ニュース annぶろ

まとめニュース、芸能・スポーツ・事件・事故・ファッションなど。様々なニュースを画像・動画を使いながら独自に堀さげ毎日紹介しています。読みたい記事が必ず見つかるはずです!! 

    まとめニュース、芸能・スポーツ・事件・事故。様々なニュースを独自に堀さげながら、画像、動画を使って毎日紹介しています。読みたい記事が必ず見つかるはずです!!

    カテゴリ: 事件・事故

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    五輪「新国立」工事現場で働く新入社員自殺…「月の残業212時間」両親が労災申請



    五輪「新国立」工事現場で働く新入社員自殺…「月の残業212時間」両親が労災申請
    弁護士ドットコム

    新国立競技場の工事現場で働いていた建設会社の男性新入社員(当時23歳)が自殺したのは、極度の過重労働とストレスが原因だったとして、男性の両親が上野労働基準監督署に労災申請をおこなっていたことがわかった。遺族の代理人をつとめる川人博弁護士が7月20日、東京都内で記者会見を開いて公表した。申請は7月12日付。

    川人弁護士によると、男性は大学卒業後の2016年4月、都内の建設会社に就職した。この会社は、東京五輪に向けて建設中の新国立競技場の工事現場で、一次下請けの業者だった。男性は同年12月中旬から、新国立競技場の地盤改良工事で、施工管理の業務に従事することになった。

    男性は今年3月2日、突然失踪し、4月15日に長野県で遺体が発見された。「身も心も限界」などと書かれた遺書が残されていた。男性の死亡をめぐって、男性がつとめていた会社は当初、時間外労働が「月80時間以内である」と説明していたが、遺族側は納得せず、会社や元請け会社に対して資料の提出を求めた。

    工事現場のセキュリティ記録やパソコンの記録から分析したところ、男性が亡くなったと推定される3月2日まで約1ヶ月間の時間外労働時間は、約212時間にのぼった。また、男性は2月ごろ、両親が朝起こそうとしてもなかなか起きなかったり、友人に対して「今の職場に3年はいたいが、もたない。辞めたい」と語るなどしていたという。亡くなるまでに精神疾患を発症していたとみられる。

    川人弁護士によると、労災申請の段階で、会社側は男性の業務が過重だったこと、労災である可能性が高いことを認めたという。男性の両親は代理人を通じて、「帰宅するのは深夜ででした。朝起きるのがとてもつらそうでした」「息子と同じように、過労で命を落とすような人を出したくないという思いでいっぱいです」とコメントしている。

    ●新国立競技場の工事現場は「長時間労働」にさらされている

    男性の過重労働の背景の一つとして、川人弁護士は「工事日程の厳しさ」をあげた。東京五輪のメインスタジアムとなる新国立競技場は、設計の見直しなどによって、工期が大幅に遅れている。こうした状況から、現場の労働者は、「間に合わせなければならない」というプレッシャーや長時間労働にさらされているという。

    川人弁護士は「(男性の)労働実態は、人間の生理的限界をはるかに超えた常軌をを逸した時間外労働だった」「(男性の)死亡後も、関係業者、関係機関において痛苦な反省のうえに改善措置をとっているとは言い難い」「国家的行事であるかといって、その準備のために労働者のいのちと健康が犠牲になることは断じてあってはならない」と批判した。

    川人弁護士は今後、男性がつとめていた会社だけでなく、元請け会社や発注者、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会、東京都、政府関係機関などに対して、東京五輪に関連する工事現場の労働実態の深刻さについて、把握・改善する措置を講ずるよう求めていく予定だ。

    【追記】

    川人弁護士はこの日午後、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会をおとずれて要望をおこなった。同委員会は「こうした事態が発生したことについては大変残念です。お亡くなりになられた方のご冥福を心からお祈りするとともに、ご遺族の皆様にお悔やみ申し上げます。新国立競技場の事業主体はJSCであり、本件事実関係については、組織委員会もJSCに照会を行います。今後、同様の事態が起こらないよう、各関係者にも十分ご留意していただくようお願いしたいと思います」とコメントしている。

    (弁護士ドットコムニュース)



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【五輪「新国立」工事現場で働く新入社員自殺…「月の残業212時間」両親が労災申請】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 pbs.twimg.com)





    1 (?∀?(⊃*⊂) ★ :2017/07/15(土) 14:26:25.83 ID:CAP_USER9

    15日午前2時ごろ、熊本県あさぎり町須恵で、帰宅中の女性(27)が男に刃物で背中などを刺された。 男は逃走、県警多良木署が殺人未遂事件として行方を追っている。 女性は手首や首も含め複数箇所を負傷したが、命に別条はないとみられる。 署によると、車で通りかかった女性が路上に倒れていた男に気付いて声を掛けると、 草むらにひきずりこまれ、刃物で襲われたという。現場から刃物は見つかっていない。 男は30歳くらいで身長160~165センチ程度の痩せ形。 アジア系外国人とみられ、自転車を使用していたという。 現場は田んぼなどの農地が広がり、住宅が点在する地域。 http://www.kyoto-np.co.jp/politics/article/20170715000060 別ソース 熊本で帰宅途中の27歳女性刺される、殺人未遂捜査 https://www.nikkansports.com/general/news/1855781.html


    【【熊本】帰宅途中の27歳女性、路上に倒れていたアジア系外国人男に声を掛けると草むらにひきずりこまれ刃物で複数個所刺される】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 t.pimg.jp)





    1 かばほ~るφ ★ :2017/05/09(火) 13:26:59.45 ID:CAP_USER9.net

    女児に裸画像送らせた疑い 東北3県で被害か、24歳男を再逮捕
    2017.5.9 11:43

    宮城県警岩沼署は9日までに、福島県の女子児童に裸の画像を送らせたとして、
    児童買春・ポルノ禁止法違反(製造)の疑いで、
    山形市北町、会社員、山川裕也容疑者(24)を再逮捕した。

    同署によると、押収したスマートフォンやパソコンから、
    山形、宮城、福島県などに住む11~15歳の女児や少女300人以上の画像や動画が見つかった。
    同署は他にも被害があるとみて調べている。

    再逮捕容疑は昨年10月、18歳未満であると知りながら、
    当時小学6年生(12)の女児に、スマートフォンから複数の画像を送らせた疑い。

    同署は今年4月、宮城県に住む当時中学生の少女とわいせつな行為をしたとして、
    県青少年健全育成条例違反の疑いで山川容疑者を逮捕していた。

    産経ニュース
    http://www.sankei.com/affairs/news/170509/afr1705090020-n1.html


    【【社会】女児に裸画像を送らせた疑い、山形市の24歳男を再逮捕…東北3県で被害か、11〜15歳の女児・少女300人以上の動画など見つかる】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 www.shimotsuke.co.jp)



    1 かばほ~るφ ★ :2017/05/08(月) 19:42:47.03 ID:CAP_USER9

    雪崩事故現場…線香の火が燃え移り山林火災 栃木・那須
    2017.5.8 19:03更新

    8日午後2時10分ごろ、栃木県那須町のパラグライダーの管理事務所にいた男性(50)から
    「スキー場でササの葉が燃えているようだ」と119番通報があった。

    県警那須塩原署によると、火災があったのは、今年3月、登山講習会に参加した高校生ら
    8人が犠牲になった雪崩事故で講習会の拠点となった那須町湯本の那須温泉ファミリースキー場。

    同署によると、県内の80代の男性が軽いやけどを負い、この男性は
    「雪崩事故の犠牲者のために線香を上げようとして新聞紙に火を付けたところ、
    ササの葉に火が燃え移った」と話している。スキー場東側には献花台が設けられている。

    火は約2時間半後に消し止められ、スキー場のゲレンデ付近の山林
    約5000平方メートルが焼けた。同署が詳しい出火原因を調べている。

    産経ニュース
    http://www.sankei.com/affairs/news/170508/afr1705080009-n1.html


    【【山火事】8人が犠牲になった雪崩事故現場で山林火災 線香を上げようと新聞紙に火を付けたところササの葉に燃え移る…栃木県那須町】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 spirituabreath.com)



    1 シャチ ★ :2017/05/08(月) 02:42:47.23 ID:CAP_USER9

     7日午後6時半ごろ、岐阜県瑞浪市陶町大川の会社員大脇正人さん(32)が自宅でバーベキューをしていたところ、
    男に腹部付近を刺された。多治見署によると、大脇さんは搬送先の病院で死亡した。男を取り押さえようとした
    男性会社員(42)が、腕を切られるけがを負った。

     同署は殺人未遂の疑いで、近くに住む無職の男(26)を現行犯逮捕した。男は男性会社員ら2人に取り押さえられ、
    通報で駆け付けた署員に引き渡された。同署が容疑を殺人に切り替えて動機や経緯を詳しく調べる。

     男は「刺したことは間違いないが、殺意はない」と容疑を否認、意味不明な言動もあるという。

     大脇さん宅の庭で数人がバーベキューをしていて男が現れ、大脇さんは庭先の路上で刺された。
    男性ら2人も参加していたとみられる。現場から包丁が見つかり、凶器とみて捜査している。

     近隣住民によると、大脇さんには小学生の子どもが2人おり、近所の子どもたちに野球を教えていた。
    そばに住む50代女性は「大学生の息子が女性の悲鳴を聞いたと言っていた。面倒見の良いお父さんだったのに、
    こんなことが起きるなんて」と声を落とした。

     現場はJR瑞浪駅から南東に約7.5キロの住宅街。〔共同〕

    ソース 日経
    http://www.nikkei.com/article/DGXLAS0040010_X00C17A5000000/


    【【岐阜】庭でバーべキューをしていた32歳男性、近所の男に刺され死亡 逮捕された26歳無職男は意味不明な言動も】の続きを読む

    このページのトップヘ