻る状況だった。ボールボーイは基本的に、ホームチームが有利にゲームを進められるように教育され、その判断は積極的か消極的か、の違いでしかない。 当事者になったボールボーイの少年は、当然のことをしたまでだろう。 やはり、そこで怒り心頭に発した馬渡には落ち度があったということになる。 ただ、起こりえる騒動でもあった。 "ピッチという戦場"にいる選手たちは、人によってかなりの興奮状態にある。闘争心で自らを煽り、全力を尽くしているだけに、気遣う余裕もない。平時ではない精神状態にあるのだ。 そこに自らコミットする場合、子供であろうと、ボランティアであろうと、その立場は関係ない。そういう考え方もある。 2014年3月、スペインのアトレティコ・マドリーとレアル・マドリーのマドリーダービーでRECOJEPELOTAS(ボールボーイ)の騒動が起きている。 場所はビセンテ・カルデロンだった。アトレティコの本拠地で、必然的にボールボーイもアトレティコの下部組織の選手たちだった。 後半71分、2-1とリードされたマドリーが攻勢に出る中、アトレティコの選手が右タッチラインにボールを蹴り上げる。 マドリーはクリスティアーノ・ロナウドが少しでも早くリスタートしようと、ボールボーイにボールを要求する。 しかし、ボールボーイたちは知らんぷり。ロナウドが少し離れたボールボーイに近寄ったところで、地面にボールが放り投げられた。 スタジアムのサポーターはこれに対し、大歓声だった。アトレティコのために、ボールボーイが見せた行為だからだ。 しかし後日、この行為は問題視されることになった。 「できるだけ速やかにプレーを促す」 ボールボーイとして、その義務を怠ったことが指摘された。さらに、その少年が笑っている映像も流れ、「不快極まりない」と一斉に批判へ。ボールボーイは名前も大々的に公表されることになった。 「ダービーで起こったことに関して、心から謝罪します。ごめんなさい。僕たちアトレティコのボールボーイは、みんながみんなこのようなことをするわけではありません」 脅迫文まで送りつけられた少年は結局、謝罪文を出すことになった。「この少年がビセンテ・カルデロンでボールボーイをすることは、今後ありません」 >>2以降につづく 小宮良之 | スポーツライター5/1(月) 13:10 https://news.yahoo.co.jp/byline/komiyayoshiyuki/20170501-00070493/


    【【サッカー】<なぜボールボーイ騒動は広がる?>C・ロナウド・ボールボーイ事件は今回の一件とは逆の結末に…】の続きを読む

    このページのトップヘ