ニュース annぶろ

まとめニュース、芸能・スポーツ・事件・事故・ファッションなど。様々なニュースを画像・動画を使いながら独自に堀さげ毎日紹介しています。読みたい記事が必ず見つかるはずです!! 

    まとめニュース、芸能・スポーツ・事件・事故。様々なニュースを独自に堀さげながら、画像、動画を使って毎日紹介しています。読みたい記事が必ず見つかるはずです!!

    カテゴリ: マンガ・アニメ

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    <涼宮ハルヒの憂鬱>4月からNHKで“再放送”



    「涼宮ハルヒの憂鬱」の一場面(C)2006 谷川 流・いとうのいぢ/SOS団(C)2007,2008,2009 谷川 流・いとうのいぢ/SOS団
    MANTANWEB

     人気アニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」が、NHK・BSプレミアムで4月から放送されることが15日、分かった。2006年、09年に2期にわたって放送された全28話が放送される。なお、NHKはこれまで「新世紀エヴァンゲリオン」「ラブライブ!」「進撃の巨人」など民放で放送されてきたアニメを“再放送”してきた。

    【写真特集】「涼宮ハルヒ」4年ぶり新作映像も話題

     「涼宮ハルヒの憂鬱」は、谷川流さんの人気ライトノベルが原作で、宇宙人や未来人、超能力者、超常現象が大好きな女子高生・涼宮ハルヒと平凡な男子高生のキョンらの周りで、不思議な出来事が次々と起こり、ドタバタに巻き込まれる……というSFコメディー。06、09年にテレビアニメが放送されたほか、10年には劇場版アニメが公開された。

     「涼宮ハルヒの憂鬱」はNHK・BSプレミアムで4月7日から毎週金曜午後11時45分に放送。 



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【<涼宮ハルヒの憂鬱>4月からNHKで“再放送”】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    コミケ幕張メッセ追放事件の悪夢が再び? 千葉市が新たなエロ本規制を計画中



    千葉市長・熊谷俊人氏
    おたぽる

     来年度以降、千葉市が新たなエロ本規制を計画していることが明らかになった。

     千葉市によると、新たな規制の目的は、子どもへの配慮のほか、2020年東京五輪・パラリンピックで外国人旅行客が増えるであろうことを踏まえて実施するもの。新年度8~9月以降に、市と子どもの健全育成に関する協定を結んでいる市内のセブン-イレブン12店舗で、「有害図書」を店頭に陳列する際には、市が独自に定めたフィルムで覆う。

     千葉市ではこの規制のためにフィルム、ステッカーなど39万円の予算を計上。夏以降に、まず2カ月間のモデルケースを実施した上で、意見を聴取する予定だという。

     この規制はすでに大阪府堺市が昨年、市内のファミリーマートで実施しているものだ。

     だが、この規制には大きな問題がある。堺市の場合「有害図書」による規制は、すでに大阪府が青少年健全育成条例で行っているもの。大阪府では、出版社が自主規制として行っている2点シール止めによって、条例の定めるところの区分陳列は行われていると判断していた。堺市の規制は、大阪府の認める規制を逸脱した過剰な規制だとして批判されたのである。

     この堺市の規制に対して、日本雑誌協会と日本書籍出版協会は「図書を選択する自由を奪い『表現の自由』を侵害する行為。大阪府の青少年健全育成条例も逸脱している」として、即刻解除を要求し、公開質問状の送付や声明文の発表を実施した。

     これに対して、堺市は「民間の取り組みで、離脱することもできる」と、公的な規制ではないという説明に終止。さらに、堺市の竹山おさみ市長はTwitter(@osamit_sakai)で公開質問状を「失当」=的外れとして、半ば嘲笑するような態度を示したのである。その後、批判に晒された結果なのか、堺市の規制は、市内ではまったく広がりを見せていない。

     そんな批判に晒された規制の導入を図る千葉市だが、やはり「規制ではない」というのが、思考の大前提であるようだ。

     取材に応じた千葉市こども未来局こども未来部健全育成課の小倉哲也氏は語る。

    「今回の取組は、表紙も見たくない人もいることへの対応です。コンビニでは、トイレの横に扇情的な表紙の雑誌が陳列されていたりします。それを見えなくしても、買いたい人は買うのではないでしょうか。規制ではなく、見えなくするだけです」

     ここで問題になるのは、千葉県も「有害図書」の指定に包括指定制度を導入していること。これは、東京都が行っている個別に雑誌・書籍のタイトルを挙げて指定するものとは違い。条例で定めたページ数、割合などで自動的に有害図書になるシステム。すなわち店舗が陳列する際に、この本が有害図書かどうかを判断しなければならない。

     そこで、何が有害図書にあたるのか尋ねてみたところ、千葉市の見解はこうだ。

    「2点シール止めをしている図書になるかなと思います」

     これもまた、昨年に堺市が批判を受けながらも押し通した部分。聞けば、千葉市では堺市に担当者を派遣し、運用状況や雑誌協会などからの批判も知った上で導入を決めたのだという。

     取材の中で何度も繰り返されたのは、まだ実施店舗も決まっておらず、実施もモデルケースであるということ。千葉県の青少年健全育成条例との兼ね合いについても、検討をしていないという。

     堺市に担当者を派遣しているものの、極めてザルな雰囲気を感じる千葉市の態度。今後、雑誌協会などから批判があるのではないかと尋ねたところ、こんな答えが。

    「雑誌協会と一戦交える気はありません。相手がどう出るかはわかりませんが」

     記者会見では、この施策について「表現の自由」との兼ね合いにも触れている熊谷俊人・千葉市長。ちなみに15年に幕張メッセで開催された「コミケットスペシャル6」にて、千葉市はエロも含めて同人の表現の場としてコミケを支援する意志があるのか? という発言について、こう答えている。

    「そこは、なかなか難しいポイントだと思います。文化が進んでいく中で、そういった様相が一定程度進んでいくことは否定できません。とは言いながら、我々も公の青少年の育成を進めていく立場にありますから、表向きはなかなか言いにくいこともあるかと思いますが、そのあたりは水面下で大人の対応をしていくことだと思います。どこまで折り合っていけるかの努力は必要かと思います。私も“なんでもダメ”ではいけないと思いますよ」

     千葉県において「表現の自由」を論じる際に、必ず思い出される1991年のコミケが幕張メッセから会場貸し出しを拒否され、事実上追放された事件。これは、千葉県警がエロ同人の扱いを問題視したことが原因であった。

     やはり、千葉県はエロ表現の鬼門なのか?
    (文=昼間たかし)



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【コミケ幕張メッセ追放事件の悪夢が再び? 千葉市が新たなエロ本規制を計画中】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    人生で一番泣いたアニメ映画ランキング



    人生で一番泣いたアニメ映画ランキング
    gooランキング

    皆さんはアニメの映像作品を見ていて、感動して涙を流した事はありますか?
    筆者はアニメ映画で涙を流した事はないのですが、作品に没入して感動してしまう方も多いようです。

    そこで今回は「人生で一番泣いたアニメ映画」をアンケート・ランキングにしてみました。
    一体どの作品が、一番多く人々の感動を引き出したのでしょうか?

    1位 火垂るの墓
    2位 君の名は。
    3位 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲
    4位以降のランキング結果はこちら!

    1位は『火垂るの墓』!

    誰もが1度は見た事のある戦中戦後の生活が題材の『火垂るの墓』が堂々の1位に輝きました。
    小学校などで戦争教育や道徳教育の一環として視聴される事が多く、小さい頃に学校などで見た方も多いのではないでしょうか。
    戦争による様々な理不尽さや現実の厳しさ、非情さを描いた作品ですが、あまりの救いの無さに涙した人も多かったようです。

    2位は『君の名は。』!

    東京に暮らす男子高校生の立花瀧と、田舎に暮らす女子高生の宮水三葉との奇妙な「入れ替わり」を描いた『君の名は。』が2位を獲得しました。
    入れ替わっているのでお互いをちゃんと認識する事ができないのですが、ラストの奇跡とも呼べる再会に感動した方が多かったようです。

    3位は『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲』!

    しんのすけが未来のために20世紀化させられた春日部を奔走する、『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲』が3位にランク・インしました。
    「20世紀博」によって「子供の頃」に戻されてしまった大人たち、街が機能しなくなり子供達はパニックに陥りますが、しんのすけは元の世界を取り戻すためひろしの靴(劇臭)を頼りに奔走します。

    いかがでしたか?
    正直『火垂るの墓』はあまりにも悲惨でやるせない思いが強く、「感動」というよりは「悲しい・辛い」といった苦しさからくる涙のように思いました。

    今回は「人生で一番泣いたアニメ映画ランキング」をご紹介させていただきました。気になる4位〜47位のランキング結果もぜひご覧ください!

    調査方法:gooランキング編集部が「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
    有効回答者数:500名(20~30代男女各250名:複数回答)
    調査期間:2017年1月16日~2017年1月19日


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【人生で一番泣いたアニメ映画ランキング】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    「アイマス シンデレラガールズ」後ろ姿も美しい…鷺沢文香「紺碧の境界Ver.」フィギュア発売決定



    (出典 www.akiba-scope.net)



    © BANDAI NAMCO Entertainment Inc.
    ウレぴあ総研

    ファットカンパニーより、「アイドルマスター シンデレラガールズ」のキャラクター「鷺沢文香(さぎざわふみか)」の新作フィギュア「鷺沢文香 紺碧の境界Ver.」が発売決定。

    【フォトギャラリー】後ろ姿も必見…!新作フィギュア「デレマス 鷺沢文香」サンプル写真(画像8点)

    「グッドスマイルオンラインショップ」他で予約受付がスタートしており、価格は12,960円(税込)。発売時期は2017年8月が予定されています。

    「鷺沢文香」が“紺碧の境界”の衣装で1/8スケールフィギュアに。慣れない水着姿で控えめながらも笑顔を見せつつ、波間のステージで歌う姿が立体化されました。

    流れるような脚のラインやくびれたウエストなど、普段のゆったりとした服装に隠された抜群のスタイルが忠実に再現。

    複雑なパレオの模様やアームカバーの透け感など、こだわり抜かれたディテールもポイントです。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【「アイマス シンデレラガールズ」後ろ姿も美しい…鷺沢文香「紺碧の境界Ver.」フィギュア発売決定】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    「アカギ 〜闇に降り立った天才〜」 連載終了決定 27年の歴史に終止符 最終回は2018年2月号



    (出典 www.anizines.com)





    1 腐乱死体の場合 ★@\(^o^)/ :2017/02/12(日) 19:14:54.94 ID:CAP_USER9.net

    <アカギ>「カイジ」作者の人気マージャンマンガ 27年の歴史に終止符へ

    まんたんウェブ 2/12(日) 18:00配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170211-00000028-mantan-ent

    「アカギNEW COVER EDITION」1巻 (C)福本伸行/竹書房

    (出典 amd.c.yimg.jp)


     「カイジ」シリーズなどで知られる福本伸行さんの代表作の一つ「アカギ ~闇に降り立った天才~」が2018年2月で約27年の連載に幕を下ろすことが12日、明らかになった。
    13~19日にJR山手線の主要15駅に張り出される同作のポスター(8種類)で発表される。

    【写真特集】西原理恵子、「カイジ」描く 衝撃のイラスト
    .

     「アカギ」は1991年から連載中のマージャンマンガで、コミックスの累計発行部数は1200万部を誇る。
    裏のマージャン界で伝説となる白髪の少年・赤木しげるのギャンブラーとしての活躍を描く。本郷奏多さん主演でテレビドラマ化され、
    テレビアニメも放送された。
    .

     今回の駅張りポスターでは、18年2月1日の発売号で最終回を迎え、完結まであと11回の予定であることを告知する。
    1年前の発表について、現在連載中のマンガ誌「近代麻雀」(竹書房)編集部は「長期連載した作品で結末が気になっている読者も多いと考え、
    早いタイミングでポスターなどで事前に発表することを決めた」と説明している。
    .

     また、連載終了の発表に合わせて、15日から作者の福本さんが新たに描き下ろした新デザインのコミックス1~3巻を発売し、
    4巻以降も毎月3巻のペースで刊行することも決定した。
    .

     ◇アカギのポスターが掲出される15駅
    .

    新宿▽代々木▽原宿▽渋谷▽恵比寿▽目黒▽大崎▽新橋▽有楽町▽東京▽秋葉原▽上野▽西日暮里▽池袋▽高田馬場


    【「アカギ 〜闇に降り立った天才〜」 連載終了決定 27年の歴史に終止符 最終回は2018年2月号】の続きを読む

    このページのトップヘ