ニュース annぶろ

まとめニュース、芸能・スポーツ・事件・事故・ファッションなど。様々なニュースを画像・動画を使いながら独自に堀さげ毎日紹介しています。読みたい記事が必ず見つかるはずです!! 

    まとめニュース、芸能・スポーツ・事件・事故。様々なニュースを独自に堀さげながら、画像、動画を使って毎日紹介しています。読みたい記事が必ず見つかるはずです!!

    カテゴリ: 知っトク

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    【話題】あなたの賢さを証明? 知能指数の高さを示す5つの科学的証拠



    (出典 livedoor.blogimg.jp)





    1 イセモル ★ :2017/03/20(月) 10:23:53.97 ID:CAP_USER9.net

    http://forbesjapan.com/articles/detail/15561/2/1/1

    知能指数(IQ)は決して、あなたの人生の成功を決定付ける唯一のものではない。これまでの研究から、成功のための最重要の要素でもないことが、すでに明らかになっている。だが、それでもIQが高いことは悪いことではない。

    ただ、最近になって発表された研究の結果、私たちの幼いころの経験とIQの高さには、興味深い関連性があることが分かってきた。以下に挙げる特徴や経験のいずれかが該当するなら、あなたのIQは高いということかもしれない。

    1. 心配症である
    今度誰かに「心配しすぎない方がいいよ」と言われたたら、あなたの高すぎる知能が邪魔しているのだと教えてあげよう。

    2. 早い時期から読書をしていた
    研究者らは、早い時期に読書を学ぶことが、その子の発達に影響を与えるのだと結論付けている。

    3. 左利きである
    左利きと犯罪者になる可能性の間には、わずかながらも関連性があるといわれているが(原因はいまだ解明されていない)、サウスポーであることには知能に関するいくつかの利点があるとみられている。

    >>2 へ続きます|ω・)


    【【話題】あなたの賢さを証明? 知能指数の高さを示す5つの科学的証拠】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    【知っ得】「食物アレルギー」のお友達がいたらどうする? 万一の事態にならないために知っておきたいこと



    ウレぴあ総研

    筆者の息子には重度の食物アレルギーがあります。

    ママ、頑張りすぎてない!? 子どもが幸せになるために大事な「ラクする子育て法」

    幼児期は卵、牛乳は一切ダメ、16歳になった今でもナッツにアレルギーがあり、最近もアナフィラキシーショックを起こしました。

    (※アナフィラキシー…アレルギー反応の中でも呼吸困難や血圧低下などの全身的な反応のうち、生死に関わる重篤な症状を伴うものを指す)

    今も“エピペン”という注射器を持ち歩いています。

    (※エピペン…アナフィラキシー症状の進行を一時的に緩和し、ショックを防ぐため患者が自己注射する補助治療薬)

    そんな当事者の親の経験から、食物アレルギーの子とそのママとの付き合い方について、『1人でできる子になる 「テキトー母さん」流 子育てのコツ』の著者の立石美津子がお話しします。

    チーズを食べて死んでしまった女の子

    こんな事故がありました。

    2012年、東京都調布市の市立富士見台小学校で、小学5年の女子児童が給食を食べた後に体調不良を訴え、搬送先の病院で死亡しました。

    女児はチーズなど乳製品にアレルギーがありましたが、その日の給食で出されたチーズ入りのチヂミを食べてしまいました。

    女児に最初に出されたチヂミはチーズは除去されていました。しかし、担任教諭が女児がおかわりを求めた時、誤ってチーズ入りのチヂミを渡したことが判明しました。

    更に運が悪かったのは、女児はエピペン注射を携帯していましたが、苦しいのは軽い喘息発作を起こしただけと本人が言い、担任教諭が注射を打とうとしたところ女児は拒否しました。

    しかしその後、事態は悪化。急変した女児を見て校長がエピペン注射をしました。

    しかし、タイミングを逃したエピペン注射は命を救うことが出来ず、悲しいことに女児は給食を食べて僅か15分後には息絶え、救急車が到着した時点で死亡していました。

    もし、親がいないところでアレルギー反応が出てしまった場合

    こんなことが起こることもあります。

    食物アレルギーのある子どもにも関わらず、こちらで用意したおやつに誤って卵が入っていた。
    子ども同士でおやつ交換をしてしまい、友達の卵入りのおやつを食べてしまった。

    もし、重篤な食物アレルギーを持っている子を頻繁に預かる場合は、緊急の時の対応をきちんと保護者に確認しておきましょう。

    なお、現在エピペン注射は本人や保護者、医療従事者が打つことができます。ただ、実際は苦しんでいる本人が自身で打つことは出来ず、また親も看護師、医師もいないケースがあります。

    その場合、エピペンを打つ講習を受けた保育士や幼稚園、学校の先生が打つこともあります。

    また、親しいママで頻繁に預かる場合は講習を受けておいた方が良いでしょう。

    医師でもない人がこれを打つのは怖いと思いますが、先の事故のようにエピペン注射を打たなければ死んでしまうことも起こりうるのです。

    そして、エピペン注射を打って症状が治まったとしても、救急車を呼んで病院に連れて行きましょう。(※一時的にショック状態から回復しても、時間経過とともに同じことが起こることがあるからです)

    命を救う医療機器

    AEDも人の命を救うものですが、練習していないと倒れている他人の胸にパッドを当ててボタンを押すことが躊躇われるので、エピペン注射と同じかもしれません。

    でも、これも使うことにより救われる命があります。しかも、機器が心臓の除細動を自動的に調べてくれます。

    そして、電気ショックが必要ないと判断された場合、ショックボタンを押しても放電されません。ですから、誰でも簡単に使えるのです。

    食物アレルギーの子を預かる場合、この一言を

    筆者の経験

    筆者の息子は乳児期から食物アレルギーを発症しました。母乳時代も私がパン、うどん、ケーキ、ハンバーグなど、小麦、卵、牛乳を一切含まない食事をすることでしのいでいました。

    粉ミルクは牛乳が成分ですので使えませんでした。アレルギー用の粉ミルクはありますが、“アレルギーを起こしにくい”とか、“乳を飲むと下痢をしやすい赤ちゃん用”のもので、重症の赤ちゃんには使えませんでした。

    母乳が終わってからは食事が始まり、家族が調理のために使ったフライパン、箸、包丁、それを洗ったスポンジもアレルギー成分が残っている可能性があるため、息子には使えませんでした。

    誤って食べてしまったことも

    食物アレルギーの子どものために色々な商品が売られています。その中で“卵を使っていない卵ボーロ”があり、早速買ってみました。しかし、盲点がありました。

    家でアレルギー用の“卵を使っていない卵ボーロ”をおやつに与えていたので、息子はママ友の家で出された“卵の入っている卵ボーロ”を、食べてもいいお菓子と勘違いして口にしてしまいました。

    すると、みるみるうちに身体は腫れあがり呼吸困難を起こし、病院で手当てを受けることになりました。

    ママ友との付き合い

    一番、神経を使ったのが子ども同士の集まりでした。大皿にどっさり盛られたクッキーに「手を出したらいけない」と息子を見張っている状態でした。皆がカルピスを飲んでいても、お茶やリンゴジュース、煎餅を与えていました。

    そんな様子を見て、生クリームを使わない豆乳ケーキや卵抜きのクッキーを準備し、「みんなで○○君(息子の名前)が食べられるものを準備しよう」と気を使ってくれたママ友もいました。

    けれども、卵ボーロ事件もあったので「息子に対しては『自分はお友達と同じものが食べられないんだ』という経験をあえてさせて、身を守る術を教えたいから気にしないで~」と言って断りました。

    アレルギー児を持つ親には様々な考えがあります。私は「ご先祖様から頂いたこの“アレルギー体質”を本人に受け入れさせよう」と思ったので、見た目が似ているお菓子や食事を作ることはしていませんでした。

    試食コーナーは怖い

    食物アレルギーに対して理解が深まってきてはいるものの、デパ地下の試食コーナーではパートの人にまで教育が行き届いていないのか、たとえば爪楊枝に刺したちくわを「ボクも食べる?」と子どもに渡してしまっている店員もいます。

    このように世の中の人全員に理解してもらうのは遠い道のりです。それよりも、幼いうちから当人に‟自分のアレルギー体質についてしっかりと教えていくこと”が、まず大切だと思います。

    筆者の息子は今では成分表を見て、「自分が食べられる、食べられない」を判断できるようになりました。

    まとめ

    アナフィラキシーショックを起こすような重度のアレルギー児だった場合、また軽いアレルギー児だった場合でも、預かる場合は「○○君(○○ちゃん)用のおやつを自分で持たせてね」と言った方が安全です。

    親切に用意したものに反応してしまったら大変なことになるからです。また緊急時の対応も聞いておきましょう。

    食物アレルギーを持っている子が大変な生活をしていることを、少しでも理解してくれる人が広まると嬉しいです。

    <参照>オムロン AED(自動体外式除細動器)



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【知っ得】「食物アレルギー」のお友達がいたらどうする? 万一の事態にならないために知っておきたいこと】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    【知っ得】「見えない」マスクで花粉シーズンを乗り切る【新生活ライフハックツール】



    Lifehacker

    ここのところ、なんだか目や鼻の調子がイマイチ。そんな方にとびきりのマスクを紹介します。

    目に見えず、つけた心地もしない。「愚か者には見えない布で仕立てた」なんてマユツバではありません。資生堂のブランド「イハダ」の花粉対策アイテム「アレルスクリーン」です。

    【大きな画像や動画はこちら】

    使い方はかんたん、顔にスプレーするだけ。

    このスプレーに含まれているのが、リピジュアいうヒアルロン酸の2倍の保湿力をもつポリマー。プラスとマイナスの電荷をもった部分をそれぞれ持っていて、イオン同士の反発によって花粉やPM2.5などの飛散物質をはじいてくれるそうです。

    スギ花粉のピークは過ぎましたが、ヒノキ花粉はこれからがピーク。花粉の大きさは10マイクロメートルほど。たとえアレルギー反応を起こさなくても、体にとっては異物です。

    屋内に持ち込まれる花粉の量も減らすことができますから、身近に花粉症の方がいるならぜひとも使ってみてほしい製品です。

    資生堂 IHADA アレルスクリーン

    (西村おきな)



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【知っ得】「見えない」マスクで花粉シーズンを乗り切る【新生活ライフハックツール】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    耳の老化は30歳から始まる!?やり過ぎ耳ケアに要注意



    耳の老化は30歳から始まる!?やり過ぎ耳ケアに要注意
    教えて!goo ウォッチ

    3月3日は「耳の日」。普段耳の健康について考える機会は少ないが、高い音は年齢とともに聞こえなくなっていくといわれている。ほかの病院と比べ、耳鼻科へ定期的に足を運ぶ人はそれほど多くないかもしれないが、耳鼻科ではどのような診察をしてもらえるのだろうか?

    ■健康診断の聴力検査だけでは難病を見落とすかも……

    この疑問を解消すべく、慶友銀座クリニックの大場俊彦先生を直撃した。

    「聴力は早ければ30歳ごろから徐々に低下し始めますので、もし聞こえに自信がなかったり、耳鳴りが最近するようになったら、一度耳鼻咽喉科にいって耳の状態の検査と聴力の精密検査をうけたほうがいいです。人により耳の老化状態はさまざまですが、実は耳の奥に耳垢が詰まって聞こえにくくなっていたり、中耳炎をおこして聞こえにくくなっている場合などがあります。最近では耳かきをしすぎて、外耳道がはれて聞こえにくくなったという人も増えてきました。健康診断で行う聴力検査は、1000Hzと4000Hzの2つのみで、あまり細かくは測定していません。耳鼻咽喉科で行う精密検査はもっと広い範囲で行うので、その人の聞こえの状態をよく把握することができます」(大場先生)

    耳鼻咽喉科で行う精密検査では聴力状態を診て、鼓膜の奥の中耳や内耳の状態などを把握することが出来るのだとか。もちろん、中耳に炎症をおこす中耳炎や、めまいをおこすメニエール病、鼓膜の奥の組織が硬くなる耳硬化症、騒音によりおこる難聴など、耳の病気についても診察してもらえる。

    ■やり過ぎてない?耳掃除は月1回で十分

    では、日頃行う耳のケアで気を付けるべきことはあるのだろうか。続けて聞いてみた。

    「耳垢の掃除は、月に1回ほどで十分です。本来、耳垢はホコリや虫の侵入などを防ぎ、耳を保護するためにあるもの。綺麗にしすぎると外耳道の湿疹や、ひどくなると外耳炎になることもあるので、一番大切なのは『ケアをし過ぎないこと』です。耳掃除に使用するのは耳かきでも綿棒でもお好みでよいですが、耳かきを使う場合は清潔を心がけましょう。片方の耳を掃除し終わったら、できれば消毒を。耳かきを家族と共用にするのも、バスタオルを家族で共用にするようなものです。是非避けてください」(大場先生)

    アジア系は欧米と比べ、どちらかというと硬い耳垢の人が多いといわれている。なかには耳垢が取りにくい形状をしている人もいるが、基本的に耳垢は放っておいても耳穴の外に出ていくようになっているそうだ。

    ポイントとしては、耳の入口の方だけ耳垢を取り、奥の方までは取り除かないこと。片方の耳にバイ菌があった場合、耳かきをそのまま使うと、もう片方の耳に菌が感染することがあるので気をつけよう。

    なお、「教えて!goo」では「3月3日は耳の日。耳のことであなたが気になることは?」ということで皆さんの回答を募集中だ。

    ●専門家プロフィール:大場 俊彦
    慶友銀座クリニック 院長。慶應義塾大学院医学研究科博士課程終了。(社)日本耳鼻咽喉科学会認定専門医、米国耳鼻咽喉科頭頸部外科学会フェローなど。「いびき・睡眠時無呼吸治療」や「口臭外来」も行っている。

    (酒井理恵)

    教えて!goo スタッフ(Oshiete Staff)



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【耳の老化は30歳から始まる!?やり過ぎ耳ケアに要注意】の続きを読む

    このページのトップヘ