ニュース annぶろ

まとめニュース、芸能・スポーツ・事件・事故・ファッションなど。様々なニュースを画像・動画を使いながら独自に堀さげ毎日紹介しています。読みたい記事が必ず見つかるはずです!! 

    まとめニュース、芸能・スポーツ・事件・事故。様々なニュースを独自に堀さげながら、画像、動画を使って毎日紹介しています。読みたい記事が必ず見つかるはずです!!

    カテゴリ:

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    ありがとう前原誠司 フォーエバー前原誠司



    (c)杉山秀樹/文藝春秋
    文春オンライン

     今回の衆院選すったもんだについて、私はずっと前原誠司さんを推してるんですよ。この人が腹をくくらなかったら、ずっとぐずぐずと改憲と護憲で党内闘争を繰り広げるという私達のよく知るダメな民進党のままであったでしょう。これから人口減少に入り日本がより良くなるためにいままでの右肩上がりのやり方や制度、考え方、思想ではダメであって、乾坤一擲、いろんなものをかなぐり捨てて前に進むために一石を投じることの大事さというのがあったと思います。

    行く手に罠があったら罠ごと前に進んでやるぞ

     だからこそ、自民党からの政権交代を旗印に、議員の頭数だけ考えたらやらなくてもいい小池百合子女史との大同合併を画策し、全員来たい奴は来いと民進党両院議員総会でぶち上げて、満場一致で小池希望の党への合流を決定する。凄い。もうこの時点で歴史に名前が残るぐらいの偉業を前原誠司さんはやってくれました。渾身の捨て身だし、決断の重さも含めて、行く手に罠があったら罠ごと前に進んでやるぞぐらいの勢いでやりきったのは本当に凄いことだと思います。私を含め、凡人だったらストレスで死ぬ。

     で、先のことは全く分かりません。何しろ、前例がない話ですから。私も曲がりなりにも調査とかデータ解析の実務とかやらせていただくこともあるわけですけれども、そもそも公示前の調査で項目ごと100議席単位の政党ができたりなくなったりすることって無かったんですよね。日本維新の会だって、橋下徹さんが石原慎太郎さんと野合するという話から具体的に何かことが動き始めるまでそれなりに準備期間もあったし、受け入れる国民的な心の準備もあった。ああ、大阪という地域から全国政党になりたいのだなあというベクトルの中で、石原慎太郎さんに縁の深いクセのある議員が変な暗躍をしてグズグズになるまでの間に、いろんな人がさじを投げたり、期待したり失望したりを繰り返していましたから。

    今回の前原誠司さんはどうだ。やりきった

     しかし、今回の前原誠司さんはどうだ。やりきった。もうこれだけで、見てきた甲斐があったというか、結果がどうであれこの人すごいなという印象だけが残るわけですよ。お世辞でもなく、皮肉でもない。少なくとも、リベラルを標榜する人たちや、いまさら看板の掛け替えもむつかしいような大物とはきちんと決別して、多くの議員を連れて筋道は作った。

     その先が、でっかい落とし穴だったかもしれませんけど。たぶんね、相応の議席は取るんです。小池百合子女史が国政に出るのか出ないのかは分かりませんが、民進党出身議員は支援団体も地方組織も頑張って、相応の勝負にはなるのでしょう。何十人かは議席を守り、何十人かは永田町を去る結果になっても、改憲勢力としての希望の党は太く残る。それなら、自民と維新の会、そして希望の党とで、長年の悲願であった改憲に向けて日本政治の駒を進めるのかもしれません。

     巷では、あの小沢一郎さんからアドバイスを受け、あの小池百合子女史と野合した前原誠司さんは、単純に騙されただけなんじゃないか、うまいことを言われて乗せられて、まるっとやらなくてもいい政党合併まで行っちゃったんじゃないかと思われているかもしれません。民進党から離脱する各議員にお金が配られたとかいう話もあれば、逆に金がなくて立候補を辞退する候補もいるという情報も流れてきています。政治、特に選挙はカネと支援してくれる団体や地方議員の助けがなければ安定して票を確保するなんて到底むつかしい仕組みになっている以上、組織がなければやってられません。小池百合子女史の追い風だけで政権交代にまでもっていけるはずもなく、そこも考えると途方もない挑戦だろう、希望どころか無謀の党じゃないかという論評も飛び出します。

    前原誠司さんの座組と、日本政治のダイナミズム

     でもねえ、たぶん民進党にいたほうが確かに議席は安定して確保できるかもしれないけど、いままでのルールのままで、いままでの民進党の延長線上には政権交代もなければ未来もなかったんじゃないかと思うんですよ。何かを、変えなければならない。救世主待望論はポピュリズムを生んで危険だとか、独裁的なリーダーを担ぐので大変だという考えもあるかもしれないけど、そんなことは百も承知でこの座組に前原誠司さんは賭けたんでしょう。勝負に出たんだと思います。消費税とか原発とか安全保障とか、細かな政治の座組や政策の是非で四の五の言って話がまとまらないよりは、白紙委任状のような移籍希望届に一発サインしろお前らと、踏み絵を迫ったのでしょう。

     常識で考えたら、勝算の低い博打です。でも、曲がりなりにも一定以上の議員を引き連れ、合流して選挙戦に突入できる程度には、前原誠司さんは勝った。ここから先は、虚心坦懐、有権者がどう判断するかです。引き続き自民党の安倍晋三首相がもたらすかもしれない豪運に賭けるのか、前原誠司さんが政治生命をなげうって作り上げたこの座組に張るのか、あるいは政策を重視し筋を通して徒手空拳でも己を貫いた枝野幸男さんや辻元清美女史の立憲民主党を信じるのか、公示前とは言いつつ非常に面白いものを見せてもらいました。

     こういうのを見ると日本政治のダイナミズムというか、まだまだ日本も捨てたもんじゃないな、歴史はこうやって動くものなのだな、と肌で感じることができて、非常に嬉しく思いました。ありがとう、前原誠司さん。

    (山本 一郎)



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【ありがとう前原誠司 フォーエバー前原誠司】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 s3-ap-northeast-1.amazonaws.com)



    1 スタス ★ :2017/09/20(水) 21:56:19.06

    NHK速報テロップで報道

    (出典 i.imgur.com)


    公式サイトでのコメントは >>2 以降

    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170920/k10011149721000.html?utm_int=news_contents_news-main_001&nnw_opt=news-main_a
    歌手の安室奈美恵さん 来年9月引退へ
    9月20日 18時51分

    「CAN YOU CELEBRATE?」などのヒット曲を連発し、人気が社会現象にもなった歌手の安室奈美恵さんが、1年後の来年9月で芸能界から引退することを明らかにしました。安室さんは引退について「長年心に思い、デビュー25周年という節目の年に決意した」とコメントしています。

    これは、安室さんが40歳の誕生日となる20日、ホームページで発表しました。
    この中で、安室さんは「先日9月16日に無事、デビュー25周年を迎えることができました。私が長年心に思い、この25周年という節目の年に決意した事を書きたいと思います」と切り出したうえで「わたくし安室奈美恵は2018年9月16日をもって引退することを決意致しました」などと記し、1年後の来年9月に芸能界から引退することを明らかにしました。

    そのうえで「引退までのこの1年、アルバムやコンサート、最後にできる限りの事を精一杯し、有意義な1年にしていきたいと思っています」とつづっています。

    安室さんは沖縄県の出身でアイドルグループのメンバーとして平成4年にデビューしたあとソロ活動を始め、音楽プロデューサーの小室哲哉さんの下でヒット曲を連発しました。

    中でも平成9年にリリースした「CAN YOU CELEBRATE?」は、シングルの売り上げが200万枚を超え、この記録は今も国内の女性歌手の中で歴代トップとなっています。

    人気は社会現象にもなり、安室さんのヘアスタイルや、ミニスカートに厚底のブーツといったファッションをまねる女性を言い表した「アムラー」という言葉は平成8年の流行語にも選ばれました。

    去年のリオデジャネイロオリンピックとパラリンピックでは、「Hero」がNHKの放送テーマソングに選ばれたほか、今月、デビュー25周年のライブを沖縄で行うなど、第一線で活躍を続けています。
    安室 90年代に人気を確立
    安室奈美恵さんは、1990年代を代表する歌手として人気を確立し、NHK紅白歌合戦には、合わせて9回出場しています。

    安室さんは、沖縄県出身のアイドルグループ「SUPER MONKEY’S」のメンバーとして、平成4年にデビューしました。ソロ活動を始めた平成7年には「Chase the Chance」がミリオンセラーを記録し、この年の紅白歌合戦に初出場しました。その後も「Don’t wanna cry」や「You’re my sunshine」などがミリオンセラーを記録し、平成9年にリリースした「CAN YOU CELEBRATE?」は、シングルの売り上げが200万枚を超えました。

    また20歳のときに、ダンスボーカルグループ「TRF」のメンバーのSAMさんと結婚して出産のため休業すると発表し、ファンを驚かせました。

    安室さんは、1年間休業して男の子を産んだあと平成10年の紅白歌合戦で復帰し、その後もヒット曲を出し続けています。

    コンサートは、キレのあるダンスを取り入れたダイナミックなステージが特徴で、アジアを中心とする海外へも活動の場を広げています。
    評論家「アイドルをアーティストに高めた」
    歌手の安室奈美恵さんが引退を表明したことについて、音楽評論家の富澤一誠さんは「沖縄でのライブが高いパフォーマンスで話題になったばかりで、『なぜ』という思いだ。90年代から第一線で活躍を続け、さらにこれから全盛期を迎える可能性のあるトップアーティストだと思っていたので、引退は驚きだ」と話しました。

    そのうえで、「彼女のようなタイプはこれまでならアイドルのような存在だった。曲やダンスとともに質の高いパフォーマンスでアイドルをアーティストに高めたことは、彼女の功績だろう。アイドルはヒット曲が出てもライフスタイルにまで影響することは少ないが、『アムラー』のような流行を巻き起こし、絶頂期に出産するなどの生き方を貫いても、なお支持された。ダンスミュージックを大衆のものにした第一人者でもあり、存在自体がある種のメッセージになってきた唯一無二のアーティストともいえるだろう。まだまだ活躍が期待できるだけに、引退はあまりに残念だ」と話していました。


    以下ソースで
    前スレ
    http://hayabusa9./test/read.cgi/mnewsplus/1505908494/

    ★1の立った日時 2017/09/20(水) 18:52:30.66

    【速報】歌手の安室奈美恵さん 来年9月に引退 デビュー25周年の節目に決意(18:50)
    http://hayabusa9./test/read.cgi/mnewsplus/1505901150/


    【【速報】歌手の安室奈美恵さん 来年9月に引退 デビュー25周年の節目に決意 公式サイトで発表(全文あり)★6】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    セクシー声優・たかはし智秋の水着姿が美しすぎてやばい!もはやこれが大人の魅力と一言で片づけられない…



    (出典 livedoor.blogimg.jp)



    たかはし智秋公式Twitterより
    おたぽる

     ナイスボディーでセクシー女優ならぬセクシー声優として独自の地位を築いているたかはし智秋が、『SHIROBAKO』の坂木しずか役などで知られる新人声優の千菅春香と水着でのプールショットを、自身のTwitterで披露した。

     ふたりは9月9日と10日にシンガポールで開催された「キャラエキスポ2017」のために同国を訪れていた。

     このツイートだけでなく、水着ショットは他のツイートでも確認できるのだが、たかはし智秋の美貌には恐れ入る。

     千菅春香には大変申し訳ないのだが、10歳以上離れている20代の彼女よりも、たかはし智秋に目がいってしまう。はじけた美しさと若さ、エネルギー、そしてエロさをビンビンに感じられるのだ。これが大人の魅力とひと言で片づけて良いものなのかどうか。

     とにかくたかはし智秋は美魔女というか、魔女というか、真正の美女であることにまちがいない。一体その魅力はどこから湧いてくるのか。

     水着だけでなく、シンガポールでの様子がたくさんツイートされているので、ぜひ見てみよう。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【セクシー声優・たかはし智秋の水着姿が美しすぎてやばい!もはやこれが大人の魅力と一言で片づけられない…】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加


    (出典 livedoor.blogimg.jp)



    1 通り雨 ★ :2017/09/12(火) 03:23:37.93

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170912-00000004-mai-soci

    9/12(火) 3:00配信
    <明智光秀>密書の原本発見 本能寺の変直後、反信長派へ

     本能寺の変で織田信長を討った重臣の明智光秀が、反信長勢力とともに室町幕府再興を目指していたことを示す手紙の原本が見つかったと、藤田達生(たつお)・三重大教授(中近世史)が発表した。変の直後、現在の和歌山市を拠点とする紀伊雑賀(さいか)衆で反信長派のリーダー格の土豪、土橋重治(つちはし・しげはる)に宛てた書状で、信長に追放された十五代将軍・足利義昭と光秀が通じているとの内容の密書としている。【松本宣良】

     藤田教授によると、書状は岐阜県の美濃加茂市民ミュージアムの所蔵。和歌山県内で伝えられ京都府の古書店に渡ったものを美濃加茂市の篤志家が入手して寄贈したという。

     鳥居和之・名古屋市蓬左(ほうさ)文庫長らとの共同調査で、形状や紙質などから手紙の原本と断定し、筆致や署名、花押から光秀自筆の可能性が高いと結論づけた。本能寺の変に関する光秀自筆の書状は極めて珍しい。

     書状は天正10(1582)年6月2日の本能寺の変から10日後の12日付で、返信とみられる。「上意(将軍)への奔走を命じられたことをお示しいただき、ありがたく存じます。しかしながら(将軍の)ご入洛(にゅうらく)の件につきましては既に承諾しています」とあった。

     京を追放された義昭は当時、中国地方を支配する毛利輝元(てるもと)の勢力下にある鞆(とも)の浦(広島県福山市)にいた。義昭が京に戻る際は協力することになっていると重治から示され、光秀自身も義昭と既に協力を約束していることを伝える内容という。

     書状の手書きの写しは東京大史料編纂(へんさん)所に残っていたが、原本は縦11.4センチ、横56.8センチで、細かな折り目がついていた。畳んで書状を入れる包み紙も一緒にあったことから、使者が極秘に運んだ密書とみられる。

     本能寺の変の動機では、2014年に岡山県で見つかった石谷(いしがい)家文書などから、光秀と懇意で信長と敵対関係になった四国の戦国大名、長宗我部元親(ちょうそかべもとちか)の窮地を救うために起こした「四国説」も浮上している。

     光秀は京に上る前の信長と義昭を取り持ち当初は双方の家臣だったとされる。藤田教授は「義昭との関係を復活させた光秀が、まず信長を倒し、長宗我部や毛利ら反信長勢力に奉じられた義昭の帰洛を待って幕府を再興させる政権構想を持っていたのでは」と話す。

     光秀は書状の日付の翌日、備中高松城(岡山市)から引き返した羽柴(豊臣)秀吉に山崎の戦いで敗れ、逃げる際に命を落とした。

     ◇発見された書状の現代語訳

     ◆本文

     仰せのように今まで音信がありませんでしたが<初信であることの慣用表現>、上意(将軍)への奔走を命じられたことをお示しいただき、ありがたく存じます。しかしながら(将軍の)ご入洛の件につきましては既に承諾しています。そのようにご理解されて、ご奔走されることが肝要です。

     一、雑賀衆が当方に味方されることについては、ありがたく存じます。ますますそのように心得られて、相談するべきこと。

     一、高野衆・根来衆・雑賀衆が相談され、和泉・河内(ともに大阪府)方面まで出陣されることはもっともなことです。恩賞については当家の家老とそちらが話し合い、後々まで互いに良好な関係が続くように、相談するべきこと。

     一、近江(滋賀県)・美濃(岐阜県南部)までことごとく平定することを命じ、それがかないました。ご心配されることはありません。なお使者が口上で申すでしょう。

     ◆追伸=書状では冒頭にあり

     なお、必ず(将軍の)ご入洛のことについては、ご奔走されることが大切です。詳細は上意(将軍)からご命じになられるということです。委細につきましては(私からは)申し上げられません。

     訳・藤田教授

     【ことば】本能寺の変

     天正10(1582)年6月2日、京都の本能寺に宿泊中の織田信長が謀反した明智光秀に襲われ自害した。信長は羽柴秀吉の毛利攻め救援で出陣する途中だった。秀吉は急きょ引き返し、京都・大阪府境で起きた山崎の戦いで光秀を破った。光秀の動機は信長の隙(すき)に乗じ天下を狙った「単独謀反説」や「怨恨(えんこん)説」など諸説ある。


    【<明智光秀>反信長派への密書の原本発見 本能寺の変直後、室町幕府再興を目指していた】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    「日本戦争するの?」と8歳息子が質問⇒ 両親が回答し「的を得ている」を話題に



    「日本戦争するの?」と8歳息子が質問⇒ 両親が回答し「的を得ている」を話題に
    バイレーツ

    北朝鮮のミサイル発射など、最近のニュースを見ていると「戦争」という文字が頭をよぎることが多い。

    そんな中、Twitterで話題になっている話がある。8歳の息子が「日本戦争するの?」と言った時の、両親の回答だ。

    それがコチラ。

    ニュース見て8歳の息子が「日本戦争するの?」と言っていたところ、嫁さんが「日本は戦争しないって決まりがあるから大丈夫」と回答したので、自分が「抵抗しないところから侵略されるよ、楽だからw」と言ったら、嫁さんに蹴られた

    息子よ、この通り抵抗しないところからやられるんだよ、覚えとけ

    — 苦悶のジュウザ (@kumonnojuza) 2017年9月8日


    これは身近なところから教える教育!

    奥さんに蹴られた夫がまさに今「抵抗しないところからやられるんだよ」とのメッセージが面白いが、実際に国と国になった場合は笑える話ではない。

    しかし、このやり取りを目の前にし、息子さんはきっと“憲法9条に”ついて学べたことだろう。

    ■Twitter上の反応



    でも的を得ている https://t.co/aUcrHbtDjD

    — オウゴノイド@アリダリ戦争アリス派 (@GoldenWell_1006) 2017年9月11日

    面白い例え、真実かな https://t.co/jOrjpeJVX3

    — 愛犬クロリス (@aikenn9) 2017年9月10日

    上手い!やっぱ抵抗は必須だよな^_^ https://t.co/otWUYpCjO2

    — のうしん@またシオマネキング (@G3norshin) 2017年9月10日

    コレが憲法9条ですね。

    — おにゅうたいぷ@仕事も終わらないw (@onew_type) 2017年9月10日

    分かりやすいですね。日本は戦争したくなくても相手が攻めてきます。そして9条あるので反撃できないのです。9条に助けられているのは日本ではなく北朝鮮。攻撃しても抵抗しないところにミサイルを撃つ。

    — kyomichi (@miyakumalove) 2017年9月9日

    これ読んで、ヴェトナムやフィリピンの南シナ海の領有権問題を思い出した。尖閣には威嚇はするが、手が出せない中国!国力と日米安保の同盟にはしり込みする中国。特亜が危害を加えない保証は、のび太とジャイアンの関係と同じ。ドラえもんの役割を今は米国がしているが、日本も自分でやらないと。 https://t.co/qEWRDOud4U

    — Rondadoreronda (@rondadoreronda) 2017年9月9日


    ※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【「日本戦争するの?」と8歳息子が質問⇒ 両親が回答し「的を得ている」を話題に】の続きを読む

    このページのトップヘ