ニュース annぶろ

まとめニュース、芸能・スポーツ・事件・事故・ファッションなど。様々なニュースを画像・動画を使いながら独自に堀さげ毎日紹介しています。読みたい記事が必ず見つかるはずです!! 

    まとめニュース、芸能・スポーツ・事件・事故。様々なニュースを独自に堀さげながら、画像、動画を使って毎日紹介しています。読みたい記事が必ず見つかるはずです!!

    カテゴリ: ネタ

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    【経済】コンビニ各社で「焼き鳥戦争」勃発 ボリュームがすごく、食べ応えは普通の焼き鳥の2〜3倍



    (出典 sapporo-yakei.up.n.seesaa.net)





    1 野良ハムスター ★ :2017/01/21(土) 22:03:41.16 ID:CAP_USER9.net

    これは新たなコンビニ戦争の勃発なのか?

    1月10日、コンビニ大手のローソンが備長炭で焼き上げ、従来より約20%も増量された「でか焼鳥」を売り出した。価格は1本127円(税込)。モモ(塩・タレ)、ねぎま、皮の4種で、串についている具材の大きさは18cmほどある。

    試食してみると、ボリュームがすごく、食べ応えは普通の焼き鳥の2、3倍という印象だ。しかも肉はプリプリ、焼き目からは炭火の香ばしい香りもする。これなら専門店にも負けていない。昨年11月から先行販売を始めた中部地区では、24日間で100万本を売るヒット商品となったというが、それも納得だ。

    フードジャーナリストのはんつ遠藤氏が言う。

    「酉(とり)年は鶏肉が売れるということで、ローソンは12年前の酉年の2005年、『からあげクン』を積極的にアピールし、売り上げを15%アップさせた実績があります。そこで今年2017年の酉年はから揚げではなく、焼き鳥を大々的に売り出そうというのが、ローソンの作戦だと聞いています」

    だが、焼き鳥で勝負をかけようというコンビニはローソンだけではない。実はほかのコンビニ陣営も虎視眈々と焼き鳥でセールスの拡大を狙っているのだ。

    「あまり知られていませんが、焼き鳥はコンビニの売り上げの柱のひとつになっています。例えば、サークルK・サンクスが売っている『ジャンボ焼きとり』はあまりの人気の高さに、経営統合しているファミリーマートも一部店舗で売り出しを始めたほどです。

    セブン-イレブンは現在、冷凍の『炭火焼き鳥3種盛り』が人気ですが、ローソンの動きを見て今後、レジ横のホットスナックコーナーでもジャンボ焼き鳥を売り出すのではないでしょうか。そうなると、コンビニ業界は激しい焼き鳥大戦争に突入することになるかもしれません」

    コンビニジャーナリストの吉岡秀子氏もこう予想する。

    「若者がメイン購入層のから揚げ商品と違って、焼き鳥は老若男女に人気があります。しかも、原材料調達力があるコンビニは鶏の希少部位も確保できるので、新メニューの展開も期待できる。おかずにも、おつまみにもなる焼き鳥は、コンビニにとって客層の拡大を図れる絶好のアイテムです。近所に焼き鳥を買うお店がなかった人たちの新しい売り場としてより広がっていくと考えています」

    ここ数年、コンビニはコーヒーやドーナツなどで販売競争を続けてきた。酉年の今年は、そのバトルメニューに焼き鳥が加わるのは間違いなさそうだ。

    http://news.livedoor.com/article/detail/12570036/


    【【経済】コンビニ各社で「焼き鳥戦争」勃発 ボリュームがすごく、食べ応えは普通の焼き鳥の2〜3倍】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    【気象】大寒の今日「九州から近畿、北陸で大荒れ」 “暴風・大雪に警戒” “落雷・突風に注意”





    1

    大寒のきょう、西日本や北陸は冬の嵐。東海や関東も冷たい雨や雪で、内陸では積雪も。東京都心は、積雪となる可能性は低いものの、あす朝にかけて路面凍結に注意。

    ◆九州から近畿、北陸で大荒れ 四国など太平洋側の平地で積雪も

    低気圧が山陰沖を発達しながら東へ進みます。このため、九州から近畿と北陸は、広い範囲で雨や雪。風も強まるでしょう。
    特に、低気圧に近い『日本海側(山陰、近畿北部、北陸)』では、立っているのも大変なほど(飛ばされてくるものでケガをする危険性も)の、暴風が吹き荒れる見込みです。風のピークは、「山陰:きょう昼過ぎ~あす明け方」、「近畿北部と北陸:今夜~あす明け方」となりそうです。ふぶいて、かなり見通しが悪くなる恐れもあります。山沿いは大雪に警戒が必要で、平地も雪が積もるでしょう。

    さらに、九州や四国、大阪市含め近畿の太平洋側では、日中は広く雨でも、「今夜からあすの明け方」は雪に変わる所が多くなりそうです。九州は山沿いで、四国や近畿では平地でも、雪の積もる所がある見込みです。車の運転は冬の装備をした上で、路面状況の変化に十分にお気を付けください。

    今回、広く雨や雪を降らせる低気圧は、上空に強い寒気を伴っています。この影響で「きょうの午後~深夜」にかけ、大気の状態が非常に不安定になります。各地、落雷や突風にも要注意です。落雷によって停電が発生する可能性もありますので、念のため備えをなさってください。

    ソース:tenki.jp 2017年1月20日 8時33分
    http://www.tenki.jp/forecaster/diary/yosh_ika/2017/01/20/63231.html


    【【気象】大寒の今日「九州から近畿、北陸で大荒れ」 “暴風・大雪に警戒” “落雷・突風に注意”】の続きを読む

    このページのトップヘ