ニュース annぶろ

まとめニュース、芸能・スポーツ・事件・事故・ファッションなど。様々なニュースを画像・動画を使いながら独自に堀さげ毎日紹介しています。読みたい記事が必ず見つかるはずです!! 

    まとめニュース、芸能・スポーツ・事件・事故。様々なニュースを独自に堀さげながら、画像、動画を使って毎日紹介しています。読みたい記事が必ず見つかるはずです!!

    カテゴリ: スポーツ

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 www.life-stg.co.jp)





    1 Egg ★@\(^o^)/ :2017/04/09(日) 12:26:22.90 ID:CAP_USER9.net

    <明治安田生命J2:横浜FC2-0京都>◇第7節◇8日◇ニッパツ

     京都サンガFCの布部陽功監督(43)は、3月4日の徳島ヴォルティス戦で今季初勝利を挙げて以降、1分け5敗の苦境に、監督会見では顔を紅潮させ、目にうっすら涙すら浮かべた。

     総括 まずは、サポーターの方々に、申し訳ないゲームをしたということで。責任は僕にあるんで…本当に選手は最後まで頑張ってくれました。

    前半は風下ということもあるので、我慢をして、粘り強く戦っていこうと。選手は、我慢してプレーしていたんですけども、ミスがありながらも前半は耐えた。ハーフタイムは「このままやっていこう。

    必ずチャンスが来る。サイドからチャンスが作れるから」と送り出しました。1つのミスを突かれて失点し、気持ちが落ちたかな、と見えた。次のPKで失点して…。選手を変えて、システムを変えてパワープレーにいったけれど、うまくいかず課題の残るゲームでした。

     今後の修正を、どうするかと聞かれると「練習しか、ないと思います。技術的なミス。判断もそう。選手にも伝えたが、毎日の練習から意識を高く持つことが大事」と、自らに言い聞かせるように話した。

     この日、初先発させたU-20(20歳以下)日本代表FW岩崎悠人(18)については「彼の実力です。ここ最近の彼のパフォーマンス(を見て決めた)。途中から出ても流れを変えたり、チャンスを作ってくれた。先発のタイミングは、今日だったと思っています」と答えた。【村上幸将】

    日刊スポーツ 4/8(土) 20:43配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170408-01804764-nksports-socc

    【サッカー】<J2第7節>京都、横浜に敗れ21位に転落..町田、福岡に逆転勝利!中島後半42分からハット金沢、岡山に劇的ロスタイム弾©2ch.net
    http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1491654322/


    【【サッカー】<J2京都サンガの布部監督>5敗目に会見で涙..「サポーターの方々に、申し訳ないゲームをした...責任は僕にある」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 www.sponichi.co.jp)





    1 あちゃこ ★@\(^o^)/ :2017/04/08(土) 21:30:55.69 ID:CAP_USER9.net

    スポニチアネックス 4/8(土) 20:41配信

     日本ハムの大谷翔平投手(22)が8日、オリックス戦(京セラドーム)に3番DHで
    先発出場も4回の2打席目に代打・横尾を送られベンチに退いた。

     初回2死走者なしからの1打席目に三ゴロを放った際、チームから禁止されている
    痛めている右足で一塁ベースを踏んだ。直後にはゆっくりと、やや足をかばうような足取りで
    三塁ベンチに戻ると、栗山監督が表情をこわばらせて怒るシーンもみられた。

     その後、大阪市内の病院でMRIによる診察を受け、左大腿二頭筋肉離れと診断された。
    試合復帰まで4週間程度を要す見込みで、今後の予定は9日以降、決定すると言う。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170408-00000142-spnannex-base


    【【野球】大谷重傷だった!左大腿二頭筋肉離れ!試合復帰まで4週間】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 soccer-aiblog.cocolog-nifty.com)





    1 Egg ★@\(^o^)/ :2017/04/08(土) 12:57:21.78 ID:CAP_USER9.net

    小学生までは野球もやっていたという、川崎フロンターレの大島僚太選手。サッカーを選択した「転機」について語っていただきました。

    ――大島さんの「人生の転機」というと、なんでしょうか? 

     一番は、フロンターレのスカウトから声をかけていただいたことですね。もし高校3年生の秋にフロンターレから練習参加の誘いをもらっていなければ、普通に大学に進学していましたし、そもそもサッカーもやめていたと思います。スカウトに声をかけてもらったことは、プロになるきっかけだったのはもちろん、サッカーを本気で続けさせてくれるいい機会を与えてくれたように思います。

    ――スカウトされたこと以外には、何かありましたか? 

     そうですね……小さい頃、実はサッカーだけでなくて野球もやっていたんですけれど、最終的にサッカーを選んだのは今思えば「転機」かもしれません。

     サッカーも好きでしたが、父親が野球をやっていたこともあって、野球も好きだったんです。小学校にあがったときに、月水金にサッカーの練習、火木土に野球の練習があったので、これなら両方を毎日できると思ったんですけど、そうしたら親に「日曜日に、サッカーの試合と野球の試合がかぶったらどうするの?」って言われて。どちらもやりたい気持ちはあったんですけど、その時に「じゃあ、サッカー」と言って、サッカーを選んだんです。

     今考えると、親がサッカーか野球かを選ばせてくれたのはすごくありがたかったなと思います。父親から「野球にしなよ」とも言われなかったですし、中学校進学のときも、「ここに行きなさい」とか「ここを受けなさい」と言われることも一切なくて、静学(※静岡学園中学校)を受けたいという思いを伝えたら、反対することなく行かせてくれました。僕に対してレールを敷こうとしなかったし、何も強要せずに好きなようにやらせてくれたんです。親がそういうふうに僕に接してくれたのは、とてもプラスになることが多かったと思います。

    ――野球をやっていた人だったら、自分の子どもにも野球をやってほしいと思いそうなところですけど、すごく寛容な親御さんだったんですね。

     そうですね。ただ、今所属している川崎フロンターレの中には、自分の子どもと一緒にサッカーを楽しんでる選手がやっぱり何人かいて。もちろん強制はしてないと思いますけど、そんなチームメートの姿を見て純粋にいいなと思うこともありますね。

    BEST TIMES 4/5(水) 12:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170405-00005135-besttimes-spo


    【【サッカーいい話】<川崎フロンターレ・大島僚太のスカウト“以前”の転機>「野球をやっていた父親が、自分にサッカーを選ばせてくれた」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 www.soccer-king.jp)





    1 仙台焼肉 ★@\(^o^)/ :2017/04/08(土) 18:15:16.24 ID:CAP_USER9.net

    ◆明治安田生命J2リーグ 第7節 横浜C―京都(8日・ニッパツ三ツ沢球技場)

     J2横浜Cの元日本代表FW三浦知良が、8日の京都戦(ニッパツ三ツ沢球技場)で今季6試合目の先発出場を果たし、
    自らの持つJリーグの最年長出場記録を50歳41日に更新した。

     カズは3月12日の群馬戦(1〇0)で今季初得点を挙げ、自身の持つJリーグ最年長得点記録を50歳14日に更新していた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170408-00000161-sph-socc


    【【サッカー】横浜FC カズ京都戦スタメン出場…J最年長出場記録更新】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 www.frontale.co.jp)





    1 Egg ★@\(^o^)/ :2017/04/08(土) 12:57:21.78 ID:CAP_USER9.net

    小学生までは野球もやっていたという、川崎フロンターレの大島僚太選手。サッカーを選択した「転機」について語っていただきました。

    ――大島さんの「人生の転機」というと、なんでしょうか? 

     一番は、フロンターレのスカウトから声をかけていただいたことですね。もし高校3年生の秋にフロンターレから練習参加の誘いをもらっていなければ、普通に大学に進学していましたし、そもそもサッカーもやめていたと思います。スカウトに声をかけてもらったことは、プロになるきっかけだったのはもちろん、サッカーを本気で続けさせてくれるいい機会を与えてくれたように思います。

    ――スカウトされたこと以外には、何かありましたか? 

     そうですね……小さい頃、実はサッカーだけでなくて野球もやっていたんですけれど、最終的にサッカーを選んだのは今思えば「転機」かもしれません。

     サッカーも好きでしたが、父親が野球をやっていたこともあって、野球も好きだったんです。小学校にあがったときに、月水金にサッカーの練習、火木土に野球の練習があったので、これなら両方を毎日できると思ったんですけど、そうしたら親に「日曜日に、サッカーの試合と野球の試合がかぶったらどうするの?」って言われて。どちらもやりたい気持ちはあったんですけど、その時に「じゃあ、サッカー」と言って、サッカーを選んだんです。

     今考えると、親がサッカーか野球かを選ばせてくれたのはすごくありがたかったなと思います。父親から「野球にしなよ」とも言われなかったですし、中学校進学のときも、「ここに行きなさい」とか「ここを受けなさい」と言われることも一切なくて、静学(※静岡学園中学校)を受けたいという思いを伝えたら、反対することなく行かせてくれました。僕に対してレールを敷こうとしなかったし、何も強要せずに好きなようにやらせてくれたんです。親がそういうふうに僕に接してくれたのは、とてもプラスになることが多かったと思います。

    ――野球をやっていた人だったら、自分の子どもにも野球をやってほしいと思いそうなところですけど、すごく寛容な親御さんだったんですね。

     そうですね。ただ、今所属している川崎フロンターレの中には、自分の子どもと一緒にサッカーを楽しんでる選手がやっぱり何人かいて。もちろん強制はしてないと思いますけど、そんなチームメートの姿を見て純粋にいいなと思うこともありますね。

    BEST TIMES 4/5(水) 12:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170405-00005135-besttimes-spo


    【【サッカーいい話】<川崎フロンターレ・大島僚太のスカウト“以前”の転機>「野球をやっていた父親が、自分にサッカーを選ばせてくれた」】の続きを読む

    このページのトップヘ