ニュース annぶろ

まとめニュース、芸能・スポーツ・事件・事故・ファッションなど。様々なニュースを画像・動画を使いながら独自に堀さげ毎日紹介しています。読みたい記事が必ず見つかるはずです!! 

    まとめニュース、芸能・スポーツ・事件・事故。様々なニュースを独自に堀さげながら、画像、動画を使って毎日紹介しています。読みたい記事が必ず見つかるはずです!!

    カテゴリ: スポーツ

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 www.vissel-kobe.co.jp)





    1 Egg ★@\(^o^)/ :2017/04/08(土) 17:04:29.02 ID:CAP_USER9.net

    [4.8 J1第6節2日目]

    ◼鹿島アントラーズ 0-1 セレッソ大阪 [カシマ]

    [C]山村和也(46分)

    ◼大宮アルディージャ 0-2 ヴィッセル神戸 [NACK]

    [神]中坂勇哉(37分)
    [神]岩波拓也(53分)

    ◼柏レイソル 0-2 清水エスパルス [柏]

    [清]鄭大世(65分)
    [清]ミッチェル・デューク(90分+2)

    ◼サガン鳥栖 3-0 アルビレックス新潟 [ベアスタ]

    [鳥]豊田陽平(27分)
    [鳥]小野裕二(71分)
    [鳥]田川亨介(87分)

    Jリーグ公式
    http://www.jleague.jp/sp/game/

    8日に明治安田生命J1リーグ第6節が行われ、鹿島アントラーズとセレッソ大阪が対戦した。

    前節少ないチャンスを生かして大宮アルディージャを下した鹿島は、暫定で3位。4連勝中と波に乗るチームの注目は小笠原満男だ。ベンチスタートとなっているが、出場すればJ1通算500試合出場を達成することになる。ベテランらしい落ち着きと老獪なプレーで、5連勝に貢献するか。

    一方のC大阪は前節、横浜F・マリノスを相手に勝利。エースの柿谷曜一朗にも初ゴールが生まれ、清武弘嗣は負傷離脱中も、チーム状況は上向きだ。GKキム・ジンヒョンは、クォン・スンテと韓国人キーパー対決ともなり、闘志を燃やしているはずだ。

    雨が降りしきる中、キックオフの笛が吹かれた一戦は、両チームとも激しい入りを見せ、得点が簡単に生まれないことを示唆させる展開に。先に攻撃面で顔をのぞかせ始めたのはC大阪。杉本健勇のポストプレーから山村和也がクロスバー直撃のシュートを放ち、スタジアムを沸かせる。

    それでも勝者のメンタリティがピッチに立つ11人に染み込む鹿島は、しっかりと受けきり、見せ場も作っていく。しかし、45分間でゴールは生まれることなく、前半はスコアレスで折り返す。

    ハーフタイム前からチャンスを生み出し続けていたC大阪の努力は後半開始早々に実る。関口訓充が右サイド深い位置からクロスを上げると、マークを外し、ニアへ飛び出してきた山村が頭で合わせる。ボールはポストに当たりながら、ラインを越えて、ついに試合が動く。

    反撃に出たい鹿島だが、ユン・ジョンファン監督仕込みのハードワークで、C大阪の激しいプレスとカウンターに苦しむ。C大阪は72分に丸橋祐介が競り合いで、頭から出血するアクシデントが発生するが、包帯を巻いてピッチに戻ってきて、なおも高い集中力を見せ続ける。

    終盤は鹿島がハーフコートゲームを展開し、C大阪を自陣に押し込むが、身体を張った守備の前に決定的なシーンは生み出せず。C大阪が1-0で逃げ切り、3連勝。一方、鹿島の連勝は4で止まった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170408-00000022-goal-socc

    ●DAZN
    https://www.dazn.com/ja-JP

    ●DAZN for DOCOMO
    https://www.nttdocomo.co.jp/service/d4d/index.html?icid=CRP_TOP_mainPR_CRP_SER_d4d

    ●エルゴラ紙
    http://sp.soccer.findfriends.jp

    【サッカー】<J1第6節>後半アディショナルタイムにヴァンフォーレ甲府が先制も…川崎フロンターレが奈良弾で執念のドロー
    http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1491634900/


    【【サッカー】<J1第6節>神戸首位キープ!大宮開幕6連敗...セレッソが鹿島を完封!鳥栖3発新潟を完封!清水柏破り3戦ぶり白星】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    【いい話】「自分だけの武器を信じて結果を残す」浦和GK西川周作が仙台戦で示した“ぶれない信念”



    仙台戦で今季J1初完封を達成した西川 [写真]=J.LEAGUE PHOTOS
    サッカーキング

     ミネラルウオーターの入ったペットボトルを携えながら、浦和レッズの守護神・西川周作は試合後の取材エリアに姿を現した。

    「今から水分をしっかりと取って、次へ向けて準備しています。これから夏へ向けて、運動量というものも本当に大事になってくるので」

     ベガルタ仙台を埼玉スタジアムに迎えた、8日の2017明治安田生命J1リーグ第6節。浦和はクラブ史上最多タイとなる大量7ゴールをもぎ取り、守っては6戦目を迎えたリーグ戦で初めて完封劇を達成。暫定ながら初めて首位に立った。

     公式戦を含めても2月21日のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)のグループリーグ初戦、対ウェスタン・シドニー・ワンダラーズFC戦に次ぐ2度目の無失点。長いトンネルを抜け出した、という思いを募らせていたからだろう。西川は安ど感を漂わせながら「やっとですね」と笑顔を浮かべた。

    「キーパーは失点した後、ミスをした後の立ち居振る舞いが大事になってくる。僕の耳にもいろいろな言葉が入ってきたけど、それは期待されているからこそだと思っていたので」

     仙台戦が始まる前の時点で、公式戦9試合で15失点を喫していた。日本代表のヴァイッド・ハリルホジッチ監督からは「コンディションが上がってくるのはもう少し先のようだ」と指摘され、2018 FIFAワールドカップロシア アジア2次予選から守ってきたゴールマウスを、UAE(アラブ首長国連邦)、タイ両代表と戦った3月シリーズから川島永嗣(FCメス)に明け渡した。

    「キーパーはまず守ることが一番大事だということは、自分でもよく分かっています。ただ、自分にしかできないこともある。自分が一番やってはいけないのは、今まで積み重ねてきたものを簡単に無駄にしてしまうこと。継続してきたことをぶれずに続ける、と自分に落ち着いて言い聞かせながら、その中でトライした末のミスは自分の財産になっているので」

     西川にあって他のキーパーにない武器。一つは卓越した足元の技術となる。トラップとキックに絶対の自信を持つからこそ、マイボール時にはペナルティーエリアを大きく飛び出してポジションを取る。今シーズンは平均でさらに5メートルほど前方、時にはセンターサークル付近に位置することも珍しくない。

    「ボールを持っていない時の自分は、常にフィールドプレーヤーの一員としてポジショニングを考えています。チーム全体のラインが高くなっている分、自分が押し上げた時には背後も空くので、そのスペースを埋めるためにも常に動いていないといけない」

     敵陣で試合を進める時間を多くするために、浦和はチーム全体をより前方へスライドさせる新戦術にトライしている。上下左右に動き回る分、必然的に西川の運動量も増える。1試合におけるGKの走行距離は3km台から4kmの中盤が多いが、西川は6試合すべてで5kmを超え、ヴァンフォーレ甲府との第3節では6.108kmと驚異的な数字を弾き出している。

    1試合で5km超えを3度記録した日本人GKは他にいない。仙台戦の5.565kmを含めて、平均でリーグ最長の5.554kmを走っているからこそ水分も失われる。11日には敵地で3失点を喫して苦杯をなめた、上海上港(中国)をホームに迎えるACLの大一番が待つ。ダメージを少しでも早く回復させるために、冒頭のようにこまめに水分を補給してコンディションを整えているわけだ。

     リードを6点に広げた70分にはもう一つの武器、伝家の宝刀も抜いた。バックパスに迷うことなく左足を一閃。左サイドからゴール前へ飛び出してきたMF菊池大介にはわずかに合わなかったものの、低く鋭いフィードがスタンドをどよめかせた。

    「あれは他のキーパーにはできない、自分が見せていかなければいけない武器。ああいうプレーを増やしていくためにも、ボールをもらう位置が常に高くないといけない。今日もピッチの横幅を上手く使いながらパス回しができましたけど、ビルドアップで繋ぐだけでもダメだと思うので。縦へのパスを常に狙いながら、相手の嫌がることをしようと考えていました」

     タイ戦を終えて浦和に戻る車中で、ともに出場機会のなかったDF槙野智章と誓いを立てた。招集期間中は浦和の失点の多さを「常に言われていました」と槙野は続ける。

    「やっぱりクラブで結果を残さなきゃいけない、特に守備の部分、失点のところに対してはもっと突き詰めていかないといけないと2人で話しました」

     方向性は決して間違っていない。ただ、新たな戦い方が成熟し切っていない部分や西川自身のミスもあって、画竜点睛を欠く状況を積み重ねてきた。GKというポジションの宿命上、失点はどうしても強調される。昨シーズンはリーグ最少の28失点で年間勝ち点1位を勝ち取っただけに、なおさら比較される。

     それらをすべて受け入れた上で、西川は無失点にこだわりながら仙台戦に臨んだ。前半だけでハットトリックを達成したFW興梠慎三を筆頭に、味方がゴールする度に雄叫びをあげては、大量リードに気が緩まないように自らへ喝を入れ続けた。

    「キーパーが言われないようにするには結果で示すしかない。結果がチームでの活躍の延長線上にある代表への一番のアピールにもなる。今日の結果には誰一人として満足していないし、これを継続していくのが一番難しい。そこにトライしていけることに喜びを感じながら、これからもやっていきたい」

     代表で忸怩たる思いを抱いている時も、浦和で失点を重ねている時も、西川は努めて笑顔を絶やさないようにしていた。ファイティングポーズを取り続ける先に必ず道は開ける。その象徴となる笑みを自然と生み出す強靭なメンタルもまた、西川の武器の一つと言っていい。

    文=藤江直人



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【いい話】「自分だけの武器を信じて結果を残す」浦和GK西川周作が仙台戦で示した“ぶれない信念”】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    【サッカー】松本がホームで長崎に快勝、宮阪の豪快FK弾含む3ゴールで連勝飾る



    松本が長崎を下した [写真]=J.LEAGUE PHOTOS
    サッカーキング

     2017明治安田生命J2リーグ第7節が8日に行われ、松本山雅FCとV・ファーレン長崎が対戦した。

     14分、松本の高崎寛之がエリア内で倒されてPKを獲得。これを自らゴールへ流し込み、松本が先制に成功する。さらに22分、松本はエリア後方でFKを得ると、宮阪政樹が豪快なシュートを決めて追加点。松本が2点リードした状態で前半を折り返す。

     後半に入り74分、クロスのこぼれ球を拾った松本のパウリーニョが、ワンタッチから鋭いシュートを放ちゴール。追う展開の長崎は1点が遠く、反撃を仕掛けることができない。
     
     試合はこのまま終了。ホームの松本が長崎に快勝した。

     次節、松本は16日にロアッソ熊本と、長崎は15日にアビスパ福岡と対戦する。

    【スコア】
    松本山雅FC 3-0 V・ファーレン長崎

    【得点者】
    16分 1-0 高崎寛之(松本)
    22分 2-0 宮阪政樹(松本)
    74分 3-0 パウリーニョ(松本)



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【サッカー】松本がホームで長崎に快勝、宮阪の豪快FK弾含む3ゴールで連勝飾る】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    【海外サッカー】シュスター氏、マドリード・ダービーは予想不可能「全く分からない」



    前回対戦ではレアルが3-0でアトレティコに勝利している [写真]=Anadolu Agency/Getty Images
    サッカーキング

     現役時代はレアル・マドリードとアトレティコ・マドリードの首都のライバル両方でプレーした経験を持つ元ドイツ代表のベルント・シュスター氏が、8日に行われるリーガ・エスパニョーラ第31節の目玉である“マドリード・ダービー”に向けて自身の見解を示した。

    『Radio MARCA』のサッカー番組のインタビューに応じたシュスター氏は、両チームの選手ならびにレアル・マドリードの監督として戦った経験を持つ“マドリード・ダービー”の記憶を振り返った。

    「ダービーとは他の試合とは異なる雰囲気を持つ一戦だ。とりわけ“マドリード・ダービー”は素晴らしい。私は常にダービーを楽しんできた。スタジアムに足を踏み入れるまで、日増しにテンションが上がっていくのは何とも言えなかったよ」

     現在、消化が1試合少ないながらも2位バルセロナに2ポイント差をつけている首位レアル・マドリードも、4位セビージャに3ポイント差をつけている3位アトレティコ・マドリードも、いずれもリーグ戦5連勝として今回の首都決戦を迎える。

     勝敗予想を求められたシュスター氏は、「両者とも必死にプレーすることは間違いないので、結果は全く分からない」と回答を避けながらも、「痛み分けに終わったとしても何ら不思議でない」と互角の勝負を予想した。

    「どちらの方が調子が良いかは定かでない。両チームとも素晴らしい形でダービーを迎えていることが何よりも重要だ。アトレティコ・マドリードは本来の姿を取り戻し、レアル・マドリードと同様に好ゲームを続けている。そして、どちらのチームも重要な物を賭けて今回の対戦に挑む。なぜなら、3位争いをしているアトレティコ・マドリードにはセビージャが、優勝争いをしているレアル・マドリードにはバルセロナが、それぞれ背後で取りこぼしを待っているからだ」

     シュスター氏は一方、レアル・マドリードが前節のレガネス戦で温存したポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド 、フランス人FWカリム・ベンゼマ、ウェールズ代表FWギャレス・ベイルの“BBCトリオ”のスタメン復帰について、ジネディーヌ・ジダン監督が奇策を講じる可能性を示唆した。

    「BBCがチームで最高の選手であるならば、使わないなんてありえない。それが監督にとっての論理的な考えだ。彼らは試合の頭からプレーしなければならない。とはいえ、個人的には3人のうち1人がスタメンを外れるような気がしている」



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【海外サッカー】シュスター氏、マドリード・ダービーは予想不可能「全く分からない」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    【サッカー】岐阜が古橋&永島弾で今季本拠地初勝利…J2通算100勝を達成



    サッカーキング

     2017明治安田生命J2リーグ第7節が8日に行われ、FC岐阜と水戸ホーリーホックが対戦した。

     前半をスコアレスで折り返すと迎えた60分、細かいパスワークで相手ゴール前へと迫り、永島悠史が右サイドのシシーニョへ展開。シシーニョのクロスに古橋亨梧が頭で合わせ、ホームの岐阜が先制する。続く68分には永島のコースを突く左足のシュートが決まり追加点。対する水戸は72分、途中出場の橋本晃司のFKが岐阜の選手に当たり、オウンゴールで1点を返す。

     試合は2-1で終了。岐阜は2連勝で、J2通算100勝を達成。水戸は3試合ぶりの黒星となった。

     次節、岐阜はアウェイで湘南ベルマーレ、水戸はアウェイでザスパクサツ群馬と対戦する。

    【スコア】
    FC岐阜 2-1 水戸ホーリーホック

    【得点者】
    1-0 60分 古橋亨梧(岐阜)
    2-0 68分 永島悠史(岐阜)
    2-1 72分 オウンゴール(水戸)



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【サッカー】岐阜が古橋&永島弾で今季本拠地初勝利…J2通算100勝を達成】の続きを読む

    このページのトップヘ